それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田有希子/ファースト・デイト

2014.04.21.Mon.01:21
ファーストで糸
・1984年4月作品
・ポニーキャニオン


きょうは、4月21日です。


ちょうど、30年前の今日、この曲が誕生しました・・・
岡田有希子のデビュー曲「ファースト・デイト」♪


早いもので、ユッコのデビューから、30年なんですね。
きっと、今日一日は、彼女のデビュー日を祝い、そして偲び、曲を聴いたり、映像を観たり、また、当時の事を思い出したりと・・・いろいろ思い出しながら、「ファースト・デイト」を聴かれてる方も多いのではないでしょうか。


昨日の事になるのですが、TVをつけたら、NTV系「誰だって波瀾爆笑」にて、荻野目洋子&森口博子仲良しコンビによるトークをやっていました。特に、荻野目ちゃんは、「今年はデビュー30周年です」と力を入れてコメントしていましたよ^^

と・・・
それから、午後になって、ちらっとTVを観ていると、「路線バスで寄り道の旅・7」ってのをやってて、こちらには、長山洋子さんがゲストとして登場!旅番組へは初出演です。との事でした~^^
これ徳光さんと田中律子ちゃんがやってる人気旅番組なんですけどね。
こちらの洋子さんも、「今年は30周年です」とのPRもありました~^^
ここに来てまたまた両者って感じなんですが・・・(笑)

あと、今週放送予定のCX系「僕らの音楽」では、菊池桃子さんが出演し、歌われるそうです。

それだけ、84年デビュー組の記念の年として動きが出て来ているって事ですよね!


昨年、12月に発売されました、竹内まりやさんの作品集「Mariya´s Songbook」の中にも、ユッコの曲が、「ファースト・デイト」を含む3曲が収録。
多少は、ユッコをリアルタイムで知らない世代の人たちにも聴いていただけたんじゃないかなー
って、思います^^


「ファースト・デイト」は作詞作曲:竹内まりや 編曲:萩田光雄
オリコン最高位20位、14週、10,6万枚を記録。


僕は彼女の曲の中では、
やっぱり、「ファースト・デイト」が一番好き。


当時の印象は、キョンキョンの時以上に、少女マンガの主人公がブラウン管から飛び出してきた感じでした・・・
とにかく、夢を与えてくれたアイドルでしたね!


スタ誕生の予選では、北原佐和子の「マイボーイフレンド」なんてマニアックなの歌ってるんですよね~


デビュー曲のキャンペーンは、熊本で5月2日鶴屋デパートで行われ、これが僕にとって、初の義務教育サボりの日だった・・・
(苦笑)

翌日、3日は、福岡で、博多どんたくが開催され、そこに大勢の新人歌手が集結するのです。その前日入りが熊本だった・・・
というわけなんです。
ユッコはまず、熊本での長寿ラジオ番組RKK「一寸一服」の公開生放送に出演し、「ファースト・デイト」を披露、平日という事もあり、観客は30人くらいでした。

驚いたのは、居るハズの無い親衛隊のコールが、曲が流れ出すと、お決まりの「セーノー!」の統制が聴こえてきた事。

どうやら、当時、ファンクラブか親衛隊として、一緒に動向してきた男性が、たったひとりで、歌に乗せて、コールを叫んでいたのでした。

僕は、その後、親衛隊をやっている人間なので、これは言える事なのですが、たった一人でコールをやる勇気も無ければ・・・そのユッコの時以外、一度も観た記憶が無いんです。

「わーたったひとりで凄いなー」そして、気の毒にも感じましたねー、なんとなく・・・

イベントが終わり、人が少なかったので、彼女と同行していた女性のマネージャーに挨拶と「応援しています」という事を伝えて来ました。とても、穏やかでやさしい笑顔が印象的でした^^

そして気になる、その1人でコールをやっていた男性も、ユッコをガードしながら、一緒に消えて行きました・・・
あとで、分かった事なのですが、どうやら、その男性の方は、その後、マネージャーに就任されたらしい・・・のです。

とにかく、ユッコを思う一心で、その男性がたった1人でコールされている姿は、今でも強烈な印象として残っています。


みなさんもそうだと思うのですが、僕が思う事は、記事のコメントにもあるように、ファンの心に曲が残っている限りは、終わってないんですよね・・・
いくら、歌手も引退された方の曲でも。

そして、岡田有希子という素晴らしいアイドルが、こんな曲を歌っていた・・・
って事を、次世代へ少しでも伝えてゆく事・・・。
それも大事だと思います。
あの事件の事よりも、彼女が残していった作品自体をクローズアップし、伝えてゆく事の方が大切な気がします。






本日は・・・84年4月21日発売された岡田有希子のデビュー曲「ファースト・デイト」の紹介でした。




是非、みなさん!今日は、ユッコの曲、聴きましょうね~♪^^


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: No title
えっちゃんマンさん、色々とエピソードを綴って頂き、ありがとうございます^^

今日は、ファンの方とかでも、けっこう取り上げられてるんだろうなー
なんて、思ってました。チェックはしていませんが・・・^^

当時、ファンじゃなくても、今、意識している部分があるって事は、まさに、ユッコI,N,G・・・って事ですよね!
「オリ通人脈」の方で、ユッコファンの方と今でも仲良しなんですかー
ステキですね。

えっちゃんマンさんとこにも、当時、電話がかかって来たのですね~^^
僕も数件ありました・・・
う~ん、そうですよね~
相手の事を思いやればやるほど、どう返していいか、って事、、、
けど、きっとお相手の方は、一緒に話せただけでも、心が静まったのではないでしょうかねー

これも、ユッコに纏わる、思い出ですよね。


はい!コピーの件、喜んで!大丈夫ですよー^^
こんなんで良かったら・・・(恥笑)

ありがとうございます・・・(笑)


わぁー
↓の方まで、チェックしていただけて・・・
リンク見てくださってるんですね~


こんなデカイ顔って・・・(爆)!!!
そうなんですかぁ~・・(オモロイ^^)


はい、近いうちに、山本ゆかりさんを記事にしようと思ってまして、準備していた所だったんです^^
彼女も84年組、未だ、現役なんですね。
がんばってますね~
とーっても、優しいお方ですよね!(笑)
僕も、今でも大好きです^^

Re: No title
ミリンダさん、こんばんはー^^

入学の時の、とても温ったか~いエピソードですね^^
そうそう、そうなんですよね。
ユッコと同世代、または、それよりちょっと下の人たちにとっては、始業式が終わってからの出来事・・・
として、大きく記憶に残っているんでした。
もちろん、僕も始業式でした。
もう親衛隊活動は、バリバリやってましたから(笑)、彼女の一報を聞いて、僕ん所に電話してくるクラスメートも、「ほんとなの?」って聞き、数人から、かかって来た事を憶えていますよ。

みんな、がっくり・・・と来ている様子でした。

その日の夕方に仲が良かった友達と一緒に、レコード店へ行き、1枚づつユッコのレコードを買ったのも憶えています。

食事というよりも、とにかく1人で居たくなくて、その友達と、ずっとユッコの事を話こんで居ました・・・


ミリンダさんは、「恋はじめまして」が1番なんですね!^^
この曲で、新人賞獲得した時は、嬉しかったんじゃないですか~


おっ、出て来ましたね!「1グラムの幸福」時期的に近いですもんね。
お2人共、清水信さん関連でね~^^

高1だったら、おバカくらいが、ちょうどイイですよ!プリティ~^^(笑)

「風の中のカフェテラス」は、初めて、ステージで聴いた時(福岡天神コアの屋上でした)
あの、イントロの斬新さに驚き、狭いステージを、端から端まで歩き回って、リズムを取りながら、歌っていた姿が今でも焼きついています^^

もちろん、シングルでも、イケてますよね!

ちなみに、僕は・・・「シンデレラ」の中では「彼はハリケーン」が一番好きですね^^

は~い、是非、今夜は、「FAIRY」聴きましょうね~♪^^


No title
コウさん、こんばんは。

そうでしたね。今日は、そういう日でしたね。
私が読んでいて、コメントも入れている某ブログでも、この記事と同じ趣旨の事が書かれていました。

そこで、先程「オール・ソングス・リクエスト」の中から聴いてユッコをしのびましたわ~。

実はこのCD、買ったのは結構最近なんですよね。ある時”私はユッコの音源を全く持っていない”という事に気付いて、音源を自分のモノにしたくて、店頭でこのCDを見かけた時すかさず購入した記憶があります。

多分、それまでは過去のアイドル番組のビデオを見たりしていて、CDを持っていない事に気付かなかったのでしょう。それに、当時はそれ程のファンじゃなかったですし。

でも、急にCDが欲しくなったというのは、やっぱりどこかで意識していたのでしょうね。

私の「オリ通人脈」の中に、大変なユッコファンがいらっしゃいます。この方は「オリ通の本」が出た時”No.1投稿者”と、紹介されるくらいの凄いお方なのに、私のような”それ程でもない投稿者”と今でも親しくしてくれています。

一番弱ったのは、ユッコが亡くなられたあの日、私に電話をかけて来たのです。私は今まで、このような事態に遭遇した事が無いし、どう返していいか、また、何故このような事になったのかも判らなくて、本当に困った事を覚えています。

ところで、コウさんのこの記事がとってもいいので、そのユッコファンにコピーを送ってもよろしいでしょうか? 彼はインターネットをやっている感じが無いので、コピーして郵送するしか方法が無いのですが…。

話は変わって、このサイトのリンクに「山本ゆかり先生のブログ」が入りましたね。ゆかり先生は私の顔を”こんなデカイ顔、なかなか忘れない”っておっしゃっていたので、多分、おぼえていらっしゃるでしょう。

リンクして頂きまして、ありがとうございます!
No title
コウさん、こんばんは^^。

ユッコに関してはいっぱい語りたい事がありますねー。

私が高校入学した頃にデビューして、高3になった頃に亡くなって…。
あの日はちょうど始業式で、仲が良い友達みんなと同じクラスになれて「良かったねー」と言いながら上機嫌で家に帰りました。
帰ってすぐテレビをつけたらいきなりあのニュースが…。
すぐには状況を呑み込めなくて、昼ご飯も喉を通らなかったのを今でも憶えています。
その後もワイドショーや週刊誌がある事ない事ほじくり出して、すごく腹が立ちましたね。

約二年間の歌手活動でしたが、名曲をいっぱい残してくれたと思います。
シングルで一番好きだったのは「恋はじめまして」ですね。
この曲や飯島真理さんの「1グラムの幸福」を聴くと、おバカだった高1の秋を思い出します(笑)。

「風の中のカフェテラス」はシングルで出しても売れそうな曲でしたね。
「Lady Joker」「目をさまして、Darling」「ポップ・アップ・リセエンヌ」も好きだったなー。
でも「十月の人魚」と「ヴィーナス誕生」は持ってないんですよ。
「十月~」は寒そうなジャケ写がイマイチ買う気になれなくて…。

今夜はiTunesで「FAIRY」を聴く予定です♪


Re: No title
ミリンダさん^^思い出のコメントありがとうございます。

ほんとに、30年が経過するなんて・・・
信じられない、いや信じたくないくらいですね(笑)

ユッコは、ずっと変わらないまんまでいいなー^^
そのまんまだから、有希子さん、なんて、さん付けが似合わないもんな~(笑)

これは、ほんとうに飽きない作品ですよね。
当時は竹内まりやさんが作ってるから・・・とか意識して無かったんですが、
この頃から、特に、ニューミュージック系の方が、やったか?やってないか?で作品の鮮度みたいなものが違って来たような気がします・・・
もちろん、ニューミュージック系の人が手がけている方が古くならない。って事なんですが・・・

そう、菊池桃子さんも同日デビューでしたね。
ほんと、普段着でしたよね・・・今観ると、特に「サマーアイズ」(笑)

アルバム「シンデレラ」のB面は「風の中のカフェテラス」から始まりましたね♪
 
この曲は「リトル・プリンセス」のキャンペーンで、一足お先に・・・って事で、毎回、歌ってくれてた曲でしたので、LPを買えなかったファンの間でも、当時は、けっこう有名だった曲でした^^

「FAIRY」の中では、「Lady Joker」が一番好きです^^!!
今夜あたり、久しぶりにかけてみようかな~♪
No title
コウさん、こんにちは^^。

84年4月21日といえば私が高校入学して間もない頃でした。
この頃はまだ真面目に勉強してたな~(笑)。
あれからもう30年も経ったなんて信じられません。

「ファースト・デイト」は最初聴いた時地味だと思ったんですが、何回聴いても飽きないんですよねー。
♪クラスで一番目立たない私を~の所なんて「こんなに可愛いのに目立たないなんて事あるかい!」と突っ込みまくってましたが(笑)、ルックスはともかく性格は目立たないというかおとなしそうな感じがしましたね。
デビュー1年目なんて申し訳なさそうな顔して歌ってるように見えましたし…。
でも2年目から芸能界にも慣れてしっかりしてきた反面、いつも何か暗い影がつきまとってるような感じに見えました。
「哀しい予感」なんてハマりすぎてましたから…。

84年~85年はアイドルの状況が変わってきたというか、賞レースには不参加で衣装も普段着みたいな菊池桃子さん、突如現れたおニャン子など新しいタイプのアイドルが続々と出てきて、ユッコのようなタイプは古く感じられてきたように思います。
周りの男子も圧倒的に桃子ファンが多かったし…。

でも古いなりに良さがあるというか、アルバム「シンデレラ」なんてエバーグリーンな輝きに満ちているアルバムだと思いますね。
特にB面の流れが素晴らしいです♪
アイドルのアルバムのお手本のような作品でしたね。
今の時期は「FAIRY」を聴きたくなります^^。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。