それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石野陽子(いしのようこ)/テディーボーイ・ブルース

2014.04.11.Fri.14:34
石野真子さんの実妹、陽子さん。

85年4月に本作でレコードデビュー!

キャッチフレーズは
「3つ星デビュー スキップ・エンジェル」

手ディー


愛称は:ヨースケ!

レコードの売上げよりも、デビュー前に「真子ちゃんの妹がデビューするらしい・・・」って話題は相当のものだった・・・

そう考えると、85年組の中では、デビュー前から、話題性的には一歩リードという事に・・・^^

石野真子を鏡で写し出したようなお顔で、最初見た時は、やっぱり似てたー
「テディーボーイブルース」の写真は、そっくりの角度から撮影。^^

全体的に真子さんを薄くした感じが陽子さん・・・って感じ。

本人には、何度も「真子ちゃんに似てるねー!」と言いましたが、「私、あんなに目がタレてないもん」と返されていた・・・(笑)
いえいえ、陽子さんもしっかり、タレてましたよ(笑)

でディ



僕が親衛隊活動を本格的に初めたのが、この石野陽子さんでした。

そして、陽子隊の隊長さんだった波多江さん、副の西口さん、徳間の宮下さん、そして陽子さん本人に親衛隊の応援の楽しさ、醍醐味を教えて頂いた気がします。(感謝・・・)


デビュー曲から3作は、50sサウンドを意識したアメリカンポップチックに、当時流行っていた、チェッカーズサウンドを乗っけた、シブ目のトラックで構成。
当時は、女版チェッカーズのサウンドも流行しており、岩崎良美さんの再ヒットを筆頭に、渡辺千秋「予言」高橋利奈「16才の儀式」や同じ徳間で、男性では高野くんの「イソップ物語」も同系統路線のものでした。

てでぃー1



陽子さんの魅力は・・・僕から言わせてもらうと、自分を作る事が出来ない、不器用さなところ・・・
そして、あの「ボ~ッ」としている感じ。^^

あと、一度笑い始めたら、笑いが止まらないところも大好きでした!(笑)

動きのテンポが速い人では無かったので、椅子にこしかけて、ゆっくり話しましょう~って印象が強いですね^^
よく、飛行機の待ち時間があると、椅子に一緒に腰掛けて、おしゃべりしながら、くだらないコントみたいの事をやっていた事も思い出しますね・・・(懐)
とにかく、一緒に笑ってくれてました^^
そう考えると、バラエティー向きだったんでしょうね。
TVのまんまのイメージのお人柄、ボ~ッとしているけど、ファン思いでした。



僕は、陽子さんが嫌うのを知ってて毎回、ま横で、「テディーボーイ・ブルース」をウォークマンで聴いていました^^

陽子さんから「何聴いてるの?」て聞かれて、

「テディ~ボーイ・ブル~ス~ぅ」って応えると、、、

すごい、悲鳴みたいな声で

「やめて~やめて~」「あんなの聴かないでぇ~」・・・

と、自分の持ち歌を聴くな!って言うんです。

なんて、プロモーション意欲の無いお方なのでしょう(笑)


確かに・・・「テディーボーイブルース」は、どの局で初歌いしたものも、ボロボロだった・・・酷い、散々ぶり・・・
(苦笑)
ででいー2

とにかく、最初はリズムに乗せて歌う事が精一杯で、緊張はするし、フリもやらなくては、ならないし・・・で、一杯一杯だったとの事・・・。
でてぃー3



デビュー初年は、特に地元でも無い、九州キャンペーンに力を入れてくれていました^^


僕は、本作の発売後に、熊本であったラジオの生公開放送を観に行った際に、怖い、お兄さんに挟まれてしまい・・
「アチャ~」こりゃ、からまれてしまったかな・・・(苦)
て、思って、逃げようとしたら、「陽子隊です!」って声かけられたのが、入隊のきっかけです。


隊長さんは、180センチほどの高身長で、スリムで、地元北九州のバンドのボーカルさんでした、かたや、副体調は身長が160センチ足らずの、川谷拓三似という凸凹コンビだったのが印象に強いです。
親衛隊をやっていると、最初の「セーノ!」というコールを統制って言うんですが、統制が上手い人と、そうで無い人と色々なんですね・・・
陽子隊の隊長さんは、バンドのボーカルをやっていたせいか、とても声がキレイで、通る声質だったんです。

僕も、こんな風に声が出せたらな~
この人を超えなくてはいけない・・・って(笑)
もう、憧れの存在でしたねー。というか、目標でした!ずっと。
これには、陽子本人も、初代波多江隊長のコールには惚れ込んでいた・・・という噂まで浮上したくらいでした^^
いや~波多江隊長カッコよかったです^^


実は「テディーボーイ・ブルース」には、シングルバージョンとは別に、ラフミックスバージョンが存在し、これもレコーディング済み。このバージョンは、プロモーションのカセットとして配られており、全国キャンペーンで歌う際には、全部、ラフミックスのオケを使用して歌っていた。
シングルバージョンよりも、サックスアレンジが異なるもので、全体的はスッキリしている。TVでもカラオケ使用の場合は、このバージョンを使っていた。


親衛隊と言えば・・・なぜか、隊長は、自分のタレントを呼び捨てで呼ぶのが伝統みたいなとこがあったんですよ。
だから、僕も陽子ちゃん!って呼んだ記憶ってないんですよね~
それと、当時は、隊長はネクタイをしめて、統制を取るのがステータス!って感じでした(笑)


僕も、入隊した頃は一番若くて、その後、隊長に就任した際にも、年上の隊員ばっかりだったので、隊長クラスはみんな大人っぽく自分をみせようと、それぞれ努力していましたね。(笑)

思い出は山のようにありますが、長くなるので、また次の曲の時にでも、綴りたいと思います^^




この写真は、3曲目「ロマネスクヨコハマ」のキャンペーンの時、確か、陽子さん髪を切って3日目くらい・・・
この時が、僕の隊長、就任式の時でもありました。その記念に陽子さんとパシャリ。^^
今、観ると、イベント終わって、大人に混ざって警備とかもやってましたが、やっぱり子供ですよね・・・
上手く警備できてたんでしょうか。。幼い・・
ネクタイも、ヨレヨレ(苦笑)
もう、時効だから、いいかっ。これも載せて。
石野陽子コウ

・1985年4月作品
・徳間ジャパン

「テディーボーイ・ブルース」親衛隊コール用紙。
陽子コール
スポンサーサイト

コメント

Re: 忘備録
えっちゃんマンさん、こんばんは^^


わぁー

こういうの嬉しいですねー。
情報ありがとうございます~

全く知りませんでした。絶対観ます♪
忘備録
コウさん、こんにちは。今日は暑いですね。

5月21日 NHK総合TV「スタジオパークからこんにちは」に
いしのようこ ゲスト出演予定

以上です。
Re: タイトルなし
ニシワキシさん、今夜は3つもコメント入れてくださってありがとうございます!^^


いえいえ、古い記事でも、引っかかったものがあれば、是非ぜひ!!^^

あれ~、ズタボロ映像観られたんですね~(ハハハ)^^

酷かったでしょう?!
けど、逆に完璧じゃない所も新鮮で、彼女らしくて可愛いですよね~
あの映像、なぜか何回観ても飽きないし・・(笑)
ですね。ポニーテール時、似合ってましたね。

「転校生」も「バニラ」も徳間の人から、絶対観るよーに!って言われて観ましたね(笑)(懐かしい~)

そのサイボーグで、ロボット歩きのも、覚えています。
キャラ的に彼女は、不思議ちゃんみたいな役が合うんでしょう!(爆)

石野陽子が芸能人としての、代表作って、きっと「だいじょうぶだあ」なんでしょうね~^^
そうですねー天然と言えば、天然だったし、、、
あっ、そうだった!ニシワキシさんと同県人なんですよね。陽子さん^^
やっぱり、関西ノリってトコも、芸風に生かされていたんだと思います。
普段は、物静かなお方なんですが、一度笑い出すと、止まらない・・・みたいな。

そうですねー。歌、もうちょっとやれよー
って言いたかったとこですが、本人は歌手廃業に未練は無かったようです。
そこが姉さんと違うとこなんですよね~

なんか、つい最近・・・この記事を真子さんの親衛隊の方が読まれてて、それをご自身ところのブログで、感想を書かれているのを読んだりしましたねー^^

今夜のB,G,Mは、陽子さんなんですね!
嬉しいですね~

遅くなりましたが、おやすみなさい☆
古い記事にコメント申し訳ありません!

というのも、この記事の画像の多分、カックラキン?のテディボーイブルースの動画を偶然みてしまい、あまりのズタボロ、、、いや、可愛さに夢中になってしまいました。
いやー、可愛い!!
緊張でいっぱいいっぱいで伴奏とズレるズレる(笑)唄ってる本人も思わず笑ってしまってましたね(*´◒`*)
でも、陽子さんらしいです。この時のロングヘアをポニーテールにしてる時がほんと可愛かった。
月曜ドラマランドでは「転校生」を2回主演されてましたが、もう一つ「バニラ37℃」というのにも主演されていて、サイボーグにされてしまう女の子を演じていましたが、うろ覚えですが、最初ちゃんと歩けなくてひょこひょこロボットのように歩いている陽子さんが、妙に可愛かったのが印象的でした。
そのあとの「だいじょうぶだあ」での「ごごご5時ーー?!」の夫婦も爆笑させてもらいましたが、このテディボーイブルースでの天然な歌唱がそのまま受け継がれてるわけですよね(笑)
本来はお姉様同様素敵な声質をお持ちで落ち着いて唄うとお上手だったのでコンスタントにシングルを出してくれてたらなあ、
、、と残念に思います。
さて、「All That Yohko」聴いてねんねしよっと!
Re: No title
ジャムさん、こんばんは^^

そう言えば、賞レースで、8~9組沸でノミネートされる時は、石野か森田か?どちらかが落っこちてましたから、そういう点でもレベルが同じ位だったんでしょうね・・・^^

「失われた夏」の時に、夜ヒットに出れたのは、セールスではなく、知名度が上がってきたから、出れたんだと思います。CXにもよく出てましたからね。


それから、知らない人の為にですが、「ゴールデン・ベスト」等に収録されている「グッバイ・ブルーサーファー」は、シングルバージョンでは無いんですよね!陽子さんの名誉に為にも・・・シングルバージョンの方が、ややですが(笑)、キチンと歌えています。ちゃんと、シングルバージョンで収録して欲しかったですね・・・
前に出たベストも、シングルバージョンでは無かったし・・・
No title
イメージ的に森田まゆみと共にガタ落ちというかんじです。笑

やはり徳間も力いれてたんですね。
「グッバイブルーサーファー」は確かにファルセットがキツイかんじでしたね。
次の年にだした「失われた夏」では夜ヒットになぜか初出場してるんですよね。この曲も売ろうとしてたんでしょうかね?
いきなり売れてない石野さんだけが夜ヒットにでてなんだか不自然でした。笑 この曲は200位もはいらなかったような・・・・

陽子さんも生で何回もみたことありますが、かわいいですよね。物凄く綺麗という印象です。
Re: こんにちは
ジャムさん、どうも^^

ほんとですねー

彼女の前で曲を聴いていると、ヘッドホーンを取り上げるんですよ!(爆)
陽子さん、やめてー!って^^
恥ずかしかったんでしょうね。

はい、レコード会社!相当、大プッシュでしたよ!確か、伊藤つかさ以来の・・・
という事でした。

低迷していったのは、みなさんご想像通りで、歌手としての器がですね・・・
本人も、歌に対してどこまで意欲があったのか、、、

「グッバイブルーサーファー」は、レコード会社もそこそこプッシュしていましたが、これは完全に、間隔開きすぎでしたね。しかも、「ロマネスクヨコハマ」って、TVで歌っている記憶が無いんですよねー
親衛隊だったのに・・・。イベントでは、けっこう歌ってるんですよ。
なんで、3枚目から、露出不測も、低迷に繋がったと思います。

「グッバイブルーサーファー」は、サビの ♪ブル~サ~ファ~ぁ・・・て陽子さんの声が毎度毎度、出ない声を、せいいっぱい、絞り出して歌っているとこが、味・・・なんですよね(笑)

曲もいいって、言ってくださってありがとうございます!^^

でも、ご存知だと思いますが、当時の徳間ってアニメに絡めてポイ捨て!ってとこがあったんで、徳間が根気良く売り切れなかった・・・ってとこも多分にあったと思います。一子にしても^^


森田まゆみと共に人気、ガタ落ち(笑)(笑)
こんにちは
デビュー前の評判は確かにすごかったですよね。

自分のデビュー曲が恥ずかしいって笑えます。笑
チェッカーズが当時ヒットしてたので、そんな路線でしたね。

自分も石野陽子は売れると思ったんだけど。レコード会社も結構力入ってたし。しかし、新曲を出す度に売れなくなっていっていったいどうなんでしょうか?

主演ドラマ「セーラー服通り」も高視聴率で大ヒットしたし、その後発売したシングル「グッバイ・ブルーサーファー 」全くうれず200位にもはいんなかったんです。曲もいい曲だったのに。売れないのが不思議でした。
何か原因があったんでしょうかね?

たしか100位に入んなくなったのはこの写真の「ロマネスクヨコハマ」の頃からですね。笑
森田まゆみの「失恋」と同週にチャートインして、共に150位台だったのを記憶してます。共に人気がガタ落ちで。。
これも何か原因があったんでしょうか?
Re: No title
こんばんは、えっちゃんマンさん^^

九州も、だいぶん暖かくなりましよねー

ですよね。以前の記事で紹介していただいたように、久留米キャンペーン行かれたんですよね!^^
嬉しいですね~♪

そうだったんですか、そんなお偉い方と同行されたんですねー
陽子さんの歌は弱弱しいから、書かれてもホントの事だから仕方ないですよね!(笑)
本人が読んだとしても、驚かないでしょうね(笑)

これは、生々しいんですか?!(笑)
まぁ、実話ですからね。ある意味、LIVEですよね!^^
Re: No title
ミリンダさん、こちらにもどうも~^^

「テディーボーイブルース」の頃、僕は14歳でした。そして「ロマネスクヨコハマ」の頃には15歳に^^
中学生で、県外に寝泊りしたり、最終電車で帰宅していたので、色々と、くぐりぬける事が、突破口も多く(笑)大変な時期だったですねー

もう、とにかくご存知のとおり、85年の新人は多く、キャンペーンも多かったので、ほとんど学校に行く暇が無かったですね(笑)
僕が、学校にあまり顔を出さない時は変わりに親が呼び出しくらって登校していました(笑)

だだ、僕は人生のうちに、もう、さとっていたのか、絶対今、経験しなくてはいけない事は、こっち!って思い込んでましたから、迷いは無かったです。14歳にして・・・^^

おっしゃるとおる、確かに「完璧」なものは無かったかもしれないですねー(苦笑)
それより、本人には失礼な話なんですが、隊長さんたちから、「とにかく、歌声や伴奏にかき消されないように、声を出せ!」って強く言われていましたから、こっちも一生懸命で、ゆっくり歌を鑑賞してられる事は、まず無かったんですよね・・・(笑)これは親衛隊の宿命ですね。

公開録音でもあろうー事ならば、当時は、親衛隊の声の音合わせもやってたんですよ。局側が・・・
音量調整ってやつですね。^^

タレントが2組や3組、合同のゲストとかともなると、「あっちに隊に声出し負けるなよ!」って、隊長と、プロモーターの方から言われてました^^

「雨のチャペル通り」の方が本人も楽々に歌ってました。
しかし、このキャンペーンの時は暑かった・・・
裸で全員やれ!とか言われて(苦笑)

陽子さんは、歌もこれと言って代表作も無かったですが、石野陽子を嫌い・・・って言う声を、あまり耳にした事は無かったので、当たらず触らず、常にマイペース!^^
これが永く続けてこれた秘訣なんではないでしょうか。

陽子さんと志村けんさん、誕生日も同じなんですよね。^^
No title
コウさん、こんばんは。

そうそう。エマックス久留米の中にあった楽器屋さんか何かで「テディーボーイ・ブルース」を生で聴いたワケですが、まぁ~声が出ていない事この上なかったですわ。で、この時は”オリ通”の読者集会が福岡で行われる前日くらいで、全国を回るまとめ役のお方が横浜からいらっしゃっていて、私はその方と一緒に久留米で石野陽子を見ていたという。そして、この方が小冊子で発行した”オリ通読者集会旅行記”にも「石野陽子は声が出ていなかった」と、書かれる始末なのでした。

私は”アイドル親衛隊事情”について全く知らないので、こういう生々しい話は興味津々であります。
No title
コウさん、またまたお邪魔します^^。

石野真子さんの妹という事で期待していましたが、デビュー当時はいつも自信なさそうに歌っていたので大丈夫かなあ…と心配しました。
時には半泣き状態で歌っていたり…とにかく私の記憶では一度も完璧な状態で歌えていたのを観た事が無いです。
「雨のチャペル通り」の方が陽子さんに合っていたように思いますね。

当時は歌番組で失敗した時に橋本美加子さんに慰められていたそうですが、美加子さんの方がしっかりしてて年上に見えました。
陽子さんより美加子さんの方が芸能界に残れそうだと思ったんですが…わからないものですね。
陽子さんといえば「だいじょうぶだぁ」が懐かしいです。
志村さんと結婚しちゃえばいいのにと思ってました。

隊長就任式のコウさん、カワイイですねー^^。
私はこの頃高2でしたが、コウさんは15~16歳ぐらいですか?
その年齢で隊長なんてスゴイですね!でもカワイイなぁー。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。