それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長山洋子/春はSARA-SARA

2014.03.28.Fri.01:49
こんにちは^^

昨日、時間があったので、桜を観に行って来ました!

桜全線北上中!

♪桜前線~今日は、どこらま~で(by千葉まなみ)^^

花見・・・って事では、無かったのですが、ちょっと食べるものを買って行こうー
って事で、唐揚げを買ったんです。
花見1
ここの唐揚げは、個人的に熊本で一番好きな味、食感・・・
しかも、揚げたてを、もらえてラッキー!
・・・は良かったんですが、揚げたてなんで・・・

すぐに食べましょ!って訳で、花見する場所に着いた時には、すでに完食!してしまったという悲しい結末に・・・(笑)
無~い・・・

でも、他に買っておいたものがあったんで、プチ花見やって来ましたよ~^^
もちろん、気取らない花見・・・ざっくばらんで。
花見3

場所は、まず・・・いや、もちろん熊本城。
まず・・・ってとこが・・・^^
花見2
このお堀周辺の、白壁を見ながら食べましたよー^^

きれいでしょ^^・・・もう、熊本城は園内満開です。
花見5
遠くに望むのが本丸天守閣ですよー。

そして、足を伸ばして、毎年行ってる場所なんですが・・・
サクラ公園・・・ってとこに行きました。
花見4
知る人ぞ知る!ってスポットなんです。、住宅地に囲まれた、狭い公園なんですが、毎年、敷地いっぱ~いに見事に咲きほこるんですよー
せいいっぱい、そこがすき・・・。

しかし、、、最近、歳のせいか、毎年、桜を観る度、儚さ・・・を感じるんです。
ため息も出ます。。。

なんで、かな?(笑)


さーて、僕の頭ん中には、桜見物してる間中、この曲が、ぐるんぐるん~と回想されていました。
sarasara1.jpg
(プロモーションジャケットより)
・1984年4月発売
・ビクター
sarasara2.jpg
(プロモーションジャケット裏)

長山洋子さんのデビュー曲の紹介です♪

この曲は、来月4月1日で、丁度、発売から30年を迎える事となりますよね・・・

長山洋子さん、デビュー30周年おめでとうございます!

キャッチフレーズは、「ぼくの青春をとめる、少女がいた。」

と・・・

「触れてください 魅感性! その瞬間から、くぎづけ。」

事務所はバーニング、レコード会社はビクターで、小泉今日子コンビでプロジェクトを結成!

いわゆる「和」のテイストのアイドル路線で、キョンキョン路線では無く、もっと事務所の大先輩だった高田みづえに近いアプローチでの戦略からのスタートとなりました。
ですから、高田みづえでやった「カタカナ演歌」の80年代版が「春はSARAーSARA」だった・・・という事になるのでしょう。
ちなみに、B面「夢の色」は、高田みづえのLP曲のリメイクで「乳白色のプリズム」を改題したもの・・・

ご本人、民謡をやっていたもので、とにかく、こぶしが回らないようにレコーディングの時は注意して歌ったらしい・・・
なのですが、いえいえ、やっぱり回ってましたよ(笑)
特に、「夢の色」の方は・・・^^

当初は演歌歌手としてデビューの予定で、家族も近所のおじさん、そして本人も・・・
ポップスでデビュー!と聞かせれた時には、相当、ガッカリだったそうです。

そう考えると、この「春はSARA-SARA」という曲は、あまり歓迎されて誕生した曲には、思えないですよ・・・ね。
なんて不遇な・・・
オリコンでは、最高位41位、12週に渡りランクイン、4,8万枚をセールス。
しかし、僕は、この曲、当時よりも現在の方が高く評価している作品なんです。


当時は、同じ日にデビューした渡辺千秋の「夏にフレッシュ」と同格な出来栄えなのに・・・なんで、セールス的に差が開くの?と疑問に思う事も多かったんので、千秋さんびいきだったんですが、、、


デビュー1枚目にして、この安定感・・・

1フレーズ目の

♪ああ・・・
花見7


を、聴いた瞬間、それだけで歌唱力の水準とレベルの高さを感じます・・・

なかなか、他の新人アイドルじゃ、あの・・・♪ああ~は出せないと思います。

また、この曲のイントロ、アレンジ・・・メロディー自体は「和」テイストながら、サウンドは、こ洒落てるんですよね~

アレンジに、一技も二技もあって・・・

イントロの、春一番が吹き荒れる、「旋風」「新風」といった音の表情までも、上手くアレンジで表現されており、「和」のメロディーがグレードアップしている!
sarasara3.jpg

ちなみに、この年は「風」がキーワードとなった作品3作、小泉今日子「風のマジカル」、宇沙美ゆかり「ときめきタイフーン」そして、本作を全て、鷺巣詩郎が手がけている。


やっぱり、デビュー曲の「イントロ」って、すごーく大切ですよね。
「和」テイストなのに、なせか、急ぎ足のアッパーなリズムも退屈させない。
そして、彼女のイントロで魅せた、複雑なステップにも注目しておきたい!(必見)



この曲のアレンジは・・・鷺巣詩郎が担当!!!

さーすがー!!!!!


ちなみに、ブレイク曲となった「ヴィーナス」も、鷺巣詩郎・・・
アレンジだったりする。


長山さんと、鷺巣さんのサウンドは相性合ってたんでしょうねー


^^

sarasara4.jpg
sarasara5.jpg
デビュー当時は、歌手は歌が上手くなくちゃ、いけない・・・
気持ちは常にプロ意識。
逆に、ラジオやTVの公開放送で歌う事の方がプレッシャーだった・・・と彼女は語る。
sarasara6.jpg
「スターに挑戦」初出演時には、松田聖子のものまねに挑戦しました・・・
sarasara7.jpg
気が強そうな彼女でしたが、それでも賞レースの時は、歌う前から、いつも半べそ状態でした・・・(懐)

髪を切る前と切ってから、とでは、かなりイメージが変わってしまうタイプで、ファンも、「春はSARA-SARA」から、ロングヘアー時代のみのファン、「ゴールド・ウィンド」からのファン、そして「ヴィーナス」からのファンと、かなり分かれる傾向があるアイドルでもありました。

今日は「春はSARA-SARA」してみませんか?^^

また、2009年にアイドル時代の作品「素顔のままで」を再度カバーしており、シングル「瀬戸の晩夏」のカップリングに収録されている。
※25th ANNIVERSARAY長山洋子アイドルコンプリートBOX CD+DVD(ビクターより発売中!)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: No title
ミリンダさん。


どうもすみません・・・本編に入ります^^

そちらも、今日は天気悪かったようですねーーー

ミリンダさんも、水泳大会憶えてましたか?^^
それです!けーっこう高い位置から、ためらう事なく、ドボーン!と^^
でしたよねー。

「ゴールドウィンド」も良かったですねー
この曲は、当時、最先端のアレンジだった・・・と思います。
かなり、近未来的でしたし、特に、目の覚めるようなイントロが、夏の幕開けー!って感じでしたね。^^

当時は、まだ、生バンドの演奏が主流の時代でしたが、この曲の良さを耳で体感するには、やっぱり生演奏では無く、レコードの方で味わってもらいたい1曲でした。
これもまた、鷺巣さんのアレンジなんですが、鷺巣さんのアレンジの曲は、生演奏に不向きなんですよね。
細やかなシンセの音使いは、生演奏では、再現し辛いようです・・・

売れなかった原因の一つは、ほんと僕個人の意見にしか過ぎないのですが、アイドルファンが、84年のアイドルより、85年組のアイドルに視線が行ってたから・・・だと思います。



わーぉ!!!

前年って・・・行ったら、「ゴールドウインド」をセカンドシングルに!って事ですか?



また、長山ちゃんに冒険させますねー!(爆)ミリンダさん・・・ったら。^^

その場合、髪はロングでですか?^^



でも、かなり1年目で、これを持って来てたら、長山洋子は明るいイメージのアイドルって印象になってたでしょうね。

「シャボン」を永い期間、歌っていたのは、賞レース対策ですね。

「シャボン」は、オールシーズン対応できる、てのもあったんですが、田中久美、辻沢杏子にも言える事なんですけど、各陣営、TVで、「今年いっぱい、この曲でがんばります」と賞レースに賭ける意気込みを語ってましたので、それもあったと思います。キョンキョンも、初年の年末年始は、弱冠、間が開いていたんですよね。
3枚目と4枚目の間ですかね・・・

しかし、「シャボン」は、原由子さんと競作になっていますが、断然!長山洋子バージョンが優れていますね。



成清さんと長山さんの件は、ボロボロ泣いていたのが、どんな理由だったのか、わからないですが・・・
加奈子さんは、辛さを表に見せない、とても我慢強い女性なんですよ。
けっこう、一緒に居た時間もあったんですが・・・
やっぱり、未成年の女の子ですから、ステージ下りると出る人も居るんですよねー
これは、人間ですから、仕方ないけど・・・

加奈子さんとは、永く居たのに、それが出ない、感じさせない・・・
なので、加奈子さん自身からは、あーだ、こーだ・・・って話は全く聞いた記憶は無いですね。
上手く、言えないけど、芸能活動、後半の仕事は、けっこう辛かった・・・と思いますが、根性というより、我慢強さとか、やっぱり「火の国の女」なイメージですね・・・あと、ふんばりの利くアイドルって言うんでしょうか・・・
そう見えないかもしれないけどですねー^^


サンデーズは、任期が1年ですから、新しい人、優先なんで、仕方ないっちゃー仕方ない・・・ってトコですね。
川崎麻世なんて、あれは例外です(笑)

僕も、加奈子さんの代が一番、ベストでしたよ!^^
Re: No title
ミリンダさん。おはようございまーす^^


実は、今、帰宅なんですー!
友人4人と街で、あーだ、こーだ話してたら、こんな時間になっちゃって・・・^^
おまけに、夜半から大雨が振り出して、街から帰るな・・・と、ばかりに(笑)
都合よく(笑)

実は、今日から大阪へ行く予定だったんですよー
そろそろ、大阪が恋しくなりまして・・・
禁断症状も出てきている事だし・・・(笑)
行きたいー!て。^^

でも、直前になってスケジュールの都合がつかなくなり、延期したんです。
その代わりに・・・って感じで。ガス抜きに、街にくりだして来た、という訳なんです。^^
けど、こんな時間までって、身体に悪いですよね。(苦笑)

おかげで、外出中、ずーっと、長山洋子さんの歌が頭の中を回想しておりました^^

「密やかにときめいて」と「素顔のままで」が・・・♪♪

パソコンの機嫌がイマイチのようなんで、ここで一旦、閉じて、再度お返事しますね!
No title
コウさん、こんにちは^^。

こちらは曇り空ですが、風が生暖かいです。
夕方には降ってきそうですね。

そういえば水泳大会に出てましたね!
飛び込み競技はすごく高い位置から飛び込んでてすごいなーと思いました。

髪を切って「ゴールドウィンド」を出した時は売れそうだと思ったんですが…。
レッツヤンでもしょっちゅう歌ってたし、飛鳥さん提供曲で話題性もあったのに何で売れなかったのかな?
前年の夏にこの曲をリリースしていたらもっと売れてたような気がしますが、「シャボン」のしっとり感も捨て難いし…悩みますね。
それにしても「シャボン」から次の「密やかに~」まで何であんなにブランクが開いてしまったんでしょうか。

洋子さんのサンデーズ加入の裏にそういう事情があったなんて初めて知りました。
成清さんがサンデーズを辞める時ボロボロ泣いていたので、その時は「よっぽどサンデーズが楽しかったんだな」と思っていたんですが…。
こういう事情で辞めさせられるのは気の毒ですね。
成清さんを残して洋子さんが加入という訳にはいかなかったんでしょうか。
個人的には成清さんがいた頃のサンデーズが一番好きでした。
特に男性陣のバランスが良くて、嫌いな人が一人もいなかったので…。






Re: No title
ミリンダさん、おはようございます~^^

こちらは、本日、雨です・・・。


もし、洋子さんが、おニャン子だったら?ですかー

う~ん、考えた事なかったなぁ~

どうなんでしょうねー・・・

長山ちゃんが、既にレコードデビューしているという前提で、途中、おニャン子入りしてたら、きっと、国生さんは先輩アイドルは、割と立てるような気質なので、バトルは勃発しないような気もしますが、工藤静香あたりの番号で入って来てたら、バトルというより、「従いなさい!」的な事は、あったかもしれませんよね!
(苦笑)^^

長山ちゃんのシングル曲って秋元さんが書いてるものって無いんですよねー
だけら、余計、ピン!と来ないですね。




小原靖子が、加入したいたら、それこそ、国生さんと・・・ブチ勃発!(爆)





「真ん中、もっこり!」でしたよね!ミリンダさん(笑)


これは、「ゴールド・ウインド」前の髪が長い時だったら、言わせたく無いけど、以降なら、言ってもらってもけっこうです!むしろ言わせたい(笑)^^
だって、TVで男闘呼組に説教できる位の洋子さまですから・・
さらりと、笑顔で「真ん中、もっこり~!」と言ってくれそうです^^

デビュー当時は、あんだけ水泳大会にも出て無かったのに、ショートになった途端、飛び込みやったり、ブランコ競技やったり、あと騎馬戦でやっつけたり(笑)・・・やんちゃぶりを発揮なさってましたよね・・・(笑)
本領発揮です!これぞ「春はSARAーSARA」は歌っていたお方の本来のお姿です^^


なんで、バーニングのアイドルって、髪を切ったら、あんなに開けた感じに変身されちゃうんでしょうねー
また、それが、プラス要素にも成ってるし・・・

デビュー当時は、男性ファンというか、おじさま人気は、あったと思います。^^

サンデーズでは、確かに、浮いてたし、遅ッ!今入るの?って感じでしたね。

実は、成清加奈子が当初、サンデーズを、もう1年、務めるという事になっていたんですが、長山ちゃんが加入するという話になって、じゃ、どっちか?って事になったんですよー
加奈子ママは、すごーく残念がってましてね・・・当時は、、、。

しかし、84年組、歌手としての最大の勝ち組は、長山ちゃんなんでしょうね・・・(脱帽)

No title
コウさん、こんばんは^^。

もし洋子さんがおニャン子に入っていたとしたらどうなってたんでしょうか。
おそらく国生さんとのバトルはありそうですが…。

でもタイトルコールの「週の真ん中、水曜日!真ん中モ○○リ、夕やけニャンニャン!」は言ってほしくないです(笑)。
どことなく洋子さんには品があるので、下ネタで騒いでる姿が想像できないんですよね。

サンデーズでも何となく浮いていたように見えたので、団体の中にいるよりソロで個性を発揮するタイプだと思います。

洋子さんのファンは男性が多かったんでしょうか?
私の周りでは割と女子に人気がありました。
特に「密やかにときめいて…」が人気で、歌詞を紙に書いて下敷きにはさんでいた子もいましたね。


Re: おはよう爽やかさん
えっちゃんマンさん、こんばんは^^

大分市内も、桜けっこう咲いてますか。
突然、咲いてた!って感じですよね。

僕は、その番組は全く知らないですねー

たまたま、都内に行った回に流れてたんですね~
とにかくテレ東は、弱いアイドルの味方でしたよねー

アソマミテレ東強し!(笑)
いい局だ~^^
Re: No title
ミリンダさん、こんばんは^^

そうだった!ミリンダさんは家族ではイチバン飲める口でしたね!^^
ご主人より(笑)
飲む→寝る→また飲む・・・の流れ・・なんですよね(笑)

桜は、いいですよね~。

ほぉー、そうだったんですか・・・
明星で苦しい胸の内をね~
やっぱり、そう言う時期ってあったんですね、悩める時期というか・・・
歌が上手い分、なんで?って思うとこもあったんでしょうねー
昔、香坂みゆきさんが、そう言ってました。



「もし私がおニャン子に入っていたら?・・・」



城之内早苗は存在しなかった事でしょうね~(笑)



僕も「ヴィーナス」が上昇して来た時は、嬉しかったですねー



それまでは何か暗い影・・・(笑)(笑)

・・・なんとなく、イメージ伝わります・・・^^

ですよね!がんばってます。洋子さん。高田みづえの後継者も、もう商業的には超えちゃってますよね。^^
おはよう爽やかさん
大分市内も、桜が思っていた以上に開花していてちょっとビックリしました。
さて、私は「春はSARA-SARA」を聴くと、テレビ東京で平日の朝6時前後に放送されていた「おはよう爽やかさん」って番組を思い出します。多分、東京に遊びに行った時に泊った友人宅で見たのだと思われます。麻生真美子&キャプテンが司会をしていて、新人アイドルのビデオ・クリップを流す番組でした。その番組で必ず流れる”電動キャベッサー”(キャベツの自動千切り器)のCMも印象にあります。
「SARA-SARA」の他、渡辺千秋さんの曲も流れていたかなぁ?
当然「爽やかさん」から「おはスタ」まで、セットでテレ東を見ていましたね~。
Re: こんにちは
ジャムさん、こんにちは^^

確かに、荻野目ちゃんの方が人気と評判が良くって、長山ちゃんは、期待と実力で対抗していた気がしました・・・
この2人、当時は、どう見ても対抗馬的存在でしたよね!
実際、デビューが3日譲った形になったのも、バーニングとの力関係があったんでしょう・・・
あと、賞レースで、どちらかがエントリーしていると、どちらかが出ていない?事も多々、ありましたし、それぞれ強い局、弱い局があったんでしょう。1本化し、確実にノミネートを果たしていました。
しかし、レコ大だけは、突然、刺客が舞い込みけい誤算が生じたような結果に・・・

また、この2人が、偶然にもディスコミュージックでブレイクするってのも、やはり切っても切れない関係のような(笑)

僕は、長山さんがデビューした時は中学生だったんですが、中学生目線から見て、「そごく堅苦しい」イメージがあったんですよね・・・
確かに美形で清楚、歌もうまい。言う事なし・・・だったんですが、、、
その頃の時代には、ひと波、乗り切って無かった印象ですね・・・

しかし、昭和30年代生まれの人たちからは、割とウケが良かったそうです。

あの頃は、桃子や有希子みたいに、同世代に支持を受けるアイドルでは無いと難しかったですよね・・・

今、思えば、すごい名曲なんですけどね!
歌がうまいから、今でも安心して聴けるし・・・^^

渡辺千秋に関しては、僕が聞きたいくらいですよ~(爆)
ジャムさん^^

なんで?なんで?
なんで予想以上に売上げが酷いの?って感じでしたよねー

当時は、僕も事務所の大きい小さいで、売上げが左右されるなんて、知らないもんだから、CBSソニーで、長渕が作曲してて、CMソングだから、ぜーったい!宇沙美ゆかりくらいは売れるー!と思ってました。

高橋美枝の件にしても、チャート外だったし、突然、海のものか、山のもなか、分からない中村容子を3月推しでデビューさせるし・・・
この年のCBSソニーは、いったいどうなってるのー?って思ってましたよ。(笑)

自社買いについては、CBSソニーがやっていたのかは、解りませんが、他社ですが、ある新人歌手のレコードを、週ごとにある一定枚数を買って、それをメーカーに返送するという作業を、指示に従いやった事はあります。
しかし、自社買いとかやってたら、高橋美枝ちゃん、もっと売れているハズですよね・・・(苦笑)
けど、話を聞くと、どこの新人歌手のレコードも、けっこう家族が買ってたりするんですよねー^^

渡辺千秋さんは、ご本人が「私は人気が無い」と言っていたから、無かったんでしょう(笑笑)
高橋美枝さんは、「発売時期が悪かった」と言っていたので、売れない=人気の伸びなかった。って事でしょうね。(笑)
お二人とも、話をしてて思ったのは、他人を押しのけてまでもーって、感じの性格では無かったと、思いました。特に、千秋さんなんて、意地悪そうに見えるかで、ぜーんぜん・・・真逆ですから。^^
No title
コウさん、こんにちは^^。

花見いいですねー♪うちの方はまだ五分咲き程度ですね。
私も花見に行きたいけど、おそらく食べるより飲む方がメインになり、ろくに桜を見ないまま飲んだくれて寝てしまう事になりそうで行けません…(苦笑)。

洋子さんのデビュー曲がいきなりヤンソンのカラーページに載っていたのには驚きました。
かなり売り出しに力を入れていたんでしょうね。

でもデビューして2年経っても売上げが芳しくなくて…。
それを洋子さんも痛感していたのか、当時の明星に苦しい胸の内を吐露している記事が載ってたんです。
確か「素顔のままで」と「雲にのりたい」の間の頃だったと思います。

今の自分がかなりギリギリの状態にいる事や、芸能界にいるより会社でOLやってる方が似合うと言われた事などを赤裸々に語っていました。

あと「もし私がおニャン子に入っていたら…」と言ってましたね。
おそらく当時のアイドルにとっておニャン子の存在は驚異的だったと思います。
昨日まで普通の女子高生だったのに、おニャン子に入ってソロデビューしてトントン拍子に売れていくのを目の当たりにしてかなり焦ったんじゃないでしょうか。
業界最大手の事務所にいて、サザンの曲をカバーしてもイメチェンして飛鳥涼さんに曲を書いてもらっても一向に売れる気配が無いと、さすがに気が強い洋子さんでもかなり悩まれた事と思います。

だから「ヴィーナス」がヒットした時は嬉しかったなー。
それまでは何か暗い影がつきまとっているような感じだったのに、売れて自信がついたのかキリッとした表情になりましたよね。
でもまさかここまで残るなんて思いませんでしたが…。
こんにちは
この人も事務所、レコード会社から相当の力の入れようでしたね。

翌年の美加子もそうですが、デビュー日前後のテレビ出演はかなりのものだったと記憶してます。

事務所もレコード会社も大手なので売れると思ったのですが、出足は不調でしたね。
この人も、アイドルマニアの方達からは非常にアンチが多かったです。
また「よい子の歌謡曲」ですが、新人を評論するコーナーがありまして、
すごいことが多数書かれてました。
荻野目洋子はマニアの方達からもデビュー当時から人気があったのですが・・・

ルックスも美形、歌も上手すぎる、事務所レコード会社も大きいまさに逸材だったと思います。ただ彼女も見た目からして気が強そうだったので、そこが最初はダメだったのかもしれませんね。
同期で売れた、桃子や有希子は、実際はどうかしれませが、気が弱そうで守ってあげたい雰囲気でしたもんね。

この曲も、好きでした。春を感じる歌謡曲ですよね。
渡辺千秋の「夏にフレッシュ」と同週チャートインで、こちらは左ページで初登場。千秋は、140位台と事務所の力かなと思ったものです。
渡辺千秋も、デビューの週は結構テレビに出てたので、50位くらいには初登場するだろう?と思っていたのですが、なんであんなに悪かったの
かがいまだに疑問ですね。高橋美枝もそこそこプロモートしてましたが、なんで売れなかったんでしょうかね?
この頃も実際会社の自社買いとかあったんでしょうかね?
もしあったとして、千秋と美枝さんはあの結果としたら、本当に人気がなかったんでしょうか?






管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。