それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀ちえみ/メルシ・ボク

2014.03.08.Sat.02:32
メルシボク
・1982年3月作品
・キャニオン


このブログでは、初登場ですね。堀ちえみさん・・・

本作「メルシ・ボク」は、デビュー曲「潮風の少女」のB面でした~^^

最初、レコードを買った瞬間、あっ!B面の方が春っぽくて、好きだな~って思ったんです。
で、今回は、あえてB面の方を取り上げる事にしました。

実は、この年の3月21日周辺のデビュー組の中では、一歩、スタートダッシュが出遅れ気味だったんですよね・・・
このデビュー曲。
軌道に乗ってきたのは4月から・・・

しかも、同じ頃4月から、彼女が主演していた、初ドラマ「メチャン子ミッキー」がスタートする訳ですから、そう影響も大きかったように思えます。
そして、本作は、このドラマの主題歌でしたー♪

とても楽しい、3枚目なバラエティードラマで、彼女のキャラクター性を位置づけした、まず最初のイメージ作品だったように思えます^^


ちえみの旅が、これから始まる・・・
ご機嫌いかがですか、はじめまして、堀ちえみです。


的な・・・素朴なイントロダクション歌♪^^
リズムは、R&Rがベースとなったメジャーソング。

あこがれだった、榊原郁恵さんに会えたら・・・という理由で、友達と一緒に応募。

デビュー候補曲として、8曲が用意され、うち2曲がデビューシングルとして決まったという訳ですから、残りの曲が、ほぼ、ファーストアルバム「少女」に回っていた事もわかりますね。

本作のレコーディングは、81年12月には完了。

そうですよね・・・
強力盤は、82年2月中旬には、サンプル盤が上がっていた訳ですから、オーディションから数ヶ月でレコーディングという怒涛なスケジュールになるんですねー

ちなみに、ちえみさん自身としては、アルバム「少女」の中では「たんぽぽ」と「微笑んでGood-bye」がお気に入りだったそうです。


誰が、どこで、どう名付けたのか?・・・

アイドル界の「アルプスの少女ハイジ」って、例えは・・・ピッタリだったと思います!^^
近年、ちえみさん・・・お母さんに顔がそっくりになりましたね(笑)


久しぶりに「メルシ・ボク」聴いてみませんか?^^
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: No title
ミリンダさん、どーもー^^

えぇーーー!
そうだったんですかー
ミリンダさんも「メルシ・ボク」派。^^

今の、ちえみさんは声がかなり低くなっちゃいましたが、この曲は、ちえみさんの高音に響き具合が、サイコーに良いんですよねー

3曲挙げられた中では、「夕暮れ気分」好きでした。
おっしゃるとおり、懐かしい感じもありつつ、切なさ倍増みたいな・・・
とても、日本の秋らしい曲でしたよね。^^

ですねー
ゴールデンでドラマ30分も消滅しちゃったし・・・
昼ドラも、唯一・・・って感じですもんね。
それに、ファミリー系ってのが少なくなりましたよね。残念です・・・
放送時間の長さを競う合う時代になってしまうしですねー

僕も同感です。
No title
今日はこちらにもお邪魔します^^。

私もこの曲の方が大好きで、こっちがA面だったらいいのにと思ってました。
まだ初々しいけどちえみちゃんの良さが出てるんですよねー。

この曲や「夕暮れ気分」のような素朴な曲、「稲妻パラダイス」「リ・ボ・ン」のような懐かしい感じの曲がちえみちゃんに合っていたように思いますね。
逆に「Deadend~」みたいなロック調の曲は何か違和感がありました。

それにしてもゴールデンタイムの30分ドラマってすっかりなくなっちゃいましたね。
昔は「ナッキーはつむじ風」や「噂のポテトボーイ」とかよく見てたんですが…。
今は長時間のスペシャル番組が多くて見ていて疲れるんですよねー。
もっとコンパクトにまとめた番組が見たいです。
クイズグランプリなんて15分番組…今では考えられないですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。