それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下川みくに/水の星へ愛をこめて

2014.03.03.Mon.02:13
下川みくに
・2006年3月作品
・ポニーキャニオン


昔、チェキッ娘にいた、下川みくにがアルバム「リプライズ 青春アニソンハウスアルバム」にて森口博子のデビュー曲をカバー!

彼女は1999年にソロデビュー、解散後も、活動を行い、台湾でも人気歌手に。

本作は、2006年3月発売、という事で、原曲から、21年を経てのカバーという事になります。

2000年以降に昭和の曲をカバーされたものに関しては、聴いては見るものの、アタリハズレが多く、けっこう原曲は好きだったのに、ガッカリしてしまうパターンって事態も多いんですよねー

アレンジがオシャレになり過ぎてたり、ボーカルが原曲のイメージをぶち壊していたり・・・
原曲そのものの雰囲気が破壊されてしまっていたり・・・と。
言えば、キリがないくらい。

僕個人としては、時代と共に音は進化していますので・・・サウンドは変わっちゃってていいんですが、
イントロのアレンジは、原曲のなごりがあるものが好きなんですよねー。
これが、僕の、まずは第一条件なんですが・・・

この下川みくにバージョンは、大賛成ですね!

まず、当時この曲のファンとしても聴き安い仕様と思います。
彼女が、森口さんをリスペクトしつつ、歌っている感じが言われなくとも声から伝わって来ますし、アレンジも、ほぼ当時と同一のもので収められているからっ。

確かに、音は電子的に変化しているものの、それは時の流れ=進化。として受け止めておきたいところです^^

欲を言えば、アルバムの1曲として終わらせておくには、もったいないくらい・・・
シングルで切っても良かったのでは・・・。
イントロの華やかさは原曲に負けてないぞ!!!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。