それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長沢ゆりか(長沢由利香)/だきしめてよ

2014.02.24.Mon.01:19
だきしめてよ
・1995年11月作品
・キング(コナミ)


とても歌声のきれいな・・・ゆりかさんの紹介です。

由利香名義でリリースされた「MY BERRY TIME」に続き2度目の紹介となりますが、長沢ゆりか名義としては初の紹介ですね。

ゆりかさんとは、88年ー89年にかけて、3度ほど、お手紙でやりとりをしていましたので、当時から、ゆりかさんがやりたい音楽とは・・・こうなんだ、こういうもんなんだ!って言うのが、決意表明みたいな感じで、ヒシヒシと伝わって来ました。

小学校低学年の頃から、歌う事で大好きで、それに重ねてTVに出てみたい・・・
と、ずっと思い、母親に頼み込んで、のど自慢の番組に応募してもらって、それが見事・・・合格!。
これが、きっかけで、歌手への道を志したという・・・

その、イメージからは、あまり結びつきませんが、母親から見ても、すごく根性のある気質らしく、負けず嫌いの性格だっったという・・・
現在は、どうなんでしょう~(笑)

与えられた楽曲を、きちんと譜面どおりに歌いこなしてしまう所なんぞ、そんな性格から生まれてきた、芸術作品なのかもしれませんね。

しかし、ここまで、上手く歌いこなすのには、彼女なりの相当な努力があったようですよ・・・

あの・・・凄い顔ぶれが肩を並べた、堀越のD組(南野陽子、長山洋子、岡田有希子など)の同窓会の時は、なんと、ゆりかさんが「幹事」なんだそうですよ!(笑)

デビューは85年、長沢由利香として、その後、88年に由利香名義で、あまり知られていないが、翌、89年から90年頃にかけては、長澤由利香名義での活動の時期もあった。

この時、すでに自作のストック曲も多数あり、ライブを中心に、アルバムで聴かせられる歌手を目指す。という信念もあったので、95年、待望のファーストアルバムがリリースされた際には、僕も、その頃の事も思い出し、本当に嬉しい気持ちになりました。^^

本作は、95年、キングレコードのコナミレーベル移籍した年に発売された、通算で5枚目のシングルです♪

11月リリースながら、春を思わせる、彼女お得意の爽やか系ポップナンバーに仕上がっており、今の時期にピッタリかな~って感じです^^
特に、キングレコードからリリースされた8枚のシングルのうち、本作が一番、デビュー当時の路線を彷彿とする仕上がりで、とても清々しい・・・
柑橘系ソング♪


本人作詞作曲によるナンバーで、アレンジは谷村有美などで有名な、西脇辰弥が担当している。
どことなくサウンドと、コーラスのフィルター処理が、アースウインド&ファイヤーを思わす雰囲気^^

イントロなしで、ゆりかさんの元気っぱいの歌声が突然入る、曲の構成なのですが、イントロの方も楽しみたい~て人には、同年、12月にリリースされた、ファーストアルバム「クレッシェンド」をおススメします。
「だきしめてよ」のイントロ入りのアルバムバージョンが聴けますよ^^
こちらも是非!

個人的には、このCDは当時、大阪の難波で買った1枚で、思い出の1枚でもある訳なんです。
大阪の街を、北から南方面へ南下してゆく時に聴いていた時の事を思いだすな~^^

そうそう、カップリングは、あのカーペンターズの名曲に英語詞でチャレンジなんですよ!
これも、聴き心地イイですよーぐっすり安眠できそー^^♪


今もなお現役!ご本人の夢どおりライブ活動を中心に続行中!ボイストレーナーとしてもご活躍^^
ブログもあるので、現在の、ゆりかさんにも、要チェックです!!

ゆりかさん、新曲を待ち望んでおります。それと「恋はショッキングブルー」ライブでやってください!^^
あとセルフカバーCDも是非!(笑)

※YouTubenにて「だきしめてよ」2012年ライブバージョンがUpされていましたので、リンクコーナーにて貼り付けしておきます。(原曲とは異なるアコースティックバージョン仕様)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: 恋はショッキング・ブルー
えっちゃんマンさん、こんばんは^^

これは名曲ですね!売れなさ過ぎたのが気の毒なくらい・・・
当然、アイドルファンでも、当時を知らなかった人は多かったと思います。
僕は当時、平凡の歌本で知ったんですけどね。

「香林坊」の歌なんですよね。
けど、僕は、最初、知らない遠くの土地のイメージソング
だったので、いったい香林坊って何?から始まったって感じでした。^^
金沢市が、当時、新しい若者の街というコンセプトで、開発された一帯で、そこに色んなショップがあるらしい・・・ですね。
行ってみたいです^^
85年だったら、若林加奈あたりが歌うのが筋みたいな感じですが・・・(笑)全く、出身とは関係ないリッチーが歌う事になりました^^

実は、近々・・・この曲、記事に予定してたんですよ(笑)

えっちゃんマンさんとしても、いい出会いの1曲だったと言う訳ですね!
ご本人に、聞かせてあげたいなっ^^・・・
恋はショッキング・ブルー
コウさん、こんばんは。
私、正直言ってこの方を「幻のビューティ・アイドル」のアルバムで初めて知りました。それまで全く存じ上げなかったので、アルバムを聴いていて”こんな娘がいたんだぁ…”と思いつつ歌を聴いていると、何やら「香林坊」って聴こえる。おや、これは私の好きな街・金沢の事を歌っているのか?と思って、あわてて調べてみるとこの曲は金沢の香林坊商店街か何かが、イメージソングとして作った曲であるという事と、歌っている長沢由利香って娘は金沢にも北陸にも関係無い、という事でした。
で、「恋はショッキング・ブルー」って曲を一発で気に入った、もちろん長沢由利香って娘も、という次第です。こういう出会いって嬉しいですね。

まだ、ご活躍されている事を嬉しく思います。
しばらく金沢も行ってないなぁ~、また「金沢蓄音機館」に行きたいわぁ~。昔、行った金沢の中古盤屋、何て名前だったっけ~?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。