それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白石さおり/シャイな・・・MY BOY

2014.02.22.Sat.01:04
シャイなMy
・1995年4月作品
・センチュリー


白石さおり嬢の登場です^^
九州は・・・福岡県北九州市のご出身。

歌の面でも、さおり嬢にご注目!!

キャッチフレーズは・・・「アイドル国宝」

80年代中期頃から、「オーディション荒し」としても有名で、そのガッツとやる気には目を見張るものがありました。
あと、ちょっと・・・って所で、優勝を射止める事が出来なかったオーディションも多く、
13歳の時には第2回ミスマガジンの準優勝や、85年度ホリプロタレントスカウトキャラバンの最終候補など・・・

なので、もともとだったら、80年代にレコードデビューしてたって、ちっとも、おかしくない存在なんでよねー。

しかし、所属しても、その事務所が倒産になるなどし、波乱万丈のアイドル生活を送り・・・
またまた、それが、彼女をたくましくしてくれたのか・・・

いつのまのか「ミスコン53冠女王」として業界でも話題に!^^

その経験を生かして、その後は「オーディション評論家」としても、アイドル候補生の育成に携わっている。

待望の本格的、というか・・・念願のCDデビューは90年。所属のハミングバードは、当時一押しだった山口弘美の半分も力を入れてくれなかったようだ・・・

僕が、一番スポットを当てておきたい所は、その次に出した曲に着目!
彼女は・・・90年代、センチュリーレコードを代表するアイドル歌手だった・・・という実績なんです^^


フェアリーテールや水野あおいで勢いづいてたセンチュリーが次の駒として送り出したのが、白石さおりでした。
本作は、95年4月発売、この時、5年ぶりの新曲で、年齢25才・・・
一般的には水面下の活動が多かった分、まだまだ、アイドルとしてイケルぞ!的な、オーラも放っていました^^

ただ、このCDジャケット、背景が地味だったのか、、、センチュリー=裏歌謡臭を放っていたのか、けっこう演歌コーナーに入っている事が多かったのも事実です(笑)

曲がイイ!サウンドもイイ!メジャーとチープの中間くらいの加減さが、出しゃばってない所もイイ。
大場久美子さんあたりが現役時代歌っていたらヒットしそう~^^

作曲と編曲は、当時、センチュリーレコード&水野あおいの専属アレンジャーみたいなもんだった・・・
ヤギハシカンペー氏。^^
曲調が、同じリズムがループする、ダンサブルなサンバ歌謡!
と、いった感じで、とても賑やか^^コード感が上がったり・・・下がったり・・・忙しいし、もう大変・・(笑)
メロディーラインは、80s正統派アイドルポップスの基本そのもの。

ご本人をTVで観る事は、たま~に、ありましたが、これをTVで歌ってる姿は観れなかったですね・・・
残念・・・

今でも、飽きず、懲りずに、聴いている曲のひとつです。(笑)

これぞ!ザ・センチュリー歌謡を代表する1曲でしょう^^

センチュリーレコード名盤解放同盟のリリースなんぞ、ある時は、是非!担当者さま^^
(ある訳ねぇ~だろ!)


森高バリの衣装着て、「マナー講座」のビデオの発売もありました。
こんな格好で、本編にも登場!(笑)あおきあいさんかと・・・(爆)
しかし、中身は真剣。
一時期は、よくブックオフで見かけてたんですが・・・
21世紀マナー講座
さおりV2
さおりV!
スポンサーサイト

コメント

Re: No title
終わらない夏休みさん、どーもー^^

おっと、凄い目撃情報!ありがとうございます(笑)
中山駅前ですか~
TVで歌えてない分、この曲の生歌は超貴重&ベリーレア~でしたねー^^

また、マニアックなお祭りのようですね、こりゃディープだぁ~

また、さおりさまのカバーも、楽しめそう!(笑)
けど、彼女、売れてなくても、一流でしたよね。

やさしい!サイン会に参加されただなんで・・・
きっと、さおりさまもお喜びになった事でしょう。

ですよね、そりゃ、独占気分、独占状態だった事でしょう^^
これもまた、動員数の少ないイベントの醍醐味だったりするんですよね。
良かったですね・・・^^

素敵な想い出だー
No title
18年前、JR横浜線中山駅前の「中山まつり」というイベントでこの曲を生で聞きました。
ぬいぐるみじゃんけんとデキシーバンド演奏の間という、すごい出演順で20分×2ステージでしたが、曲目はおろか、衣装・髪型までステージごとに変えていて彼女のプロ意識の高さを感じました。
ちなみにカバー曲も披露していて、1ステージ目が「今度私どこか連れて行ってくださいよ」、2ステージ目が「The Stardust Memory」でした。
ステージ終了後に握手&サイン会があったんですが、なかなか参加する人がいないので私が参加しました。少しお話もできましたし、つかの間彼女を独占した気分になれて楽しかったです。もちろん実物はすごくかわいかったですよ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。