それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RiNA(高橋利奈)/KISSABLE

2014.02.19.Wed.19:31
KISSABRE.jpg
・1988年4月作品
・ポニーキャニオン

昨晩、友人が鹿児島から帰ってくる、というのでバス停まで迎えに行ったんです。
少し待ち時間があったので、近くにあるTSUTAYAで立ち読み・・・

あれっ?と、目を引く表紙を発見!
これは、たかはしりなさんではないか!?

そうだったんです、間違いなく、元アイドル歌手だった高橋利奈さん。^^
ベルーナというフリーカタログ雑誌を表紙を飾っていたのです。
これが、きっと最新のお姿なのでしょう・・・
ベルーナ1
「ベルーナ」秋冬号にて
ベルーナ2
この笑みなんか面影ありますよね!^^

今、書店に行けば、誰だってこの本を手に入れる事が出来る訳なんですが、中のカタログページでも、沢山のカット数で登場されています。

と・・・いう事で、元気いっぱい現役バリバリトップモデル里奈さんのアイドル時代の名曲を紹介します^^

これは、RiNA名義では最初のシングルとなり、高橋利奈時代から数えると3枚目のシングルとなります。
高橋利奈として2枚目のシングルを発売後、所属レコード会社だったフィリップスが邦楽部門閉鎖に伴い、歌手活動は一時休止に状態に、そして88年4月にポニーキャニオン移籍第一弾!として「KISSABLE」で再デビュー!

当時、不思議だったのは、8センチCDシングル元年!だったにもかかわらず、CDシングルとして発売されていなかったこと・・・
作詞が阿久悠、作曲:筒美京平という80年代後半という時代では、希少な顔合わせとなったアイテムで、その楽曲の優れ度から言っても、長年、CD化が待たれた作品でした・・・

アレンジは、当時、田原俊彦や西田ひかる、後にWINKと言ったダンスビート系のアレンジでヒットと飛ばしていた船山基紀が担当。特に、この時期は船山氏自身もダンス系のアレンジに凝っていた時期という事もあり、本作も、洋楽志向な船山ビートナンバーとなっております^^

TVで歌われる事も、少なかったのですが、観れた人は超ラッキーでしょう!
黒いサングラスをかけ、クールに、すまして歌うRiNAさんの表情には、すでにトップモデルとしてのオーラが・・・

それから、いきなりの演歌路線へ転身、ポニーキャニオンから、東芝、パイオニアLDCへと移籍を繰り返し、それぞれのレコード会社で、歌の面でも、それぞれの表情を魅せてくれました。

世界を代表するトップモデルが、演歌からアイドルポップスまで、その豊富すぎるレパートリー数には、目を見張るものがあり、もっともっと再評価すべき点ではないでしょうか・・・

本作も「筒美スト」には大人気の1曲。
B面の「Bee-ミツバチに追われてー」も聴き逃したくない隠れ名曲!
こちらもCD化を。

なお、「KISSABLE」は、2012年12月発売された「筒美京平 GOLDEN HITSTORY-卒業(ポニーキャニオン編)」にてCD化が実現している。

現在は、高橋里奈としてモデル業を中心に活動。

今でも恐怖映画観ているのかなっ?・・・(笑)
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。