それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラズベリー/愛するフーガ

2014.02.11.Tue.01:35
愛するフーガA
・1995年4月作品
・バップ


ラズベリーのセカンドシングル「愛するフーガ」の紹介です。

ラズベリーは、92年11月に「ねぇカリメロ」でデビュー。

目標はズバリ!、平成のキャンディーズ。

丁度、ラズベリーがデビューした頃の、グループアイドル事情は、セクシーアイドルグループの活躍が目立っていた時期でもあり、正統派アイドルグループ3人組といえば、その1年後に出てくる、Melodyあたりが対抗馬的な感じで少数・・・イベント活動を中心にがんばっていました。

ラズベリーの凄かった、いや・・・しぶとかった所は、知名度では、断然、Melodyの方が上だったものの、実質活動期間は、ラズべりーの方が寿命も永く、メンバーの入れ替えを行いつつ、グループ名も変え、進化してゆくという、

いわば・・・細く、永くの図太さみたいな、変貌ぶりには、たくましさも感じる程でしたね。・・

本作「愛するフーガ」は、タイトルどおり、予想どおりの内容となっております・・・
既に、デビュー曲の発売から、3年という月日が流れていたという事もあり、ビジュアル的にも大人のキャンディーズと化していたような・・・

作曲は平尾昌晃で、グループのリーダーであり、歌唱力の面でも、お歌のリード役でもあった五十嵐美穂(ジャケット中央)がコーラスアレンジも担当。

そう、ラズベリーは、結果的に見れば・・・この五十嵐美穂の為にあったようなグループと言っても過言では無いでしょう・・・

ちなみに、写真左が、後藤麻里、右が、十朱理乃といった面々・・・

♪パパやパヤパヤとコーラスが入る、ザ・ピーナッツ歌謡に挑戦!
Mi-Keの2匹目のドジョウ作戦!ってとこでしょう。

ここで、重要曲として挙げておきたいのが、カップリングに収録された「愛しているなら、Dont´Kiss Me」
愛するフーガB

実は、この曲、後にグループ名を変えた際のデビュー曲へと昇格する曲なのであります。

しかも、この「愛しているなら・・・」は、ラズベリーと同期にデビューしたアイドルデュオのSHOESのデビュー曲だったのです。そのデビュー曲を別のレコード会社から、同じオケを使って歌ってしまうとゆう節操無さ・・・。
^^こういうの大好きです。

でも、これが、同じカラオケなので、余計に比べやすく、比較し安いのですが、
ラズベリーバージョンが、かなり、クオリティーUpされてるんですよねー♪
これは、魅せつけてくれましたね~

僕的には、この曲、けっこう評価しますね!!

ビーイング系のクールなサウンドに、ラズベリーの可愛いハーモニーが重なった瞬間、それがスパイスとなり耳触りが、ひじょ~に心地良い^^

ラズベリーといえば、毎回、TVK「カフェシティヨコハマ」には動きがある度に、出演してくれました!(爆)

「愛するフーガ」の後に、ラズベリーから→LAZに改名、「愛しているなら・・・」のPVが収録されたミュージックビデオを通販限定で発売、その後→V,I,Pへ進化しメルダックからCD発売、さらには→ライスガールズとなって行った。

最後まで残ったのは五十嵐美穂ちゃんだけ・・・。

いつも、冷静だった・・・十朱さん
ビジュアル担当・・・後藤さん
大人しそうだけど、いざという時の・・・五十嵐さん

それぞれの個性もあって、マニアにとっては、存分に楽しめた伝説のアイドルグループでした。

「カフェシティヨコハマ」ではB面も熱唱~♪
フーガ2
「愛するフーガ」の初TV披露も、もちろんカフェシティで^^
フーガ1
スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし
まままさん、コメントありがとうございます^^

あえて、カフェシティのアイドルだった!て印象ですよね(笑)

ですね、そのとおりです。
バップは通常邦楽ポップスでしたら、品番がVPDBなんですが、このCDは、品番がVPDOでしたので、委託、買取系からの発売となりますね。
委託、買取まで収集すると、ほんと、底なし沼状態ですよね・・・(苦笑)

スチールなどは、分からないのですが、RAZで出たものは、事務所が制作してイベントなどで手売りしていたものだと思います。ポケットのCDもそうでしたから。友達がイベントで買って来たものを見せてもらいましたから^^
けど、多少~、仕様の割には単価を高かった・・・と記憶しています。
でも、お持ちのアイテムは、凄く貴重だと思いますよ。
数もそう出回ってないでしょうし・・・

ライスガールズの頃は、風貌も変わってて、五十嵐ってわかんない印象ですもんね!

そうですねー、資金力はわかんないんですが、資金がもっとあれば、大手から出せてたハズだと思うので、精一杯やりくりして、やってたんじゃないでしょうか・・・
アイドル冬の時代は、5~6組位集めてイベントとかやるのが主流で、そうするとホール代も折半出来るし、客も入るしで・・・
よく、MCで、「いま、今月のお給料が遅れててまだなんです・・・」とか、言うアイドルもいたので、そう考えると大変な時期だったと思いますよね。(笑)
こんばんは。アップされる曲のスピードが早くて追いつくのがたいへんです。f^_^;


懐かしのラズベリー。自分もカフェヨコでしかみたことがありません。

このCD、バップさん品番が普通のリリースと違ったような。買取〜委託系だったんですかね?CD屋さんには売ってましたけど。

この間お話ししたように、同タイトルのアルバムもあるんですけど、スチール何枚かとCDのセットで、メーカー、レーベル、価格の記載もなし。

何だったんでしょうか?
ネットでも情報なし。
愛するフーガ以外のオリジナル曲も入ってるんですけどね。。

ライブなんかの物販アイテムだったのか、プレスキットみたいな業界向けだったのか今でも謎です。。

五十嵐さん、VIPまでは見かけてたんですけど、ライスガールズってのは知らなくて中古屋さんでたまたま見つけて買いました。これもビクターの微妙な品番だったような。

どれも独特なリリースで、それなりにファンがついてて資金力があったんでしょうかねー?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。