FC2ブログ

堀智子/洗いざらしのTシャツ

デビュー曲のパンチ歌謡でSEXYだった「シーサイドホテル805」もかなり良かったけど、今日は加藤和彦さん作曲で彼女のレコードでは唯一のアイドルポップス作品「洗いざらしのTシャツ」を紹介します。

「シーサイド805」は歌謡曲ラインの作品で、こちらの方は、限りなく80年代に近いラインで作られた、であろうアイドルポップスです。
作家陣が、なんと作曲に加藤和彦、編曲に荻田光雄さんと言うことでニューミュージック系の作家陣を起用。
この組み合わせによって、より80年代に近いアイドルポップスセンスの曲が76年に誕生する事が出来たのかもしれませんね。
当時としては、あか抜けていた楽曲だったと思います。

シンコーミュージックから発刊された「HotWax 歌謡曲・名曲名盤ガイド1970s編」にて「シーサイドホテル805」が、めでたく紹介されてますが、こちらの方もコレクターのみなさんには再評価していただきたい作品ですね。
サビのところの泣きのフレーズがとても切なく、更に曲を盛り上げてくれる。
70年代東芝邦楽ポップスの代表作品でしょう。
IMG_0507.jpg
♯82
お題「洗いざらしのTシャツ」
歌手名:堀智子
レコード会社:東芝EMI
発売:1976年
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント