それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松尾久美子/メモワール

2014.02.09.Sun.13:56
メモワール
・1983年3月作品
・フォーライフ

冒頭、失礼します・・・

♪もう、じきに・・・もう、じきに~春が来るんですね~

もう、じきにもう~じきに~ぃ・・・春が来るんですね~ぇ。♪


と・・・松尾久美子がカバーした「東京メルヘン」は良かった^^
僕としては、原曲超えの出来栄え、早春アイテムの1曲♪


さ~て、松尾久美子さん、まだ記事にしてなかったんですよね。
初登場です。

「メモワール」のサンプル盤は、市販盤より音がイイ・・・何でだろ?・・

83年3月、本作でデビュー!
オリコン最高位、やっとこさの100位・・・
同時発売の小林千絵さんが、99位だったから、この年の3,21デビュー組は、ほんとうに、どんぐり・・・
だったんですね。おもしろい^^

もう、イカニモ・・・フォーライフ顔とサウンドって感じです。

レコードジャケットが、モノクロ仕様だと、シブさも感じます。
(モノクロで正解だったと・・・笑)

ご存知、「スター誕生」出身&吉田拓郎作曲って事で、マニアには話題を振りまきましたね!

キャッチフレーズは「微妙です・・・」
なんとなく、伝えたいコンセプトは、わかりました・・・。

しかし、僕自身彼女の快作は「東京メルヘン」だった・・・と思っているので、その考えると、オリジナルとしては、アルバムまで出ていたものの、個性が出し切れなかった印象・・・

けど、この「メモワール」って時代に流されない雰囲気持ってますよね!
B面の「マイナスLOVE」の方が、すごく、女の子っぽい曲で、A面よりメジャーな感じで、曲の展開もカッコよかったので、個人的には、こちらを推しますね。^^こっちも拓郎さん作曲です。作詞は松本隆さん・・・

ジャケット写真は、シブかったけど、TV衣装の、ブルーのラメっぽいベストを着て歌っている姿は、バーテンダーみたいで、笑った・・・(爆)

事務所が田中プロで、少し先輩には中島めぐみが居て、後輩には佐野量子が居ましたが・・・
佐野のデビューまもなく、事務所が騒動を起こし、マスコミにも取り上げられ閉鎖。
所属タレントとしては迷惑な話・・・

同じ日にデビューした、徳丸純子とは仲が良く、後々の同じ様な、方向性を進む事となりましたね。

こんな感じですかね・・・

※MEG-CDにて、全シングル復刻が実現している。
スポンサーサイト

コメント

Re: No title
ミリンダさん、こちらにもありがとうございまーす^^

♪あんまりーね、あんまりーね、、という所の手の振り付けが可愛かったなー^^

そうだったんですか、大好きな曲でしたか!
長身でしたものね。顔もアイドルっぽくなかったから、やはりモデルで正解だったんでしょうね。
上手く、ニューミュージックへ2年目以降、シフトチェンジすれば良かったんですけどね・・・
「東京メルヘン」で終わりは残念です・・・

僕は、木之内バージョンはテンポが苦手だったんですよ。
しかし、松尾バージョンは、あのテンポにアレンジ、上手く再生されて世に出たと作品だと思います。

ですね・・・僕も、この2曲以外は印象薄かったです。
先日の・・・同窓会、いらして欲しかったですよね!(笑)
No title
コウさん、またまたお邪魔します^^。

「メモワール」は大好きな曲です。久美子さんの声と拓郎さんの独特なメロディーがとてもよく合っていたと思いますね。
100位止まりだったのは残念…。アイドルにしては背が高すぎたのがマイナスだったのかな?当時はモデル系より可愛いタイプの方が受けていたから、ちょっと早過ぎたのかなあ。

「東京メルヘン」も好きな曲です。当時ラジオからテープへダビングして受験勉強中に聴いていました。
♪もうじきに もうじきに 春が来るんですね~と心の中で唱えながら勉強しましたね(笑)。おかげで無事に志望校に合格できました。
「メモワール」と「東京メルヘン」は好きなんですが、他の2曲は久美子さんの良さが伝わらなくてイマイチかな…。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。