それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐智枝美/マーマレード気分

2014.02.07.Fri.02:13
マーマレード
・1980年12月作品
・ビクター

1980年度のラストを飾る、王道のアイドルポップスここにあり・・・

12月という真冬のリリースながら、気分は、すっかり春。^^

「スタア」のチェミイが帰ってきた!
やっぱりチェミイは、これで無くっちゃ!!^^
との、呼び声も高い、理想的な80sアイドルポップスでしたね。
ちなみに、地元大牟田市では・・・誰もチェミイなんて呼んでませんでしたからねー(笑)
ねっ!智枝美ちゃん^^

理想的・・・と言えば、この曲は、親衛隊向きの楽曲で、コールが入れやすい所もポイント!

当時、親衛隊にとって、一番の課題、難題?は、というと・・・
コールをどれだけ上手に、はめ込み安い曲か、そうでないか、、、
も大事な問題点でした^^

いくら、応援の数が多くても、沢山コールを入れられなくては、応援もパワーが届かないんです。
最低、統制はイントロで2回から3回は入れたい、サビ前には、手拍子と同時にジャンプする演出も加えたい。

そう言った親衛隊のパフォーマンスであり、欲求を全て満たしてくれた作品が、この「マーマレード気分」。
だったと思います。

非常に誰にでも、コールし安い、曲展開、構成で作られていますよね。

当時は、親衛隊がコールし安いか、どうか?まで考慮して作られた作品も、けっこう多く、
それだけ、親衛隊にも市民権が有った時代だったという訳なんですよね。

特に、ホリプロさんは、そのヘン、しっかりと考えてあった会社だったと思います。

昔~・・・「フリージアの少年」や「プラスティック」あと、真璃子の曲でコールをやった時、やり辛い事、やり辛い事・・・
トホホでした・・・(苦笑)

あれ、今、この曲、改めて聴くとイントロとノリが「チェリーブラッサム」に似てるな~^^
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: No title
ミリンダさん、こんばんは^^

こちらの方は、今、曇り空ですね・・・
雨は日中降っていました。
気温は、かなり低めですね。
いつもなら、ウォーキングに出かける頃なんですが、今夜は、天候がイマイチなので止めて、ブログ更新やってまーす^^
そちらは雪なんですねー
今日のミヤネ屋でも関西注意警報と言ってました。^^
ご用心くださいね!

コール作戦の曲ありましたね!色々・・・
歌に男性コーラスが入っていると、けっこう狙っている曲もありましたし・・・
ほんと、良い時代に親衛隊が出来ましたよ^^

聴く分には、カットアウトされている曲ってかっこいいんですよね!
僕も優さんの気持ちわかります。ちなみに優さんのその時代の頃、一度、コールしに行ったんですよ。
雨天中止で握手会になったんですけどね(笑)・・・
トーラスレコードとは特に仲良しでしたから^^

竹本さんで一人コールやったんですかー(爆)
あの頃は、親衛隊というは響きがカッコよかったですもんねー!(笑)

誰の時だったか、忘れてしまったのですが、紙テープが目に当たってしまい、それ以降は、紙テープの芯を抜いて投げるようになりましたね。
しかし、そのうちに、紙テープ自体が禁止になる会場が多くなりました。

そうなんですよねー
いろいろ思い出せば、マナーの悪い観客の事もあったと思います。

キョンキョンの新宿音楽祭本選の生たまご事件とか・・・

僕が嫌だったのは、明らかに下から下から撮影しているカメラ小僧をよく注意する事が多くありましたね・・・

No title
コウさん、またまたお邪魔します。和歌山は夕方から雪が降ってきました。コウさんの所はどうですか?

昔はコールを入れるのを前提に作られた曲もありましたねー。
堀ちえみさんの「CHIEMI SQUALL」や岩井小百合ちゃんの「ドキドキハート~」とか…。逆に「めまい3秒」や早見優さんの「Tonight」のような唐突に終わっちゃう曲は困りますよね。「Tonight」は優さんがこういう終わり方にしたいと言ったそうですが…。

以前明星か平凡に竹本孝之さんの親衛隊の記事が載ってたんですが、そこに「俺たちのストリート」のコールも載ってたんです。
一度だけそれを見ながらテレビの前で一人でコールした事があります(笑)。やっぱり大勢でコールした方が楽しいなと痛感しましたね。

80年代後半から公開じゃなくスタジオ収録の番組が増えましたが、臨場感が感じられずつまらなく思えてきましたね。
薬丸さんの著書に、公開番組では客席から石やお金が飛んでくる事もあったと書いてました。レッツヤンでも客が投げたお金がバックバンドの人に当たって大怪我をしたので、しばらくスタジオ収録になったとか…。
マナーの悪い客のせいで公開番組が無くなったんだとしたら悲しいですよね。
Re: No title
ミリンダさん、こんにちは^^

今日も冷えますね~
そちら、雪になるんじゃあないですか。

朝に聴くと爽やかな曲!っていいですよね。
いつか、「朝に聴きたい曲」ばかりをCD特集して作ってみたいですね。

ですね!コールを入れ辛いのは、バラードですね。それから、立てノリってやつですね。
あと、ユーロビートより、テクノ調の方がmやり辛いです^^

あと、「春花ざかり」のようにイントロ無しで始まって、ずっと間奏が無いパターンとか、「めまい3秒」のような終わり方も・・・親衛隊泣かせ、というか迷惑な話ですよね(笑)

演歌では、柳沢純子や神野美伽が最初って説があるんですが、思った程、コールは入れ安いと思います。
しかし、小川順子さんからあったって説もあるんですよね・・・(爆)

もちろん、親衛隊じゃなくても、コールは誰でもかけていいものなんですが・・・
一般ファンがコールをかける時は・・・せーのっ!ooちゃん・・・ですが、
親衛隊では・・・せーーーーのーーぉ!と伸ばす所が特徴ですね。
統制を取る人は、1人って決まってますから、日ごろ、相当、発声練習をやっておくんですよ!
(本番で声が裏返らないように・・・笑)
やっぱりね、緊張します。統制取る時は・・・
しかし、学校や家庭でストレスが溜まって大声を出したいけど・・・
出せない・・・
そんな子とか、ここで大声出すと気持ちいいです!って隊員がけっこう居たのも事実です^^
これは、どうの隊でもそうだった、と思います。
ある種、ストレス解消法みたいな・・・子供なりの(笑)

レディースは、また応援の仕方も別格ですよね~^^

今、僕が思うのは、いったい、いつ頃まで親衛隊って存在していたのかな~って歴史ですね。
誰あたりで、消滅してしまったのか、もしご存知の人が居たら聞いてみたいトコですね。
No title
コウさん、こんにちは。今日も寒いですね。

「マーマレード気分」は朝に聴くと一日中さわやか気分で過ごせそうですね。「ミス・ファイン」や「スターダスト・メモリー」とか冬でもさわやかな曲って私のツボなんです^^。

コールを入れやすい曲とそうでない曲があるんですねー。確かに「フリージアの少年」は難しそう。智枝美さんの曲だと「いつでも答えはYESなのよ!」や「Si、Si、C!」はコールを入れやすそうですね。ちえみ繋がりで堀ちえみさんの「稲妻パラダイス」「さよならの物語」、キョンキョンの「まっ赤な女の子」もコールが凄かった記憶があります。懐かしのVTRで昔の歌番組が流れると、うちの子供達は「親衛隊のコールすっげー!」と驚いてますね^^。

逆にコールを入れにくいのはスローバラード系の曲でしょうか?「青春の忘れ物」や「「哀愁情句」は素人から見ても難しそうな気がします。堤大二郎さんの「花はおそかった」はコールがあったような覚えがあるんですが、これも難しそうですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。