それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原千晶/砂のスクリーン

2014.02.03.Mon.04:02
原千晶さんの歌手デビューシングルです^^

95年クラリオンガールに就任、そして、おまけに付いてきたCDデビュー。(笑)

デビューまでの活動経緯は、テレ朝「トゥナイト2」でドキュメントが放送されていた。
しかし、TVで歌わせてもらえた記憶は無いんだな~^^

キャッチフレーズは「ブラック・ドルフィン」(シブっ!)

ご本人いわく、日本で一番売れなかったCDと・・・酷評。^^

いえいえ、千晶さん、そんな事ございません・・・
もっともっと、売れてないCD山ほど知っております。ご安心を(笑)

だったのですが・・・発売から数年後、雑誌「お宝ガールズ」の方から、このCDが手に入らないので、借してください!
との依頼がきました・・・。
やっぱり、それだけ数が出てないんでしょうね。
(もちろん、借したCDも誌面に掲載。)

CDジャケットに、わざわざ、グランドデビュー!と銘打っといて、たった1枚は無いやろうー!

しかも、ご本人も、そこそこやる気ありましたよー!取材の時などは・・・

歌は、あんまりお上手じゃありませんでしたが、クールに、かっこよく歌い切った印象で、サマになってました。
一度くらいは歌ってるとこ観たかったな~

僕が中学校1年生、入学して1週間で、付き合った女の子が千晶さんタイプだったので、なんか・・・妙に・・・
デビューされた時は、親近感があり、大プッシュしていました^^
バカ!ですよね・・・(笑)

また、この年にビクターからCDデビューした女性アイドル系は、いわば乱発デビューとなった年で、彼女をはじめ・・・ピンキーピンキー、原のり子、松宮麻衣子、かずみ彩、須賀響子、村田和美、雪丸美歩、菅野美穂、雛形あきこ、それに、KOTONEや千恵美なんてのも入れると、相当数で、とてもバラエティーに飛んだラインナップでした。
その中でも、95年度、第1号新人が彼女だったんです。


また、CDは1枚ポッキリだったものの、95年4月にビクターより発売されたソングビデオ「TEARS」には、新曲として、スティングのカバー「De DoDoDo De Da Da Da」が収録されている(未CD化)

ビデオの本編では、涙するシーンをあり、歌、そして仕事に対する熱の入りようを、グッ・・・と伝わってくる場面もある。
砂のスクリーン
1994年作品/ビクター

レコードキャンペーンで、営業所を訪れた際に、宣伝用ポスターに書かれたサイン・・・
千晶ポスター
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。