それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野村宏伸/ボビーにRock´n Roll

2014.01.27.Mon.02:32
さ~て、何って・・・書こう。。。
けっこう思い入れのあったアイドルに関しては、何って書いたらいいか、迷っちゃうんですよね~^^
てか、アイドルではなくて俳優さんですが(笑)
僕的にはCBSソニー時代は、ルックス、歌声共に、完全にアイドル枠です(笑)

確か、業界的には、野村のヨッチャンに続く、男性アイドルLPデビューという事で、ちょっぴり・・・大きく出てしまったスタートでした^^

当時、彼がデビューしたての頃、レコード店にポスターが貼ってあり、店員さんから・・・そのポスターを眺めながら、

「似てるね~^^」

って言われた事がありました。

正直・・・あんまり嬉しくなかったですけどね。当時は・・・(苦笑)

そんな思い出も遥か、遠い、何百年も前の事みたいで(笑笑)



さーて、野村さんは、1965年5月3日生まれ、19才でレコードデビューだったんですね・・・

好きな俳優さんは、松田優作さんで、別に・・・薬師丸ひろ子のファンでは無かったらしい。
野村さんらしいですね。(笑)


性格は・・・のんびり屋のマイペースさん。^^

本作は角川アニメ「ボビーに首ったけ」の主題歌で、声優も担当。
映画の主人公同様、野村さんもバイク好き。
歌は別に歌わなくても良かったらしい・・・
ボビー3


歌に意欲を示し始めたには、ビクター時代からでしょう。

それでも、ソニー時代にシングル3枚に対し、アルバムも3枚って・・・ちょっと贅沢な。(笑)

実は、「ボビーズ・パーティー」という8曲入りアルバムで、85年2月にデビューしている訳なんですが・・・
プロモーション用としては、この時点で、リッパなシングル盤が出来上がっていたのです。

それが、こちら・・・
ボビー1
シングルA面が本作で、B面がアルバムのラストに収録された「ストライプの雨の彼方」が収められている。
まるで、市販品並みの作り、しかも、ハードジャケットの仕様。
発売されてても、ちっとも違和感ないでしょ。
しかし、非売品なんです・・・
ボビー2
こちらが裏ジャケットです。


本作とプロモーション盤のB面「ストライプの雨の彼方」は、薬師丸ひろ子と共演した際、「メインテーマ」の作曲者でもある南佳孝が両面作曲を担当。
作詞:松本隆、編曲:大村雅朗が担当している。

特に、ソニー時代は、正直・・・歌こそ上手く無かったが、どの作品もストーリー性に優れていたものが多く、時代に乗っかったサウンドもカッコイイものが多い。

ただただ、せいいっぱい歌いこなしている野村さんの歌声も、今聴くと、哀愁フレ~バ~、た~ぷりで、キュン!と来ちゃいます。

本当は、「ウインクキラー」も紹介したかったんですが、時期的に、もっと暖かくなってから、かな~^^

1985年作品/CBSソニー(角川レコード)
スポンサーサイト

コメント

Re: No title
ミリンダさん、どーもー^^

あははっ!^^ですね・・・
まず、あの貫禄で内野さんの方はアニキに観えちゃいますよね!(笑)
野村さんは、昔っから、主役を引き立てるのに、いい役やるタイプなんですよね・・・
その辺りのポジションを昔っから好きです。

元;Lipsのムードメーカー、加藤貴子もいい女優さんに成長しましたね。

ちょっと・・・手持ちのCDで調べてみたんですが、「ボビー・・・」ともう1曲の方のタイトルは、「And I Love Her」ですね。これはデビューシングルです。形式的には「ウインクキラー」はB面なんですよね。当初は・・・こっちが有名に、あっ話題に、なっちゃいましたが・・・^^

Amazonにて「野村宏伸ゴールデン★ベスト」で検索をかけていただくと、ひととおり試聴出来るようです^^
No title
コウさん、またまたお邪魔します。

コウさんも「とんび」観てたんですね^^。あの坊さん役は本当に良かったですよね!なまぐさ坊主なんて言われてましたが(笑)。奥さん役の加藤貴子さんとはすごくお似合いだったと思います。それにしても宏伸さんの方が内野聖陽さんより3歳も年上には見えないですね。

宏伸さんの曲は「ボビー~」とタイトルがわからないんですがサビが♪Darlin' kiss me~と歌ってるのしか知らないんですよね。「ウィンクキラー」は代表曲らしいので聴いてみたいです。それにしてもコウさん、宏伸さんに似てるとは…メッチャ男前じゃないですか^^。

Re: No title
ミリンダさん、こちらにもありがとうございます!

お~、松本隆×野村宏伸・・・凄い、分析しましたね!^^
確かに、北川くんも彼も、ぶっきらぼう歌唱でしたよね。

「ウインクキラー」は、野村宏伸バージョンの方は、完成度は高かった・・・と自分は評価しています。
シングルで切ってますし、サウンドの充実感も含めて。
是非、聴いて欲しいですね。
今となっては、彼の代表作ですものね!(笑)

おっしゃるとおり、僕は、彼のガツガツしていないキャラクターがとても好印象だったんです。
「うさぎとかめ」だと、ぜったい「かめ」のタイプですよね。
マラソンだと、長距離ランナータイプかな・・・

その結果が、今の俳優人生にも繋がっているんだろう~と思っています。

「せんぱーい」も懐かしいですねっ^^

僕も、「とんび」観てましたよ!
その前に爆報で、彼を取り上げて、再起にかける経緯のところから観ていたので、ドラマ観た時は、
なぜか・・・
泣けてきましたね~。
主役クラスでは無かったですが、すごーく重要な役柄でしたよね。

演技も、更に、いい味が増して、ビジュアルが、アメリカの俳優さんみたいな歳の重ね方だと思いました~^^

さて、今年は、あの「メインテーマ」から満30年になるんですよね!。
デビュー30周年という事で、ご本人も「思い出になるようなものをやりたい」との事です。^^
No title
コウさん、またまたこんにちは。

宏伸さんの歌声って松本先生の歌詞とすごく合っていたように思います。北川剛さんもそうでしたが、ちょっとぶっきらぼうな歌い方が良いんですよねー。「ウィンクキラー」はキョンキョンのバージョンしか聴いた事が無いんですが、あの難易度の高い曲を宏伸さんがどう歌いこなしているのか聴いてみたいです。

デビュー当時はあまりガツガツしてなくて淡々と仕事をこなしてるように見えたので早く辞めるんじゃないかと思っていましたが、未だに現役とはわからないものです。「教師びんびん物語」の榎本役は可愛かったなー^^。昨年の「とんび」の僧侶役もすごく良かったです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。