それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大西ユカリ&平松邦夫/ウェルカム大阪・ざんざ大阪

2014.01.25.Sat.01:22
今日は、久しぶりに大阪関連の歌を紹介します~^^

暖かくなったら、ぶらり・・・大阪行きたいです。(笑)

尼崎市出身で、元アナウンサーの平松邦夫さんと、富田林市出身の大西ユカリさんとの企画CDです。
と、いうか大阪観光案内の歌でっす~^^

本作は、2009年4月発売。
この曲の経緯は、平松さんが大阪市長をされていた時期にリリースされたもので、元々、知り合いだったユカリさんに、
平松さんから「大阪が元気になるような歌を作って欲しいー」

・・・との発注があり、誕生した友情ソングであります^^

大西ユカリさんは、関西在住、大阪の街を、こよなく愛す歌姫・・・。

「平成のゴッドねぇちゃん」!!

との異名を持ち、通天閣劇場など、地元の人たちからも愛されている存在。
特に、昭和歌謡のメロディーを重視した作品が多いのも特徴の一つで、

女版・・・横山剣!!

・・・と、呼んでもクレームは、無いハズ^^

一方、平松さんも、「歌は素人ですが、大阪の為なら、人肌脱ぎます・・・」と、意欲満々で挑戦。

お初天神・・・USJ・・・
キタに・・・ミナミに・・・御堂筋・・・

海遊館、大阪城、通天閣に新世界・・・と、、、

切り無いくらい・・・観光スポットがちりばめられている歌詞にも注目^^
ざんざB
2009年作品/OSAKA元気!レコーズ

カップリングに収録されている「ざんざ大阪」はユカリさんのソロボーカルに、ET-KINGがラップで参加したもの。

実は、この曲はカバーで、僕はオリジナル未聴なのですが、1977年に幻の音頭取り・・・とも言われてリスペクトされている、らしい・・・の山中一平さんが歌ったものが原曲との事。
大阪では、ちと有名な音頭ものらしいです・・・

僕の好みとしては、「ざんざ大阪」の方が、さわやかなアレンジで、僕がイメージする大阪の空や町並みが、こちらの方がイメージ出来たので、特におススメです^^

原曲聴いてみたいなっ・・・

両面のジャケットデザインも、お土産売り場に、あってもイイなー
くらいのノリも素敵です^^
ざんざC

今回このCDを取り上げたのには、もひとつ理由があり、、、

来年、大阪の道頓堀をプールにしてしまおうー・・・という件。

もう、ご存知の方も、いらっしゃると思いますが、2015年、夏開業も目標に構想が始められているのです。

もう~、正直・・・これも聞いた時は、まるで夢のような話で、リアル感が無かったんですよねー

信じるとか・・・信じないとか・・・
賛成とか・・・反対ではなく・・・

ものスゴイ、計画だと思いますが、
あの風景は、大阪を挙げるに代表的な観光スポットですよね、
古き懐かしいものや、情緒を愛する大阪人のハズなのに、いさぎいいな~という感じで・・・

道頓堀プールサイドアベニューと題し、世界には類を見ないスケールの一大リゾート計画。
全長800mの長大なプールを構造、オフシーズンには観光船を浮かべたりするそうです。


が・・・・

さて、実現なるか??

とても、楽しそうな発想ですが、僕は、もし着工が決まったら、今の景色が変わる前に、ぜーったい行きたい!
ですね^^
ざんざ大阪A
さて、パラダイスとなるか・・・
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。