それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳本美代子/シャ・ラ・ラ

2014.01.19.Sun.00:28
こん@@は^^
今日は、ミッチョンの「シャ・ラ・ラ」という曲を紹介したいと思います。
この曲は、B面なのですが、個人的にミッチョンのB面曲の中で、一番好きな作品なので、スポットを当ててみる事にしました。

ミッチョンについて、少々・・・

数字の上では、テイチクレコードでは唯一、成功したアイドルという事になります。
これと言って、一般的には代表曲こそ無かったものの、人気を保つ・・・というレベルでは、彼女の持つ、ひょうきんで、嫌味の無いキャラクターも大いにあったと思います。

しかも、リリースを重ねる毎に歌が上手くなっていった辺りも評価すべき点の一つでは、ないでしょうか?

僕の、中学時代からの友達で、けっこうアイドルファンなのに、アイドルに厳しかった友がいます・・・

売れない時は好きなんだけど、ブレイクした途端、熱が冷める・・・てヤツでしょうか。
そんなタイプの友達だったんです。^^

しかし、その友達が唯一、「この人は売れても好き!」って言ったのが・・・芳本美代子だったんです。
なんか、ミッチョンの持つ、キャラクターってスゴイんですね~
考えたら、ミッチョンがキライだ!って人、あまり聞いた事無いかも・・・



さて、「シャ・ラ・ラ」の話の方に戻りましょう・・・

実は、この曲・・・9枚目のシングルA面として、当初、予定されていた楽曲だったんです。

87年1月に配布されたテイチク新譜オーダー表までは、A面の表記がありましたので、直前で、入れ替えが行われた・・・という事になります。しかし、B面は「ヴァ二ティナイト」と書いてなかったようなので、もしかすれば別の曲を用意されていたのかもしれません・・・

この時、A面になったのが「ヴァ二ティ・ナイト」です。この曲は久保田利伸さん作曲でしたので、87年は、いわば久保田さんブレイクの年!
話題性も考慮しての、入れ替え戦略が行われたのであろうと推測しています。

一方、「シャ・ラ・ラ」の方は作編曲ともに山川恵津子さんが担当。
ミッチョンと山川さんとの相性は◎だと思います^^

とても、春っぽい、メジャーポップスで、アレンジの手法が、同じ時期に製作された、渡辺満里奈の「マリーナの夏」に弱冠、、似た雰囲気を持つ・・・

春風にの・せ・て

シャ・ラ・ラ・・・♪♪♪

と、思わず口づさみたくなるよーなフレーズ♪

結局、このナチュラル路線は、翌年の、「恋するブランニューデー」そして、アルバム「ミス・ロンリーハーツ」へと開花してゆく事となり、また、A面「ヴァニティ・ナイト」の方もシングルとしては、彼女にとっての分岐点作品ともなり、
これ以降・・・先輩の秀美唱法へとビジュアル面、共に、シフトしてゆく方向性となります。

そう考えると、ある意味、このシングル両面は、彼女にとってのターニングポイント作品であり、その後の彼女にとっても大きな位置づけの役割を果たした曲と言う事にもなる訳なんですね。

今年の春は「シャ・ラ・ラ」してみませんか・・・^^
シャらら
1987年作品/テイチク
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: No title
ミリンダさん、コメントありがとうございます^^~

「コンプリート80sシングルズ」あのベスト盤は、ほんと良かったですねー。
あれが出たおかげで、「シャ・ラ・ラ」がようやくCD化したんでした^^
それまで、アルバムにも未収録だったもので・・・

もう、あのベストが出てもう10年もなるだなんて・・・速いもんですね。

しかし、良いですね。
ご夫婦で共有できる音楽があるという事は、^^
生活を共にしていると、音楽の趣味が合うに越した事はないですもんね!

ご主人、ミッチョン好きだという事は、きっとミリンダさんも、ミッチョンみたいに周囲を明るくしてくれる、ひょうきんなキャラクターなんでしょうね・・・(笑)

僕はですね、ミッチョンのシングルで一番好きな曲は「心の扉」と「涙のイアリング」なんです。
ちょっと、タイプの違う曲なので、どっち?!て決められないんですが・・・^^
今でも、この2曲は冬から春にかけてよく聴いています♪

ありがとうございます「シャ・ラ・ラ」への感想を、そう言ってもらえると嬉しいですね^^
また「シャ・ラ・ラ」聴いてくださいね!!

「BAD BOY]はスマップが司会していた番組で歌っているのを一度観ました・・・

No title
コウさん、こんにちは^^。

うちの旦那もミッチョン好きなんですよねー。以前私が買った「コンプリート80’sシングルズ」を「通勤中に聴くから貸して。」と持って行ってしまいました(笑)。旦那のイチ押しは「Auroraの少女」です。

個人的には「Auroraの少女」までは捨て曲無しだったと思います。特に「心の扉」~「青い靴」~「Auroraの少女」の流れは完璧だったと思いますね。でもそれ以降の曲は「?」と思う事が多くなってだんだんミッチョン熱も冷めてしまいました。「シャ・ラ・ラ」は「コンプリート~」で初めて聴いたんですが、こっちをA面にしてほしかったとつくづく思いました。「ヴァニティ・ナイト」の方が話題性やインパクトがあったかもしれないけど、無理して歌ってる感じがしてあまり好きじゃないんですよね。「シャ・ラ・ラ」の方が違和感無く聴けて好きです。
「コンプリート~」を聴くと後期の曲も結構良いのがありましたね。特に「涙のイヤリング」と「サカナ跳ねた」は良かったです。「BAD BOY…」は凄く難しい曲ですが、テレビで歌う姿を見たかったですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。