それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森田日記/乙女ちっくブキ

2014.01.06.Mon.02:19
森田日記さんは、74年に「燃える想い」でRVCからレコードデビュー!
担当ディレクターは当時、西城秀樹をやっていたロビー和田。

愛称はニッキー。

アレッ?~
レコードに針を落とした瞬間、、、
男性歌手かと・・・思わず・・・。

パッと見、真鍋ちえみさんのプロトタイプのような人・・・
ですが、もっと真鍋さんより本流。

当時を知る人によると、森田日記=オトコオンナ
・・・と言われていたそうです。

かなりユニセックスなイメージも強く、身長は172センチ、目標は同じレコード会社の先輩:和田アキ子という事でした。
シングル盤が3枚発売されており、その中でも、このセカンドシングル「乙女ちっくブギ」が一番、男らしかった・・・

あっ、ちなみに日記さんは、女性です^^

よく、中古屋でも男性コーナーに入ってることもシバシバ・・・(苦笑)

かなりの低音声で「それでもあんた持ってんの?」

・・・なんて、言われたらドキッ!としますよね。
かなり、当時とすれば、奇抜というか、ハレンチというか、、

爆発した歌詞にもご注目!!^^
何を?・・・
持ってんの?

って、ナニ?がわかってても、日記さんに、そこを突きたいところなんですが・・・
エンディングの歌詞に・・・

「たま」には男にほれたいじゃん~
「たま」には男にほれたいじゃん~

・・・と2度、連呼!!

言っちゃった~^^

この作詞:竜真知子さん(笑)

一応、ブギって事なんですけど、今聴くと、バリバリのディープ歌謡ですね~♪
なんて、ダサカッコイイ作品なんでしょう。再評価を!

現在は千葉県を中心にジャズシンガーとして活動。
乙女ちっく
1975年作品/RVC
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。