それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉美加/シューティング・スター

2014.01.04.Sat.00:12
89年に歌手デビューした、千葉美加のプレデビューシングルの紹介です。

ハッキリ言って、千葉美加をアイドルポップスとして楽しむとするならば、プレ盤でありながら、これが一番ベストな作品だったりする。

この曲は、正式デビューの半年前、88年12月に発売。
今、考えてみると、別に「シューティング・スター」でデビューでも良かったんじゃないの?
・・・と言いたくなる始末。

彼女は、ホリプロ・ザ・1986オーディションにてベストボーカリスト賞を受賞。
その頃から、眉毛が特徴な女の子でした^^

同、オーディションで入賞した伊藤美紀、仁藤優子は、その翌年にレコードデビューしたものの、彼女に至っては、レコードデビューまでの道のりは永く、3年待たされ、満を持して実力派シンガーとしてのデビューとなりました。

伊藤や仁藤ラインの作品を待ち望んでいたファンも多く、本作が発売された時点で、正式デビュー以降は、それ以上のものを!と期待していました。

ところが、時代はバンドブーム全盛、アイドル冬の時代突入と、彼女のやる音楽は次第にロックへ・・・
がっかりしたファンも多かった。
歌唱力でいけば、89年組アイドルでは、1,2を争う歌いっぷりでしょう。

本作の、聴きどころ、それは、デビュー曲以上に、彼女のアイドルポップス性に唯一触れることが出来る作品というところが魅力・・・
両面の作編曲を全て手がけた、鳥山雄司の力も大評価したいプレ盤にして大物作品。

ご本人、このレコードジャケットは、「こっ恥ずかしくなる」との事(笑)

いや、サイバーコップの美加ちゃん、胸を張ってカッコイイと僕は思いますよ!!^^
B面「IN TO THE NIGHT」も、必聴!!
<
/span>シュー手イング
1988年作品/CBSソニー
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: うーん
ジャムさん、こんばんは^^

ジャムさんも、すごーく研究熱心な方なんですね・・・(笑)

89年組では、特に歌が上手くてパンチのあるアイドルでしたね!
なので、余計にロックとか難しい曲を歌い事になったんでしょうね。

昔、夜もヒッパレに、マルシアと田村英里子と彼女が一緒に出てて同窓会みたいに、なった事を憶えています・・・^^

ですね・・・その後、流行するガールポップ系の枠ですね。

また、遊びにいらしてくださいね!
うーん
歌上手かったですよね。
確かにロック色の強い曲をよく歌っていたかも・・・

声質的に、森川美穂や松田樹利亜っぽいパンチを効かせて歌うパワフルなボーカルでしたよね。

路線的には完全にガールポップのくくりのような気がするのですが。。

確か本人も本物志向で小比類巻かほるを目標にしてたとか言ってましたね。

Re: No title
ミリンダさん、こんばんは^^

大プッシュされての待望の歌手デビューでしたが、同期で同じレコード会社だった、中山忍や河田純子と比較すると、やっぱり印象が弱かったような気がしますね。
しかも、デビュー曲が5月で、セカンドが翌年の3月だなんて・・・
一押しだったら考えられない事ですよね。
歌はあんなに上手かったのに。

なんか、素材を上手く生かしきれてない感じで残念でしたね・・・
No title
コウさん、こんにちは^^。

歌手デビュー前から雑誌やドラマに結構出ていたから今頃歌手デビュー?と思いましたね。どうしても新鮮味に欠けるというか…。でも歌は上手かったですよねー。後に台湾でブレイクしたのもわかる気がします。バンドブームの頃だから仕方がないんですが、1曲ぐらいキャピキャピのアイドルポップスも聴きたかったですね。でも「風を感じて」のカバーはやめてほしかったなあ…。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。