それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水谷大輔/風よ急げ

2014.01.01.Wed.23:58
80年代では数少ない「スター誕生」出身の男性アイドル。

このブログでは2度目の登場ですので、デビュー曲「星屑海岸」の記事と合わせて読んでくださいね^^

水谷大輔さんは、レコード会社がCBSソニー、事務所がボンドというエリート歌手で、81年男性アイドルが優勢だった年にデビューしたアイドル。

ルックスが、同期だった松村雄基に似てたり、竹本孝之に似てたり、、とどちらにしても当時の流行顔を数人、混ぜ合わせたようなルックスが印象的でしたが、一番のウリは、81年男性アイドルでは1,2を争う歌唱力の持ち主であった事でしょう。

もう、その歌声は、ニューミュージック歌手の域に・・・

本作は、セカンドシングルで、81年11月のリリース。
本人も出演していたドラマ、TBS「消防官物語 風に立て」の主題歌として起用、作家陣は、デビュー曲同様、阿久+都倉コンビによるもので、イントロがデビュー曲と瓜二つなのにはビックリ!!

1フレーズ目から、「蒲田行進曲」しちゃってます(笑)

B面「ローズマリーの坂道」では、バラードに挑戦!
彼は「スター誕生」の予選にて岸田智史の曲を歌っており、その岸田のイメージを生かしたボーカルと曲調になっており、難度高い作品を見事に、聴かせてくれている。
もっと、わかり易く曲を紹介すると、徳永英明が歌っていた「輝きながら」に近いタイプの作品で、癒し系とも言えよう。

これだけ、アイドル歌手以上の声を持ち、アルバムタイプの歌手だったにもかかわらず・・・たったシングル2枚で、アルバムなし・・・とは・・・
彼を手がけた大手レコード会社と事務所の責任は大きかったハズ・・・

昨年、ソニーのオーダーメイドファクトリーよりシングル2枚(全4曲)復刻が実現している。
風よ急げ
1981年作品/CBSソニー
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。