それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桑田靖子/マイ・ジョイフルハート

2014.01.01.Wed.04:05
あけましておめでとうございます^^

今年も、遊びに来てくださいね!・・・

2014年の始まりです。うきうき、わくわくしないとですね。(笑)

本年、1発目は、
桑田靖子さん「マイ・ジョイフル・ハート」でスタートです♪

マイジョイフル
1984年作品/東芝EMI


僕が、2014年、一番最初に再生した曲は、こちら!!^^

丁度、このレコードが発売になって今月で、満30年・・・になるんですねー。
早いものです。
この曲も、その歳月を感じさせない位、薄れてないなー

84年1月発売、4枚目のシングル。
これは、靖子さんの曲で僕が一番好きな曲なんです。

当時の、彼女自身のモットーが・・・
いつも、笑ってられれば、幸せ・・・
いつも、明るく、そして歌の心を広げていきたい。


そんな、彼女にピッタリのナンバーだったと思いませんか?・・・^^。

デビュー年明けの作品でもあり、前3作、攻めの靖子から・・・トンネルを抜けたかのような、ナチュラルな靖子の幕開け的ソングでもあった気がします・・・

うん、前3作も悪くない・・・
しかし、この伸びやかさもステキ。^^

彼女が目標としていた歌手、岩崎宏美のデビュー初期に匹敵する、声の伸びは、名版「ラグジュアリー歌謡」でもレコメントされてあるとおり、「桑田靖子の声を表通りにひっぱりだした佳曲」だと、僕も思います。

また、彼女にとって、初の来生コンビによる作品で、アレンジは馬飼野康二が担当。
来生コンビの作品で、ここまで爽やか度、メジャー度が高い作品というのも、凄く希少だった気がします・・・

1月、朝、始まり、楽しい、爽やかさ・・・などを連想させる作品。

まさに、桑田靖子の未来を感じさせてくれた曲でもありました・・・

ちなみに、九州では日専連のタイアップが付いていたんですよ^^

僕と、出身も、星座も、そして血液型も同じ靖子さんの30周年アルバム「アナタノウタ」も昨年、10月リリース!
聴いてみましょうね!

できれば、本作が収録されたサードアルバム「バケーション」も早く復刻して欲しい限りであります^^
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: 日専連劇場
えっちゃんマンさん、、、

わー!こちらの方にもコメントありがとうございます^^

「うるとらマンボウ」懐かしいですねっ。
わっ、ローカルネタ(笑)

ありましたね~そう言えば、代理司会!^^
おっ、そうでしたかー
本名を・・・(笑)
それはウケますね~

僕は、彼女がこの番組のレポーターやってた時、「脱プラトニック」が流れ出した時が、笑っちゃいましたよ~^^

「日専連」です。はい。
「マイジョイフルハート」に継ぐ、「日専連」コマーシャルソングが、岡村有希子「雨上がりのサンジェルマン」だったんですよ^^

知ってますよ!

それ!

「日専連劇場」(これまた、ローカルネタで・・・^^)
確か、低音の紳士的な声で「日専連劇場ー」ってMCが入り、熊本市内にある、本能寺の山の上にある加藤清正像が映しだされて、提供が入るフリでしたよね・・・
なんて、マニアックなネタでしょう(笑)
しかし、懐かし過ぎる・・・^^
日専連劇場
「マイ・ジョイフル・ハート」いい曲ですよね~。
ところで私が桑田靖子で思い出すのは、たまたま見ていたKBCテレビ→九州ブロックの「うるとらマンボウ」で、靖子さんが代理で司会をしていた時、オープニングで一瞬、間があって「あっ、今、本名を言いそうになった」これにはウケました。どうせなら”さえこ”とでも言って欲しかったです(笑)。

ほう、この曲には「日専連」のタイアップが付いていたのですか~。
私が「日専連」と聞くと思い出すのは、RKKテレビ土曜夕方5時の「日専連劇場・ヤンヤン歌うスタジオ」です(誰がわかるんだ・笑)。
Re: No title
ミリンダさん・・・
あけましておめでとうございます^^

こちらこそ~今年もよろしくです。

僕は素直に、今年1発目は、この曲からだ~と決めていた曲でした。
好みが一致して何よりです。

これは、本当に聴いてて気持ちいい、名曲ですよね!^^

ミリンダさんにとっては、高校入試時期の思い出の1曲だったんですねー(笑)
3曲とも、爽やかな曲揃いで・・・
歌詞もぴったりだったようですね~^^
No title
コウさん、あけましておめでとうございます♪今年もよろしくお願いします。

さて新年一発目の「マイ・ジョイフル・ハート」は私も大好きな曲です。前作の「もしかしてドリーム」はサビでメジャー調に変わる所が好きでしたが、この曲はそれ以上にさわやかで、靖子さんも楽しそうに歌っていて個人的には最高傑作だと思います。この感じでいってほしかったんですが、またマイナー調の曲が続いてちょっとガッカリしました。特に85年はこのままアダルト歌謡路線になっちゃうのかなと心配していましたが、翌年に爽快な「JUST」が出てほっとしました。

「マイ・ジョイフル~」がリリースされた頃はちょうど高校入試直前でした。無事合格してまさに♪雨のち曇りのち晴れて~な気分でした。この曲と聖子さんの「Rock'n Rouge」と奈保子さんの「微風のメロディー」を聴くと、受験が終わった後の爽快感を思い出しますね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。