それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷ちえ子/花の女子高数え歌

2013.12.25.Wed.17:14
なんか今思うと、すごく企画物色の強いタイトルでデビューでした、谷ちえ子さん。

これも、ディープ歌謡ファンのツボを推す、要注意歌謡です^^

谷さんは、スター誕生、第47号歌手で、榊原郁恵さんがコロムビア一押しだった年に同じくデビュー!
民謡が得意だった少女でしたが、そのルックスからか、素直に演歌路線ではなく、いきなり歌謡ディスコで登場!

決戦大会時の風貌とは、イメチェンを果たし、ホットパンツ姿に、髪は茶髪で髪を振り乱しながら歌い踊ってくれました。実は、ピンクレディーと所属が同じ事務所だった・・・という事もあり、ポップス路線で売り出そう!という事になったようですね。(歌っている時のお顔は、マキ上田に似ていた(笑)
オリコンでも、最高位84位とスマッシュヒットを記録。

歌は抜群に上手かった!後に出てくるディープ歌謡の最高峰「三味線師ロンリーブルー」のモチーフになったような作品で、リズムがソウル、ファンクしているのに対して、コテコテの民謡の節回しが入る(それでもこぶしは押さえ気味だったハズ・・・)、その絶妙さがたまらない・・・
異色歌謡。決して演歌ではない。
これが当時としてはナウかったのかも・・・(笑)

ロングヒットにより、ジャケット写真も2種類存在し、この写真の衣装でTVでは歌ってくれていました^^
唯一、発売されたアルバムでは事務所の先輩、ピンクレディーの「ペッパー警部」も大胆にカバー!
現在、コロムビアオンデマンドより復刻され入手が可能となった・・・。^^
花の女子高
1977年作品/日本コロムビア
スポンサーサイト

コメント

Re: No title
ミリンダさん、こんばんわー^^

谷ちえ子さんは、ディープ歌謡レベルではアイドル歌手なんですが、やっぱり、どっちつかず・・・だった印象ですね。けっこう僕は、どっちつかずの歌手の人は好きなので、ツボではあったんですが(笑)
確か、シングルは4枚出てたんだったかなー

このレコードを見て、「スター誕生出身者」って一言でくくっても、その幅の広さ、奥の深さを感じますね・・・
セカンドシングルだった「私はシンデレラ」の方がアイドルしてましたね。そのB面は、やりたい放題でしたけど・・・(笑)
No title
コウさん、こんばんは^^。

この曲を初めてテレビで見た時の衝撃は忘れられないです。ペッパー警部の時より衝撃的だったかも。当時は笑わせたいのかマジなのか何を狙っているのかさっぱりわからなかったなー。あと♪ヒロミ~のバックコーラスがコワかった(笑)。今だとなかなか凝った作りの曲だなと思えますけど、当時は「私はシンデレラ」の方が好きでしたね。サラッとし過ぎててインパクトに欠けますが。最近はこういう面白い試みの曲は無いですね…。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。