FC2ブログ

坂上とし恵/黒い瞳

昔は、NHK「レッツゴーヤング」サンデーズから飛び出したフレッシュギャルとして有名、今は野々村誠夫人として有名。
この年、務めたサンデーズ組では、最後のデビューでしたね・・・

この曲は、デビュー曲「き・い・てMyLove」に続く、第2弾で、まずまず好評だったデビュー曲路線を、そのまんまの素材を生かしたロリータ風なソング。

岩崎宏美のデビュー曲「二重唱」のサビの部分をメルヘンチックにしたサビメロが印象的。


なんと言っても、とても大きな、まんまるの黒い瞳だった彼女を直にアピールしたようなタイトルとジャケット写真。

デビュー曲のジャケットの写り具合が石野真子似で、このセカンドシングルのジャケットは、しばたはつみに似てる(笑)

彼女の素材は、その後、レッゴーヤングのサンデーズでは成清加奈子が受け継ぎ、所属事務所だったナベプロでは、ゆうゆが後継者となり大成功。・・・^^

やっぱり、なんだかんだ言っても、坂上とし恵の曲は「き・い・てMyLove」が大好きだ!
・・・と言ってるアイドルファンが、大好きだけど聴き過ぎてしまい、ちょっと気分転換にイイのが、この「黒い瞳」
だったりする♪

僕は、素人目から、感じてる事なんですが、80年代初期のアイドルポップスは、テクノ系と呼ばれるアレンジャーさんが手がけていたか、いないかで、現在の耳の感覚で、

極上度、おしゃれ度、あか抜け度・・・

と、いったこの3拍子が随分違って来てると思う人間なんです。

そんな意味では、坂上とし恵のポップスの世界は3拍子揃ったセンスだったな・・・と再評価したいアイドルのひとりですね。

アルバムが出てないのが不思議・・・
黒い瞳としえ
1982年作品/ビクター
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

コウさん、こんにちは^^。

とし恵さんの声質ってすごく特徴があるので、曲によってはイジワルっぽく聴こえたりもするんですが、「黒い瞳」と「ラストキッス」はそれが気にならずに自然と耳に入ってくる感じで好きですねー。アルバムが出てなかったとは意外でした。70年代はナベプロ所属=売れるというイメージでしたが、80年代前半はとし恵さんも水野きみこさんも沢田富美子さんもあまり売れませんでしたね。なんか急速に勢いが無くなったような印象を受けました。後に吉川晃司さんで多少盛り返しましたが。

Re: No title

ミリンダさん、コメントありがとうございまーす^^

よく言いましたね!(笑)歌もキャラクターもイジワルっぽく見えてしまうタイプだと思います。
その後の彼女の言動を観てても(笑)

いつも、僕が思いつかないような表現的フォローナイスです^^!

水野きみこの「夢見るアニー」より、「き・い・てMyLove」の方がオリコンでも売れてますので、秋から冬にかけてはナベプロアイドルの1番バッターとして、この「黒い瞳」は相当、期待がかかっていたと思われます。
レーベルもLP型のピクチャーレーベル仕様でしたし・・・

あっ、「胸さわぎの放課後」って映画もありましたね(懐)
ほんと、あの頃のナベプロ女性アイドル歌手は全敗でしたね。