それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪地下街本@ぴあMOOK関西

2013.12.10.Tue.18:43
こんばんは^^

今日は本の紹介です。

僕は、大阪の街が好きで、大好きで・・・
大阪の街に恋しているような感じなんです。

そーですねー
例えるならば、好きな人に会いにいくような感覚でしょうか、(笑)
大阪へ向ってる時、そんな気分なんです。

だから、大阪から帰って来てから、友人などに会うと、こうだった・・・ああだった・・・と、
すごく楽しそうに話しているらしいんです・・・^^

最近では、友人が大阪へ旅行へ行く際、事前に僕のところに連絡を入れてくるようになったんですよ!

どんなプランがいいか?とか、どこで遊んだら楽しいか?・・・など(笑)

なんだかんだで、先月と今月、立て続けに大阪行きの相談を持ちかけられ、二人案内しましたです^^

プランなんて相談乗ってますけど、僕の旅は、いつも行き当たりばったりなんですよ。^^
沢山、歩けるか、歩けないかも体調次第だし、宿泊数も、気分によってわかんないですからね・・・

とにかく、キャンセル料なんて発生しないように計画して、行動しています。


今日、紹介したい本は「大阪地下街本」という、ぴあさんから、今年発行されたガイド本です。

僕は、かなり土地鑑はいい方で、方角に関しては、大体一度通ると夜でも平気なんです。

しかし、大阪の地下街・・・これはすごい、ちょっとしたアミューズメントパーク化した、迷路のようなものです。
僕は、大阪の地下街こそ、旅の醍醐味を感じる派なんです。

それに、梅田、難波以外にも沢山の地下街が活気づいていますし、神戸の地下街まで含めると、それはそれは、一日では、遊びきれない位の密度とボリューム感。

大阪の地下に、潜り込んでしまえば、揃わないものは無い・・・といった感じで圧巻さ。

ちょっぴり・・・冒険にも近い、そんな気持ちになりますね^^

僕が始めて、大阪の地下街デビューをしたのは、96年の夏なんです。

それから、数えると何十回潜り込んだ事でしょう。
もう、100回くらいになるかもしれません(笑)

だけど、今でも、未知の世界の部分がるんです・・・

昭和のなごりの、なつかしさもあって、改装されては進化してゆくお店もあるし・・・

そんな不思議な地下街の魅力を、ズラリと紹介してくれた本が、これなんです!
地下街本
この本では、ホワイティうめだ、ドージマ地下、なんばウォーク、NANBAなんなん、あべちか、京橋コムズガーデンが紹介されています。
しかも、入店している全店舗を全て紹介。
地図やガイドつきで。

それから、あと嬉しかったのが、地下街の歴史、として「地下街今昔物語」という開業当初からの資料を交えた特集もあるから、お勉強にもなります^^
地下ページ

是非、興味をそそる、この1冊、大阪好きの人、これから行ってみようかなー・・・
って思ってる人、是非、いかがですか^^
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。