それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東郷由紀/朝日のあたる家

2013.11.16.Sat.03:38
最近、ネット上で、彼女と前田敦子の顔が似ている・・・と一部で話題に。(笑)

しかし昨年ワーナーからリリースされた「きらめきアイドル70sコレクション」から、彼女は選曲から外れてしまったのだろうか?・・・
知名度だけの理由であれば、もったいなさすぎではないでしょうか・・・
選外だっただけに、凄く残念、ここで取り上げなければ!ですよね^^

東郷由紀さんは、76年に歌手デビュー!
本作はセカンドシングルとして76年8月発売、恐らくラストシングルだと思います。

実は、この曲、最近初めて聴いたんです、遅ばせながら・・・
彼女の曲の印象は、伸び伸びとした明るいボーカルで、石川ひとみをやや歌謡チックにした感じ。
 
同レコード会社だった讃岐裕子と野中小百合の中間に位置するタイプではないでしょうか・・・
歌声は、間違えなく正統派です。

な、なんと作詞が、太田裕美などを手がけていた頃の松本隆が担当。

作曲は平尾昌晃 編曲あかのたちお。

この曲を聴いた、数日後、熊本市では歴史を誇る、熊本電気鉄道に久しぶりに乗ったんです。
確か、今年で100周年だったと思います・・・

そしたら、アニメ「ケロロ軍曹」タイアップのラッピング電車に偶然、乗り合わせる事が出来ました。

乗って、車内を見渡すと、なんと・・・つり革に、こんな広告が・・・
つりかわ
渋谷109の文字が昭和のロゴで入っているんです!

驚!

その時は、「あ~譲渡されてきた電車なんだー、きっと」って思い、広告ぐらい取り外して使えばいいのに・・・

なんて、思ったんですね。そう思いますよね。熊本県で動いているのに・・・


ちょっとだけ、気になったので帰宅してから、「ケロロ軍曹」の電車について調べてみた所・・・

偶然、乗った「ケロロ電車」は、戦後から、1980年くらいまで製造され、東横線を走っていた電車だと判明!
東急5000系と言う名前で、通称、「青ガエル」「雨ガエル」として地元では親しまれていたという。

しかも、この車両、現存する「最後の一台」というから、またまた驚きでした!!

この東郷由紀さんの「朝日のあたる家」・・・

東横線の吊り革が舞台となり、展開してゆく歌なんです。^^

そうなんです、この曲がテーマとなった電車に今、乗る事が出来・・・この曲が発売された頃に東横線を走っていた電車に偶然乗り合わせる事が出来たと・・・いう訳なんです^^

この電車、凄く状態が悪く、どーにか、こーにか、やっと走ってくれてるそうなんです。
日差しにも弱く、長距離も不可だそうです・・・

大切に、長持ちされている車両さんですね(笑)
kankan.jpg
トンネルを抜け、かんかん坂駅へと向かう「ケロロ軍曹」電車。

ちなみに、この熊本電気鉄道の電車、自転車を持ち込んで乗り降りできるという、日本でも珍しい電車なんですよ!

これぞ!珍珍電車♪

今度、乗る機会があったなら、絶対に東郷由紀さんの曲をBGMに一緒に乗りたいと思います・・・♪
東郷
1976年作品/ワーナーパイオニア

上熊本
上熊本駅に停車中の東急5000系(ケロロ軍曹電車)2013,11,16撮影。
この電車は、上熊本ー北熊本間を走っています。
路線図
かんかん
ちょっとレトロな雰囲気で、東郷由紀さんの曲とマッチする、かんかんざか駅・・・

ちなみに、かんかん坂駅は漢字で韓々坂と書く、駅のすぐ側に、踏み切りがあり、電車が近づくと、かんかんーと高い響きの音が特徴。なので、かんかん坂と言う説もあったのですが、韓の字からもわかるように、その昔・・・
この地域に韓国人が多く生活していた事から、かんかんざかと名付けられたらしい・・・
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。