それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梶谷美由紀/見つめていたい

2013.11.05.Tue.17:14
この曲も夏のリリースでしたが、しっとりとした秋のイメージが強い曲です。
物静かで、おっとりとした曲調と声が邪魔にならない空間を与えてくれるサウンド。

彼女の作品の中では、これ1曲だけ異色なんですよね・・・
なんとなく。

95年に発足したトーラスレコード、エッグプラントレーベルの第1号新人でした。

しかし、大々的に売り出されていたか、というと勢い事態は、デビュー翌年からの方がプッシュされていた印象でした。
 
アコーディオンの音色とともに静かな伴奏で展開してゆく、ミディアムポップス。
ご本人もA面とB面では、歌唱法を使い分けて挑んだ力作で、面白みもある。

カップリングに収録されている「Le telephone」は、グルーヴ感溢れる、言わば彼女の王道作品♪(確か、この曲はアルバム未収録の為、ここでしか聴けないアイテムだったと・・・記憶)
なんとなく、アンティークな香りを放つナンバーで懐かしさ半分、近未来さ半分。

ベビーボイスなのに、当時に主流となりつつあった、ロックに走らなかったのは大正解!
彼女の声は癒しの域に・・・

本当だったら、売れてもおかしくない素材、逸材・・・ブレイクしきれなかったのが残念ですが、王道よりも、彼女の音楽スタイルが裏街道の方がお似合いだったりするので、固定ファンのラインでよろしかったとも、思います。

サエキけんぞう氏のお気に入りアーティストでもあり、翌年96年にミニアルバム「5me」では、サエキけんぞうプロデュースにより「見つめていたい」が新装開店!ピコピコサウンドに生まれ変わっている♪
Meuとしても活動。
IMG_0518.jpg
1995年作品/トーラス
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。