それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中野浩一&NAOMI/愛のRhapsody

2013.08.11.Sun.16:29
97年に発表された中野夫妻によるデュエットCD。
作詞も、NAOMI夫人が担当。

歌好き夫妻でありながら、実は、これが初の夫婦としては商品化作品となりました。

レコードデビューとしては、浩一さんが先輩にあたる訳ですが、元アイドル歌手でもあった、奥様の歌唱力は磨きを増して健在!
 
ただ、ルックスの方は、もう当時の面影は、わからない位にアダルトに(セレブに)^^

奥様は、83年にアポロンより小久保尚美としてデビュー。当時は演歌寄りの楽曲を歌う聖子ちゃん!
なんて言われたり・・・ポスト聖子ぶりも発揮されていましたが、
やはり演歌よりポップスが歌いたかったようで、以降はどんどんポップス路線に・・・

しかも、この曲に関しては歌唱法が松田聖子しちゃってるんですよねー
声の伸びのキレイだし、やはりポップス向きのシンガーさんだったんですね。

なんだか、仲村トオルと松田聖子がデュエットしてるみたいです♪^^

もちろん、本作は演歌ではなくポップス調のデュエットソングで、「愛が生まれた日」あたりを狙った作品なんでしょう。カップリングはNAOMI夫人のソロも楽しめる1枚です。

なんか、ジャケット写真がディープですよね!
IMG_0632.jpg
1997年作品/徳間
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。