それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川秀美/ゆれて湘南

2013.07.21.Sun.00:04
今日は「ゆれて湘南」を紹介します。
ここで紹介する曲の中では、かなりメジャーの作品ですよね。

今では石川秀美の代表曲としても有名ですが、当時は直接ブレイクのきっかけとなった曲ではありませんでした。

今日は「ゆれて湘南」にまつわる僕の思い出話をしたいと思います・・・

退屈しないで読んでくださいね^^

まず、今日7月21日は「ゆれて湘南」の発売日なんです。

1982年7月21日、この日は僕にとって大切な記念日・・・
特に、人には話した事も無いんですが・・・^^

このレコードが発売されたその日、夏休みの最初の日でした。

僕が住んでいた大牟田市では、この日は毎年市民挙げての夏祭りが開催されるのです。
通称「大蛇山」というお祭りなんですけどね。

このお祭りに先輩や中学生になったお兄さんたちに連れていってもらう事が当時としては、この町に住む小学生にとってのステータスみたいなものでした・・・

しかし、僕は家庭の事情で隣接する荒尾市と大牟田市を、またぐように、行き来する生活を小学生時代やらなくてはいけなかったんです。

この82年7月21日と言う日は、僕一人で荒尾市から大牟田市実家まで夜のバスに乗り継ぎ向わなくていけなくなったのです・・・

面白そう、だけど不安・・・みたいなね。(笑)

もちろん小学生ですから、原則としては校区外位の距離じゃ済まない訳ですからね、規則違反なんです。

その日の夕方、バスに一人で乗って大牟田市へと出発しました。

しかし、事前に石川秀美や早見優、新田純一などのレコードが発売される事を解ってましたから、どうしても途中、寄り道してレコード店には行きたかったのではあります(笑)

しかも大蛇山のお祭りも観てみたいし・・・
夜の繁華街だし、僕ひとり・・・
期待と不安な気持ちでいっぱいだった事も今でも思い出しますね・・・

でも、やっぱり途中、寄り道する事にしたんです・・・
レコード店を3軒はしごし、お祭りまで観て来ました。^^

バスに乗り遅れたらどうしよう・・・なんて思いながら・・・

結局、最終バスに乗り、多分11時くらいだったと思います・・・
それまで、たったひとりで祭り見物!ぐるぐる巡って^^
バスはお祭り見物客で、不安どころか寿司詰め状態であった事も覚えています。
無事に補導される事もなく・・・(笑)

そうなんです、その日に買って帰ったレコードこそ、この「ゆれて湘南」だったのです(笑)

こんなオチで、ごめんなさい・・・^^

だけど、当時、小学生だった僕には、大冒険!だったんです。

だから、僕にとっては、この7月21日は「夜遊び記念日」または「自立記念日」なんです。

なので毎年、今日この日が来ると、この曲と、あの日の夜の出来事を思い出すのです。

昨年は、あれから30周年という事で、7月21日に大阪へ行って来ました。
記念という意味で。

理由は、丁度、荒尾ー大牟田間の距離感&緊張感が、今でいう所の熊本ー大阪間位と同じくらいだから・・・
当時の僕にとっては・・・。

今年も本当は今日から大阪へ行くハズだったんですけどね、昨日、足くじいちゃって・・・(苦笑)
仕事もあるし、延期する事に・・・

「ゆれて湘南」代表曲だけど、今でも素直に「好き」て言える曲です。
買ったその日に、無事に、帰りつきホッとした気持ちでB面「禁じられた恋の島」を聴きながら、うとうと眠ってしまった事も遠い昔むかしの記憶として覚えています・・・^^img_45183_1257188_1.jpg
1982年作品/RVC
スポンサーサイト

コメント

夏の雫について
こんばんは、ミリンダさん。今日も暑かったですね。

なんか上手く、夏に雫の方から返せなかったので、こちらからお返しします。

あはははっ、すうなんですね(笑)
三田さんの曲の中でも賛否分かれる曲ですもんね。

僕も3月デビューした新人の曲では一番好きですよ。
特に間奏のアレンジが素敵で。^^

そうかもしれませんね、マイナー調の曲が多かったような。「スウィートチェリーパイ」もTVで観ると明るかったですが、レコードだと、ややマイナーな感じがしましたから。

Re: No title

ミリンダさんへ

こんばんは☆^^

どーもー
僕、個人の思い出に対してもコメントを寄せていただきありがとうございまーす!
裏しかったですよ^^

あ、足の方は、今見たら腫れもひいて大丈夫です。
学生時代に、陸上で鍛えた足なんでね、割りと骨も頑丈なんですよ(笑)
足だったら、秀美ちゃんに負けない位の脚線美なんですよ!(うそうそ^^)笑

足をくじいた瞬間ですね、岩崎良美さんの「あなた色のマノン」を歌っちゃって・・・♪
おバカですよね(笑)

今日は、出かける前と帰宅してから「ゆれて湘南」を聴きましたyo^^

ミリンダさんにも、小学生時代そんな思い出があったんですね・・・

夜の外出だと、男子と女子では、かなり違ってきますものね。小学生で僕も女子だったら、こんな経験も出来なかった事でしょう・・・
けど、ミリンダさんも、ほのぼのとした素敵な思い出ですね。

ミリンダさんにとって82年は、特に印象強い年になったんでしょうね・・・(笑)
今は情報量は多く、多種多様の時代・・・
もうあんなアイドルブームの時代は二度と来ないと思いますね。今世紀は・・・
No title
コウさん、こんにちは。足の方は大丈夫ですか?

たった一人でバスに乗ってお祭りに行くなんてスゴイですねー。途中でレコード店に寄るのがコウさんらしいです^^。

私は一人で冒険した事は無いんですが、小学5年生の時友達二人で遠くの町まで遊びに行った事があります。親には「本当に大丈夫か?」と心配されましたが、何とか説得しました。30分以上電車に乗り、国道をてくてく歩いて海に到着。そこでお弁当を食べてひとしきり遊んだ後は町内をグルグル散策しました。これだけ離れていると誰も知ってる人に会わないので、気楽に遊べて楽しかったですね。

「ゆれて湘南」が発売された頃、私は中2でしたが、人生で一番勉強しなかった時期と断言できます(笑)。中1の緊張感も中3の受験のプレッシャーも無く、ひたすらダラダラとテレビを見たりレコードを聴いたりしてました。あの頃はテレビを見てるだけで結構歌を覚えられたんですよね。こういう純粋なアイドルブームの時代はもう来ないのかな…。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。