それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真鍋ちえみ/ねらわれた少女

2013.06.23.Sun.11:56
81年に結成されたパンジーの一員。オスカープロの最初のアイドルとして注目。
歌手デビュー前は、髪が長かった。
花の82年組で、デビューが5月1日だから中森明菜ちゃんと一緒ですね。

キャッチフレーズは「パンジーのぴきぴきシンデレラ」

デビュー曲は、当初、春先には「蒼い柿」として決定しており、レコード店には、ジャケット写真と同じ絵柄で「蒼い柿でデビュー!」と言うポスターが配られていた。
それほど「蒼い柿」はA面性の強い作品だったんですね。

急遽、AB面の入れ替えが行われ、作詞:阿久悠、作編曲&サウンドプロデュースに細野晴臣を迎え「ねらわれた少女」でデビュー(蒼い柿も同じ作家陣)
プロデューサーは、同期の三田寛子に続き、あの山口百恵を創った、酒井政利が担当。

とにかく、一言で言えば、時代を先行き過ぎた実験的作品で、エンジニアとしても、遊び心満載な作品。
なんせ、真鍋さんご本人も「最初、聴いた時、なんか悲しかった・・・、こう言う曲を歌うのかっていう風な実感は全然無かった・・・」と言う。
でしょうね・・・普通の高校生なら、そう思いますよね。
しかし、「歌っているうちに、好きになって、LPでA面の最後に入っているのを聴いて、全然曲調が変わって、あのイントロが流れてくると、ゾー・・・来ていてしまう」とのコメント。

ちなみに、アルバム「不思議・少女」のアレンジを手がけた清水信之は、このLPを1万回位聴き込んだお気に入りアルバムという事なんですよー

真鍋さんによると、アレンジや作品自体が懲りすぎて、コンサートやイベント等では歌えない曲をあったらしい・・・
「うんととおく」や「不思議はカ・ル・ト」笑・・・

でしょう、この辺は、今のテクノアイドルのように口パクじゃないとねー^^
当時なんて、生演奏の時代ですからね。^^

発売された当時は、異色のアイドル、キワモノ扱いを受けてしまいましたが、彼女のレコードが店頭から消えてしまった後、、、、
後追い評価が高まり、現在では「元祖!テクノ歌謡アイドル」としてリスペクトを受けている存在。

これぞ、ある意味82年アイドルの最先端だったのかもしれません、いや、そうでしょう。
とにかく「不思議・少女」がCD化した時は喜んだファンが多かったなー^^

僕も含めて、みなさん達で、若い世代のテクノファンにも真鍋さんの作品を広め、次の世代にも受け継いで行ってもらいたいものですね。
img_45183_1497441_0.jpg
1982年作品/CBSソニー
※「不思議・少女+」(2005年、ソニーミュージックより発売)
スポンサーサイト

コメント

Re: リメンバーミュージック
えっちゃんマンさん、こんばんわー^^

今日、ラジオで「ねらわれた少女」が流れたという事で・・・

なんか、うれしいですよね^^
僕まで嬉しくなっちゃいましたよ!

ですよね。所持品を自発的にかけるのと、不意にラジオから流れてくるのでは、かなり感激度違いますね。
同感です^^

「蒼い柿」お好きなんですねー
またまた、うれしいなー^^
そろそろ、聴きたくなるシーズンですね~♪
リメンバーミュージック
コウさん、こんばんは。

衛星デジタルラジオ局・MUSIC BIRDでは、全国のコミュニティFM局向けに”コミュニティチャンネル”で番組を供給しています。と、いっても平日の日中は「リメンバーミュージック」というタイトルはあるものの、実際には曲紹介も無くただ曲が流れているだけ、という”番組”が大部分で、時間帯によって洋楽or歌謡曲~J-POP、また年代を変えて流しています。

で、今日(4/17)この「リメンバーミュージック」を聴いておりましたら、いきなり「ねらわれた少女」が出て来てビックリ。まぁ、聴こうと思えばレコード、CD、カセットテープ(笑)、ようつべ等で聴けるけど、聴き流していたラジオから出て来ると感激の度合いが違いますわ~。

私は、このレコードを出た時に買ったのですが”B面にも針を落とす割合”が高い1枚でした。「蒼い柿」がA面の予定だったというのも頷けます。
Re: No title
ミリンダさんへ

コメントありがとうございます^^
僕、クラブで「ハートがピッピッ」回した事がありますよ~
周囲がピンピン跳びはねてました(笑)
「ハートがピッピッ」は
当時、福岡では、この曲のイントロ部分だけCMで使われていたんですよ。^^
おもしろいでしょ。!

書き忘れたんですが、「ねらわれた少女」は最初、レコードプレイヤーでかけた時、レコード回転数を間違えてしまったか・・・と思い、このギャップの楽しみ方もアナログ盤ならでわの醍醐味でした。
その辺も、作戦だったのかもしれませんね。
とにかく45回転に、あのサウンドは気持ち悪かった(笑)ほんと不思議な曲でしたね^^
No title
コウさん、こんにちは^^。
 
初めてこの曲を聴いた時はビックリしました。イントロからしてアイドルっぽくないし、歌詞も何かとらえどころが無いし…。でも何回か聴いているうちに、この不思議な感じが心地よく感じられるようになりましたね。
 
「不思議・少女」は持ってないんですが、「テクノマジック歌謡曲」に収録されていた「ハートがピッピッ」が大のお気に入りです。すごく可愛い曲なので、きゃりーさんあたりにカバーしてもらえないかなー。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。