FC2ブログ

志賀真理子/Rainy Day Hello

おはようさんです!

実は今日・・・、中学校時代からの親友の誕生日なんです。

遠い空から・・・Happy Birthday!

リボンをつけて、当時一緒に聴いてた懐かしのこのナンバーを届けます。^^

その親友が得に大好きだったアイドルが志賀真理子さんでした。
特に、親友とは1985年デビューしたアイドル歌手のレコードを一緒に聴いていました。
周囲は、おニャン子クラブなのに、自分らは志賀さんや中原香織さんとかみたいな・・・笑
なんとも重病患者でした・・・^^

そんな感じで、学校終わると、いや学校行かずにレコード屋へ直行なんて事も、よーくありました。笑
ある意味、悪友です。^^もう時効ですよね。

だから、親友にとっても、きっと今でも85年デビューしたアイドルの曲がB級アイドルの原点!
であり、ルーツだと思います。

志賀さんの曲を聴くと今でも親友の顔がすぐに思い浮かびますね。
そんな志賀さんのプレデビュー盤であり、最初のレコードリリースは85年6月「夢の中の輪舞」でした。
ワーナーからではなく、なんとビクターからの発売で、同期と言うか1年先輩にあたるんですが、今思うと、岡本舞子さんとの共通項も山川恵津子さんが手がけたりなど、多かったように思います。

この「Rainy Day Hello」は志賀さんのラストシングルで、今年3月に亡くなられてしまった須藤薫さんのカバー作品です。
原曲の、須藤薫さんバージョンは1982年4月リリースされたアルバム「Amazing Toys」の中に収録されています。
87年8月発売、作詞・曲は杉真理さん、アレンジには清水信之さん。
コーラスにまで杉さんが参加されていました。
杉さん的にも愛情を持って接されたカバー作品だったのでしょう。
その甲斐あってか、志賀さんバージョンもニューミュージック色の濃い作品となりましたね。

志賀さんとしても、久々の新曲という事もあり、相当な意気込みでした。
当時、この曲を自ら紹介した店頭プロモーションカセットもありました。

「ワーナーパイオニアの志賀真理子です!・・・」
ってオープニングのやつ、これ親友が当時、志賀さんが所属していた事務所から、自力でもらってきたシロモノでした・・・懐。

デビュー曲「フリージアの少年」も、バリバリのアイドルがいきなりのバラードでした。
歌の上手かった志賀さん、得意としていたバラードに始まりバラードに去ってしまった気がします・・・
一方、ご本人としては「青い涙」が大好きだった・・・という話も。

87年、アイドル歌手に実力が求められていた時代・・・
水準以上の歌唱力があるアイドル歌手に対し、それ以上のものを・・・と、作られた一例が、この作品だったような気がします。
IMG_2146.jpg
1987年作品/ワーナーパイオニア
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント