それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二科恵子/夢のメイク・Love

2013.05.08.Wed.17:25
一応、花の82年組アイドルですが、地味でした。
と・・・言うよりも宣伝不足も。

90年代初期に盛り上がった80年代アイドルアナログブームの時は、かなり二科恵子にハマリました・・・笑
デビュー曲からの3枚を全て東京蒲田のえとせとらレコードで買いました。
確か、あまりの好きさに補充されると、また買いに行く程のハマリ具合でした。

82年、クラウン一押し、レーベルも彼女専用という意気込みでしたが、全く及ばずでした・・・
あげく、キャンペーンではレコード販売会では無く、レコード配布会が街頭で行われていたそうですから・・・
かなりの苦戦だったのでしょう。

しかし、作品的にはあか抜けていて、初期2枚は外国のヒットカバーで統一。
ルックスも、そっち風・・・Popセンスもあり、アイドル離れした歌唱法はアダルト受けしそうでした。
やや、よーく聴くと同期だった明菜ちゃんに声が似てる部分もあり、歌唱テクニックの共通点もありそう。

髪は切らない方が絶対に良かった・・

本作の聴き所は、とにかく・・・

Won´you~! ウォンチュー!!

悲鳴・・・?

いえいえ、熱唱シーンでしょう。
サビ部分には、テクノっぽくボーカルにエフェクトをかけてある所もイイ味付け具合でした。

最近、出版された「ラグジュアリー歌謡」(ディスクユニオンから)でも、p55にて紹介されており、もっともっと彼女が再評価される事を期待したいですね。
IMG_1254.jpg
1982年作品/クラウン(PANAM)ACEシリーズ

キャッチフレーズは「アイドルは理論を超えてやって来る。」
う~ん、奥深い・・・
IMG_1255.jpg
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。