スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕と純平さんの音楽・その2

Category未分類

椎名純平さんとの音楽の出会いは今年で17年。
これまで聴き続けて来た純平さんの音楽を振り返ってみる時期に来ているようなので、このタイミングで数年前にブログで綴った記事を復刻版という形で取り上げてみる事に。
当時の自分の事、そして、純平さんの音楽の世界観に対する自分の思い入れなど、最近の僕しか知らない方たち向けに読んで頂けたらな、と思います。
ここでは、これまでリリースされたシングルの中で一番大好きな「ショウタイム」を紹介してみる事に


d36ed0b28fa03a1c5667c110_L.jpg



僕は、夜の繁華街をウォーキングするのが、とても大好きなんです。
別に、何が、どう、とかではなく。

友達なんかに言わせると、恐ろしい・・・なんて言いたりするんですけど、どちらかと言うと賑やかさと、開放感を感じる方なんです・・・

今日は「ショウタイム」を紹介します。


純平ちゃんの音楽には、2000年代の約半分以上?本当にお世話になりました^^
超大好きです!

その中でも、ソニー時代としては、ラストシングルとなってしまったんですが、この曲が一番のお気に入り作品なんです!


実は、前振りしましたが、繁華街と純平ちゃんサウンドはとても相性が良いのです!
丁度、2000年に入った頃、平井堅さんの「楽園」での大ブレイクによって、その後の、男性R&Bシンガーの勢いの凄かった事・・・もう、本当にJ-R&Bシンガーのバブル時代とでも言うような現象・・・
各レコード会社の大プッシュアーティスト各社揃ってR&B一色・・・と言った感じ。


外資系のCDショップにインストアライブ、あと同時にHipHopが流行っていた事もあり、中古レコードショップに、なんちゃってDJの学生たちの姿が観うけられたりして・・・


それに、髭男子が急増したのもこの頃から。


もう、ホント凄かったです!クラブ系サウンドが・・・


この「ショウタイム」は純平ちゃんサウンドの中でも、70年代ソウルテイスト&ソウルディスコ色の強いナンバーで、クルセイターズの「ストリートライフ」にインスパイアされた作品です。
そこに純平ちゃんの色気ある歌声が、ダンスしてる、これぞミラーボール歌謡の決定版!


純平ちゃんのボーカルは、型破りを武器に限りなくエモーショナルにROCKする独高のSOULシンガー。
彼独自のスタンスと同系統のシンガーには絶対にない土臭さと毒っ気。
限りなく黒々とした、そのパフォーマンススタイル。
無限大に広がるSOOUL魂・・・と、評価を上げれば切りがないくらい・・・

IMG_2822.jpg


あえてこのカラーがわかるやつだけついて来い!と訴えてるかのような、売れ線好きのユーザーを引き付けないとここそ、そこが魅力だったりする。


純平ちゃんの渋みある歌声、「ショウタイム」で今夜はいかがでしょうか・・・


2003年作品/ソニー







関連記事
スポンサーサイト

- 2 Comments

コウさん(愛称:higejirou)  

ニシモンさん!

ニシモンさん!

実は、僕も、どれかと言われれば、「甘い夜の薫り」が1番お気に入りアルバムなんです!
さずが、ニシモンさん、香りじゃなくて薫りと表記してくれてる^^

ついでに、シングルでは「ショウタイム」と「世界」が好きです。
あと、規格外ですが「ミュージックメーカー」ですかね。

おおおぉ、夜の繁華街を聴きながら歩く僕の様、分かってくださるのですねー!理解者だ~嬉しい^^
「ショウタイム」は、ソニーの方から、こういう感じのを、って言う発注のもと、作られたと聞きました。
残念ながら、セールス的にも伸びなかったし、契約上、やりたくても、この路線で続けられなかったんでしょうねー、とても残念ですが、この作品は、絶対に再評価を受ける時代が到来すると予言しています!
よしもとR&Cからの「Crusin」も、それはそれでいいんですけどね、おっしゃってる黒々しく、独特の男の艶っぽさ、う~んわかります^^



Twitterアイコン のチェックまでもありがとうございます!(^_^;)
そ、そんな~純平さんぽい~だなんて~(^^ゞ


では、これから、甘い夜の薫りをBGMに歩いて来ます!^^
コメント、お忙しい中、お時間のプレゼントありがとうございました!


2017/03/04 (Sat) 21:04 | REPLY |   

ニシモン  

甘い夜の薫り

ショウタイムが入っているアルバムの
「甘い夜の薫り」はお気に入りアルバムです〜。

ジャケもおしゃれで、カッコいいんですよね。
この作品って聞きながら夜の歌舞伎町あたりをひとりで歩きたくなる感じしてました。

なので、
コウさんが夜の繁華街に賑やかさと開放感を感じる気持ち
なんとなくわかります。

椎名サウンドは(ショウタイムにしても、甘い夜の薫り全体にしても)
特に夜の繁華街が似合いますよね。

この感じは、ソニーでもうちょい続けて欲しいなぁと思ってたんですけどねぇ。

アルバムだとこの後の
crusin’も嫌いではないんですけど、
独特の男の艶っぽさ?満載〜の世界観はソニー時代の方が強いかなぁと・・・。

あ、ちなみに今のコウさんのTwitterアイコン
椎名純平っぽい~って思ってました~(^^)

今、あざわらう月聴いています♪

2017/03/01 (Wed) 00:22 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。