それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大根夕佳/ふりょう・・・あれから30年

2016.01.21.Thu.00:33


こんばんは。


本日は、大根夕佳のサードシングル「ふりょう」です。

ふりょうう

この曲は、86年1月21日発売だったので・・・

今日で、発売から30年!という事になります。


このレコードは、当時、親衛隊活動の関係で、毎週のように福岡県久留米市に寝泊りをしていたんですが、西鉄久留米駅エマックスの2Fだったかな?レコード店があったので、ちょうど発売日に買いました。

確か、木村一八のレコードを迷ってこっちにしたんだっけかな?(笑)

ファースト、セカンドと買い揃えてきたので、本当に待ちに待った新曲でした・・・


大根夕佳ちゃんの第3弾!

「ふ・りょ・う」は、泣ける名曲でした♪

幼げな夕佳ちゃんが突然・・・「ふ・りょ・う」になっちゃうの?
なんて・・・最初、タイトルを目にした時は、思いましたが・・・

そうではなく、夕佳ちゃんの初恋だった男の子が、街中から、ふりょうと呼ばれており、
ある日、売られたケンカを止めようとして、取り上げたナイフを握っているところを、、目撃されて悪者扱いに・・・
そして彼の結末は、おふくろさんと一緒に町を出ていってしまう・・・という悲しく、淡い初恋のお話。

やっと、この作品で大根夕佳ワールドが確立したかな~と思った矢先、ラストシングルとなりました。

86年1月発売。
作詞:山川啓介 作曲:馬飼野康二 編曲:若草恵

TVの露出は、この曲が一番多かったように思えます。
タイトルが「ふ・りょ・う」というアタリも局内で多少話題をも呼んだのでしょうー

前2作よりも、声にも安定感が出て来て、違和感なく聴けました・・・


これも、80sアイドルポップスの隠れ名曲名作でしょう・・・



あれから、30年・・・これも思い出の1枚、自分だけの名曲です^^


関連記事
スポンサーサイト

コメント

二シモンさんへ
二シモンさん!こんばんは^^


もうあれから30年なんですよねぇ~
子役、そうかもしれませんね(笑)

あ、この時点では、彼女が快挙でしたよ!小さい。

へぇ~大根のイベント観られた事があったんですか~
しかし、二シモンさんは若い頃から、ほんと、キャパの凄さというか、イベント情報収集力に感心させられてしまいっぱなしです。
でも確かに地道なキャンペーンとかは、やってたんですよね。

そうですね、かなり厳しかったと思います、森川美穂がデビューしてから、余計、厳しい状況でした。
もう~でも、セカンドが出て時点で、営業所に行ってた時も、全く彼女の名前が話に挙がって来なかったデス、ね・・・。
ノープッシュでした!

あはは、子守唄歌ってそうですね!
確か、演歌転向の時は、背も伸びてましたよ。

是非!CD化自分も願っています。


矢口渡さんへ
矢口渡さん!こんばんは^^


おお!名曲賛同ありがとうございます!
30年経つんですね~
大根夕佳はアイドルっていうより
歌の上手い子役って印象です

この時代って彼女のような小柄で幼いイメージのアイドルは
まだいなかったような?

ま、彼女は特別小柄ですけどね

3枚目のイベを見た時には、見事に少ない集客で、
ますます小さく見えてしまった記憶もあります

それにしてもイルカが好きだった子が
セカンド、サードの路線変更?っていうのは厳しい世界だなぁと

歌は上手いんだから演歌に転向したらと思ってましたが、
のちに演歌で再デビューしてたのを知ったのは
たいぶ経ってからだったので、ちょっとホッとした気も

ずいぶん前にいいお母さんになって、子供にこぶしきかせて
子守唄歌ってそう・・・

全曲CD化して欲しいですけど
いつか叶うといいなぁと勝手に願っています
No title
「ふ・りょ・う」矢口渡も名曲だと思っております。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。