それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柏原よしえ/第二章・くちづけ

2016.01.20.Wed.00:07


こんばんは。
コウです^^







ハァ~~~ハァ~~~♪







と・・・いう訳で・・
最近、毎日にように聴いています・・・。




よっしえちゃ~ん、のサードシングルだった・・・

くちづけ第二章


この曲は、よしえちゃん時代に発売されたシングルの中で一番、お気に入りの曲です!




おそらく・・・「最愛」で大人歌手へと路線変更、脱皮を図るまでの時代を入れたとしても、この曲がNO,1です(笑)

やはり、年間通して、この曲を聴く頻度が一番多いように思えます。




発売は、80年10月25日で、翌週、11月10日付のオリコンに98位で初登場!

そして、最高49位まで上昇し、スマッシュヒットとなりました。

ちなみに、セカンドの「毎日がバレンタイン」は、オリコン初登場161位ですから、前作より出足も好調だったという訳ですね。






え??




よしえちゃんで、初登場161位なの?98位?

て、思われる読者の方もいらっしゃると思いますが、当時のチャートの方式というものは、現在のように、1週目(初動)が勝負の時
代じゃなかったんですねー

発売されて以降、それから歌番組に出て、売り上げを伸ばしてゆく・・というのが時代の流れだったので、当時は、期待されていた新人歌手でも、第1週目は、下の方からじわじわ~じわりじわりとランクを上げてくるのが、当時の方程式のようなものでもありました。





この曲の一番好きな所は!








よしえちゃんの

「天使と悪魔」が見え隠れするところでしょ!
(きっぱり)







歌い出し・・・


♪すき、すきすきすき





・・・って、ところは満面の笑みで^^







♪How to Love・・・

♪How to Kiss・・・







・・・・のとこでは、その表情は一転!?(笑)






やっぱ、ここでしょう!




突然!スイッチが入ったかのように、切り替わる、よっしえちゃん!^^




この、スイッチに・・・







やられてもーたー(関西風に^^~)









歌い方も、当時いくつだ?
14、15?才くらいとは思えない、このボリューム感・・・





「ちょっと大物」、
いいえ、充分・・・末恐ろしさを感じる大物感には、びっくり!?どっきり?!









レコードで歌っている時よりも、TVで歌っている時が、ソレを感じれるんですけどね・・・




いや~恐いくらいの色っぽさが、にじみ出ていたと思います。


このジャケ写とは、うらはらに・・・^^





※「第二章・くちづけ」YouTubeより
https://www.youtube.com/watch?v=TSMf8r9eUvc







関連記事
スポンサーサイト

コメント

二シモンさんへ
二シモンさん!こんばんは^^


そう!コルゲンのCMソングでしたよね!

あはは^^初期の映像は、確かに恐いくらいの色っぽさがありましたねー
ある意味、70年代っぽさが、いい意味で抜け切れてない辺りも、笑えてしまうところでしょうかね(笑)
そうなんですよ!
当時は、100位以内に第1週目入れば、相当出足が良かったという訳なんです。
確か、松田聖子も「裸足の季節」は、第1週目は100位圏外からのスタートだったと思います。
まぁ、それだけ当時は、バックオーダーがかかっていたって事ですよね!
個人でも、レコード店で経営が成り立っていた時代ですからね。
でも、ビックリですよねー、わかります^^

今は、1週目が勝負ですもんね。初動枚数って言うんですか・・・
もうでも、あれですよねー、おニャン子とか、立花理佐あたりの時代から、それまでのチャートの法則?が破壊されてゆく傾向にはありましたよね。
YONさんへ
YONさん!こんばんは^^

そうなんですよね!
時期的ですと、伊代ちゃんの「センチメンタルジャーニー」と同時に知られるような感じで。
「ハローグッバイ」からですね、一般的には。
「春なのに」1月発売でしたね、今の時期に聴いててもピッタリだと思います。
確かに、評価はもちろん、芳恵ちゃんが歌う曲って、作曲者の人が歌われているバージョンよりも、全て完成度が高かったような気がします。これからでも遅くはないので、後期の作品や自身の声の魅力にも評価が当たれば・・と思っています。


コルゲン?
BOXを買って初期の歌唱シーンを初めて見た時に
なかなかの衝撃だったのが柏原よしえです

まさに、恐いくらいの色っぽさがにじみ出てました
いろんな意味で笑っちゃいました

そして、今でもたまに見て笑っています

それにしても、
当時のアイドルは今みたいに初登場の週が最高順位ってわけでは
ないんですねぇ

やっぱり歌番組が少ないから、どんなに良い曲でも
ファン以外が知る機会が少ないというのは
時代なんでしょうけど、悲しいものがあります

それでも彼女のこの時期の順位の低さはビックリです
芳恵さん。
コウさん、どうも。YONです。芳恵さんは大多数がそうであると思われるのですが、「ハローグッバイ」で知りました。それから沢山のヒット曲を出しましたね。「春なのに」の時期になりつつありますが、いつ聞いても名曲です。イントロの楽器の音がホント最高です。まろさんがおっしゃるように、世間の評価といううか、どうしてもアホみたいな話が出てきますが、そんなのは完全スルーして、芳恵さんの曲を沢山の人に聞いてもらいたいです。ベスト10入りしなくなった頃からの曲も好きです。「黄昏のダイアリー」など・・・。「最愛」を、もっといろんなところで歌ってほしいですね。
増田さん。さんへ
増田さん。さん!こんばんは^^


初めて買ったレコードだったんですか!
それに凄いですね~中2で、「銀座音楽祭」観覧^^
素敵な思い出ですね。

あぁ、ライブあったんですよねー
3人でやったやつですね。
なんか、メドレーで歌ってくれたようで、ファンとしても嬉しいものですよね!


まろさんへ
まろさん!こんばんは^^


ホントに、よしえ時代、中学~高校1年生とは思えない雰囲気持っていましたよねー。
大ブレイクまで、1曲毎着実に成長が感じとる事が出来たよしえ時代だったと思います。
自分も大ブレイクしてくれた時は嬉しくなりました。

「紅白」のアイドル歌手に対する選考基準も、当時入ってても良さそうな人が落選していましたね。


ありがとうございます!
まろさんも、体調お気をつけておいてくださいね。


懐かしい~
お早うございます♪

ナント?よしえちゃんのレコード、初めて買ったのが、この曲でした~
確か、夕焼けロンちゃんで拝見しました~
そして、銀座音楽祭をリアルで、宝塚劇場にて観覧しました~
中2の私でしたが、すべて、良い思い出になります。
そして、四日前、板橋にてライブがあり、普段ほとんど唄わない、この曲を唄ってくれました~
ラッキー
幸せな、ひとときでした!

ホントに、イチバン!
大好きな、シンガーです!
ポップでカワユイよしえちゃん♪
コウさん、こんばんは^^。

「No.1」も「毎日がバレンタイン」も歌詞がセクシー過ぎると思っていたけど、この曲は等身大のよしえちゃんらしさが出ていて可愛いですね^^。
次の「乙女心何色?」は少し順位を落としましたが、「ガラスの夏」で一気にランクアップ、「めらんこりい白書」は地味過ぎたけど「ハロー・グッバイ」で大ブレイクした時は本当に嬉しかったなー♪
よしえちゃんはセクシーな雰囲気と舌足らずな歌い方のギャップが魅力的だと思いますね。
私もこのギャップにすっかりやられてもーたわ~^^。
でも「めらんこりい~」を出した頃はまだ高校一年生だったんですからビックリですよね。何という表現力!

私と誕生日が同じという理由でファンになったんですが、周りに全然ファンがいなくて淋しかったです。
あと、世間の評価がイマイチ低い感じがするのも気になります。
何で2回しか紅白に出られなかったのか…「花梨」と「最愛」を紅白で聴きたかったです(涙)。

フォノグラム時代のよしえちゃんには特に思い入れがあるんですが、長くなりそうなのでここまでにしたいと思います。
今週に入ってすごーく寒くなりましたが、くれぐれも体調には気をつけてくださいね。








管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。