それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西野妙子/真冬だっていいじゃない

2015.12.30.Wed.12:05

クリスマスが終わり、妙に~(笑)、この曲が聴きたくなってしまい、只今、ヘビロ中です!


90sアイドル界の、おしん・・・(笑)??
西野妙子の通算9枚目のシングル、
「真冬だっていいじゃない」


真冬だっていいじゃない

時は、まさに!アイドル冬の時代!



真冬だって、いいじゃないー!!



・・・って、訴えているようにも・・・??



デビュー当時から、14才とは思えない、柏原芳恵的な、ちょっと大物感のある雰囲気のアイドルでした。
すごく、物怖じしないタイプというか、ステージでの落ち着き様と言ったら、ワーナー独特の世界観も誇るスケールで。


本作は、92年11月リリース!
前作「悲しい女になっちゃうよ」では、当時クラブで流行っていた、シャニースの「アイラブユアスマイル」インスパイアしたアレンジに続き、本作では、ハウスのリズムを中心に、「イン・ザ・ムード」を連想させるブラスセッションが特徴。



これでもかっ!
って、言うくらい、西野、歌の限界に挑戦させられています(笑)




ちょっと、聴いてて、可哀想なくらい・・・

いくら、西野が歌ウマイからって、手加減なし!な環境は、この頃から、小室ファミリー的な体育会系ノリにも通じるものがありそ(笑)
あ~頭クラクラしそう~
ただ、歌番組の時は、オリジナルカラオケより、キーを下げて歌っていました。スタンドマイクで(笑)
だよね~仕方ないよね~^^




いや~それにしても、難なく上手い具合にクリアして歌いこなしてくれていますよね!
弱冠、16才くらいの若さで・・・ほんと、感心してしまいます^^




その甲斐あってか、前作では、オリコンHOT100入りを、一旦は、逃してしまったものの、本作で、最高96位に返り咲く事に(祝)
これは、一説によると、オリコンのチャートアクションというものは、前作の評価によっても、出荷枚数が左右してしまう事もあり、
「悲しい女になっしゃうよ」が、業界内で高評価を受けた風評が、こちらに流れ込み、ふたたび西野妙子への評価の目が注がれた・・・という説も当時、ありました。


また、歴代アイドルソングの中でも、冒頭、曲のタイトルを紹介してしまう歌って?
この曲が最初?だったんじゃないでしょうか・・・


しれ~っと、ウィンターソ~ング、まふゆだって~いいじゃな~い~^^てね。




サウンドも音圧で、元気いっぱいの、西野流~
ウインターソング、この冬、いかがでしょうか・・・









関連記事
スポンサーサイト

コメント

ときこさんへ
ときこさん!こんばんは^^


そうそう、スティービーのそっちにも似ていますよね!
スティービーも良く聴いているので、知ってましたよ~
CMでよく使われていましたよね♪

あ~例のナレーションですね(笑)
あれは、有線対策だったんでしょうね~^^
TVで歌う時は、カットされていましたね。イベントの時は、どうだったんでしょうね~??^^

森川美穂、そうかもしれませんね。東芝移籍した頃のね。

「パトロン」!(笑)、「パトロン」なんて言葉?今の若い子は知らないんでしょうね~(笑)
クボルリ風?でヒット狙い??でしたが、個人的には、このタイトルで、初期のような歌謡曲路線で歌って欲しかったですねー。^^


No title
この「真冬だっていいじゃない」は、スティビーワンダーの「Sir Duke」風のブラスが厚めのアレンジですね。イントロがはじまる前の、外人さんのナレーションが面白いですが、個人的にないほうがいいような気もするんですが・・・・

西野妙子のこの頃って森川美穂風の歌い方ですね。森川美穂みたいに、ボーカリスト系で成功するのかなとか思ったのですが・・・・
パトロンは、久宝留理子を絶対意識してますよね。「男」がヒットしたので・・・笑
だいけいさんへ
だいけいさん!こんちは^^


いや~妙に(笑)落ち着きのある歌声でしたよね~
そう!そう!そう!こんだけシングルあるんだから、ゴールデンベストがあってもイイですよね!
「パトロン」が入ってるアルバムも無い事だし・・(笑)

是非!星野由妃とセットで、コンプリートベスト出して欲しいデス^^!!!
ときこさんへ
ときこさん!こんにちは^^


そうですね~、歌に関してはワーナー時代の方が、そういう点では追求されていたのかも?しれませんよねー。
ダンスは苦手だったようで、相当、鍛えられたそうですけどね(笑)
小室時代は、全体的に、けだるそうなナンバーが多かったですね。
もちろん自分も!ワーナー時代の西野が大好きです^^
年齢の割には、なかなか落ち着いた感じという楽曲が多いですよね~
この方もベストそろそろリリースされてもいいですよね~
この曲は、張って歌ってますが、その割にDOSになってから、小室特有の高音の楽曲は歌ってないんですよね。
DOS時代の曲とか、TAEKO名義でだした曲はいまいち魅力をかんじませんでした。
ときこさんへ
ときこさん!こんばんは^^


そうだったんですか~そんな事が記事に書いてあったとは!
いや~ほんと、これ歌うには体力消耗するハズです^^
こんにちは
この曲ってキー高いですよね。
雑誌のインタビューで、本人がキーが高すぎてレコーディングの時、裏返ったり、体力を使いすぎて大変だったとかいってました。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。