それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1982年度日本レコード大賞・堀ちえみと小泉今日子で決戦投票に!

2015.12.20.Sun.05:59




こんにちは。



きょうは、懐かしの賞レース映像から・・・



昔は、この時期になると、「日本レコード大賞」を予想するのが楽しみでした・・・^^



中でも、「新人賞部門」は、一番、緊張しながら観ていたのを憶えていますね、、、



そして、歴代の新人賞部門でも、特にどきどきしながら、観ていた思い出深いシーンは・・・



やはり・・・




82年組です





早見優と石川秀美が受かって、中森明菜と小泉今日子が落選してしまった年です・・・。





まっ、これが、結果として受け止めなければ仕方なかった訳ですが・・・



なんとも予想外の結果で・・・




とても、ドラマティックな82年の新人賞レースでした・・・






その事は、他のブログ等でも触れられている事なので・・・




じゃ、最終ノミネートは、どんなメンバーで争われていたのか??




を、記事にしておきたいと思います。




82年度、レコ大最終ノミネートは、以下の10組で、5枠を争う形となりました。




・シブがき隊「100%SOかもね」
・松本伊代「センチメンタルジャーニー」
・石川秀美「ゆれて湘南」
・早見優「アンサーソングは哀愁」
・堀ちえみ「待ちぼうけ」
・小泉今日子「ひとり街角」
・中森明菜「少女・A」
・三田寛子「色づく街」
・北原佐和子「土曜日のシンデレラ」
・新井薫子「赤い靴」





以上、10組が、最終候補通過者です。



ここに選ばれた10組の顔ぶれを見ておわかりのとおり、この82年アイドル戦線を代表する10組であり、この年、各社が本気で売り出しに賭けていた10組という象徴でもあり、この年の、シンボルカラーを放っているようにも思えます。




レコ大、ノミネート者を決める重要な番組だった「速報!日本レコード大賞」ノミネートより・・・





新人賞候補の開票が放送される最中、会場入りする候補者たち・・・

各陣営、すぐに歌えるように・・・準備を整えます。


2015103000290000.jpg


インタビューを受け終えた、北原佐和子と、その後ろで、なにか打ち合わせをしている、中森明菜と三田寛子。



2015103000290001.jpg

笑顔で会場入りする石川秀美と三田寛子。


2015103000300000.jpg

インタビューを受ける、石川秀美の表情。
「ゆれて湘南」に賭けてマス(笑)



2015103000300001.jpg


三田寛子のインタビューの後ろを、スーツ~~と通り過ぎる、中森明菜、ちょっと重い表情・・・




2015103000310000.jpg


仲良く手をつないでの3.21コンビの入場です。^^

堀ちえみが、「一緒に入ろうね!(ノミネートしようね)」・・・と、
インタビューに応えるも・・・その数十分後、まさかの悲劇が・・・、
この二人が残酷にも、最後の1席を争うレース展開になるとは・・・

堀ちえみ、友情の声、届かず・・・




2015103000320000.jpg

緊張しながら、インタビューを受ける、小泉今日子の後ろを通過する、松本伊代と新井薫子。



開票所では、松本、早見、三田、中森、、と名前が読み上げられる・・・





関連記事
スポンサーサイト

コメント

だいけいさんへ
だいけいさん!こんばんは^^


言ってた!言ってた!
言ってましたよね~
懐っ~~~(笑)ウケルぅ~!爆


あと、榊原郁恵も例に挙げられてました(笑)
二シモンさんへ
二シモンさん!こんばんは^^


そうなんですよねー
しかも、小泉と堀が同票だった為、決戦投票にもつれ込んでしまったという訳で、明菜は、かすっても居ないんです。
同票だったから、6組ノミネートにしてくれればいいのに・・・^^厳しーTBS。

明菜さまのジャケセンスに関しては、全くもって、僕は前作から二シモンさんと同感なんですよ~。


明菜が選べれかなかったの、よく番組で言ってましたよね~
賞を取れかなった候補者に、明菜さんの例もあるから奮起して下さい!みたいな感じで(笑)
この2人が?
えっ キョンキョンと明菜ってレコ大の新人賞落選なんですね・・・
よりによってレコ大でこの2人って意外過ぎる

TBSだからスタ誕出身とか関係あったんですかねぇ
不思議です
明菜さまの今回のアルバムのジャケも不思議ですけど
(-_-;)
たかとらさんへ
たかとらさん!こんばんは^^


ですね!売り上げ枚数だと、そのとおりです。
本来ならば、名称が「レコード大賞」なだけに、売り上げ順位でノミネートしてあげなきゃいけないとこなんですがね・・

新井薫子が所属していた六本木オフィスは、多少売り上げが低くても、賞関係出してくる事務所でしたね。
No title
売上枚数で言うと、
シブがき隊、松本伊代、中森明菜、小泉今日子、堀ちえみ、ですよね。
いろいろな力が働くことが、視聴者にもわかり始めた年、と言ってもいいかもしれませんね。

しかし、9組目までは納得だけど、10組目が新井薫子かw確かにデビュー当初は力入ってたし、まあ、売れてたからねww

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。