それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

90年代☆お気に入りアイドルポップス(前半)

2015.12.04.Fri.01:37

・・・という訳で、ここんとこ90年代を強化して、記事にしていますが、、
ここらで、お気に入りの曲たちを、どーんとまとめて紹介してみたいと思います。


今から、6年ほど前の事ですが、3つくらい?部屋も持っていた時期があって、あっちから、こっちー、こっちから、あっちー
へと移動するのに、聴きたいCDを運ぶのが大変だったんですね。
それで、これまでを振り返ってのベスト盤ファイルを、各年代とか、ジャンル毎にお遊びですけどね、作ったんです。
んー全部で、108編くらい作って、多分、半年くらい経過したんだったと思います。


で、今回は、その時にどんな曲を選んだのか?
というコンセプトで紹介してみたいと思います。



選曲した曲は、全て90年代にデビューした、アイドル歌手のシングルとして発売されたもので、A面のみです。



今回は、90年代前半という事で、90年~94年までに発売されたものからのセレクトです!

おさらい3
おさらい4

全部で36曲です。
当初は各アイドル1曲づつ一番好きな曲を選ぶつもりだったんですが、どーしても絞り込めなかったアイドルの曲は2曲になってしまいました。
あと、グループアイドルが1曲も入ってませんが、それは別のカテゴリでまとめているからです。
季節や気分によって多少の変動はあるものの、6年前も、今と比べてみても好きな曲は、そう変わっていないですね。
僕にとっての、基本は、このメンツとなります。
あと、センチュリー系も1つのカテゴリとして作ってみたものの、どうしても、未来莉は遊び心で入れたかったのか、入っていますね。
諸岡菜穂子の「有罪」や遠野舞子の「みんな太陽のせい」も捨てがたいですね~。
あと、西野妙子と三浦理恵子は全体的にクオリティーが高かった。
あと、中嶋美智代もですね・・・。「思われている」と「思い出にもなれない」あと、「日記・・」も迷った・・・。
初期の曲はアナクロ全開だったけど、今聴くと、なんだか天然記念物扱ってるみたいで、ほろ酔い、ここちE~(笑)
山口リエは3曲目が一番好きかも?!
田中陽子の3枚は1セット感あって、別売りしたくないくらいどれも秀作だったし、ハッキリ言って沢山出ているルンルンの曲より、田中陽子の3枚が優秀の美的センスに思えたかな・・・。
こうしてみると、加藤紀子は大ヒットが無いのに、息が永かったんだな・・・と。
総体的にみても、冬の時代のリリースだけあって、作品の持つ力に対して、もったいない曲が多かったですよね・・・。
90年までは買うけど、91年からは興味が無いので、買わない・・・という人も居るようですが、例えば・・88年と92年あたりを比較してみても、まだまだ、この辺あたりまで、80年代で予習した良い部分のカラーは保っているし、差別するほど、そう音色は変わっていない気もします・・・。
この時代のアイドルもっと、クローズアップされて欲しいですね~。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

まろさんへ
まろさん!

僕らの世代って、90年代は、みんな徐々にアイドル離れしてゆく時期だったような気がします。
特に、チャートを振るわない曲に関しては・・・
アイドル冬の時代でも、CoCoやribbon、高橋由美子あたりは、まだ恵まれていましたよね。
なので、自然と聴くチャンスをあったのではないかと思います。
問題は、それ以下のアイドル達なんですが、、、^^

中嶋美智代あたりもスタートダッシュは好調だったんですが、一般的には曲の認識度も低く、後期は低迷しちゃっていますからね~
おっしゃるとおり、80年代に、この中からデビューしていれば、セールス的にも好成績を上げたアイドルも居たと思います。


矢口渡さんへ

矢口渡さん!


なんとなく、お気持ちわかりますね~
僕も、シングル盤が8センチへ移行した時期って、購買欲が失せてしまったんですよね。
それでも、半分ご存知なのは凄いと思います。
しかし、93年頃までに歌番組を減少していましたし、録画されている映像は今となっては、貴重ですね!
田中陽子は、あそこのアングル次第で、お宝度が・・・(笑)
だいけいさんへ
だいけいさん!

その通りです!
もうアイドルの時代は終わった・・・という扱いで、、みんな苦戦していました。
もちろん、加藤紀子もピンキーピンキーもね(笑)
これから勉強!
コウさん、こんばんは^^。

私も90年代に入ってから、あまりCDを買わなくなりました。
歌番組が減少した事や、ヒットしている曲が私好みじゃなくなった事など理由は色々ありますが、一番の理由は育児にお金がかかるようになったからです(服代、食費、教育費など)。
そうなると、海のモノとも山のモノともわからないマイナーアイドルのCDは買えなくなっちゃうんですよね。
レンタル代すらも出すのが惜しいというか…早い話、かなりケチになりましたね(苦笑)。
それでもCoCoやribbonや高橋由美子さんや森高千里さんの曲はちょこちょこ聴いてました。
CoCoは初期の曲、ribbonは中期の曲が好きです♪

今回のリストを見ていると、冬の時代にデビューしてしまったのが惜しまれるアイドルが何人かいますね。
特に高橋由美子さん、寺尾友美さん、中嶋美智代さんなんて80年代にデビューしていたらトップアイドルになれてたんじゃないでしょうか。あ~もったいない!

90年代末期から再びハロプロ系などを聴くようになりましたが、それまでの空白期間の曲はコウさんのブログで勉強したいと思います。
これからも色んな名曲を教えて下さいね♪





No title
90年代は新譜を聴くことからフェードアウトしていった時期だったのですが、初期ならかろうじてわかります(汗。
この36曲ですと、正直わかるのは半分くらい。

ただ、CDなどからでなく動画から覚えた感じ。
7インチシングル派だったので8cmCDの時代になってパッケージをほとんど購入しなくなってしまったのですが、1993年前半までは歌映像の録画だけは細々としてましたので…。
そしてその後、2回もメディア変換したので(笑

田中陽子さんの楽曲は全て良かったですね。2枚目は映像が重要ですが(笑
もう
時代が冷た過ぎましたよね(>_<)
冷たくして下さいと冷たくしてねは好きですが(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。