それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤本恭子/哀しみの星座

2015.11.04.Wed.01:31

山川恵津子さん関連で、8センチ、どうしても紹介しておきたいものがありました・・・
このタイミングで、投入しちゃおー^^


藤本恭子さん・・・「哀しみの星座」
リリースは、94年6月。


藤本恭子

地元、熊本のご出身です。どっちかって言うとコレクターの方には、80年代アイドル1枚屋?「愛されたくて」のイメージが強そうですが、90年代にファンハウスから4枚のシングル、その後も地元熊本を拠点にインディーズ盤が2~3枚リリースされています。
とにかく、熊本の放送業界では、「藤本恭子は美人」で有名なお方でした。
その放たれた楽曲センスからも、わかるように、午後のティータイムが似合いそう~な癒し系の歌声と涼し気なルックスがトレードマークでした。


最初から、「アイドルの枠」には、当てはまらなかった素質をお持ちの実力派だった・・・と思われます。
そんな、恭子さんが、ピアノを弾きながら、ポロンポロン~♪と、アコーステック畑でお歌いになっていたと思いきや・・・
前作までとは、一転し、本作では、山川恵津子センセイのド派手なアレンジでモロ歌謡ムード全開に~^^
カラオケだけ聴いていると、中森明菜発エスニック路線に近いグルーヴィーサウンドに染まっております♪
90年代に発表された山川系アレンジの中でも、3本の指に入る、ヘビー級&ド派手っぷり・・・だと思いマス^^

いったい、なんで、癒し系の恭子さんが突如?豹変?してしまったの・・・的な作品にご注目!
実は、レコード会社サイドとしては、この曲が最後の賭けであり、勝負曲だったご様子・・・。
おそらく、恭子さんが作詞された歌詞の内容が、すごくドラマチック過ぎて、こんな劇的なアレンジに変身しちゃったんだと思いますが、この路線で、あと1枚くらい?やって欲しかったですね・・・。
これは、まだマークされていない歌謡曲ファンの方には、是非!押さえていただきたいアイテムです。
かなりのコウ(高)評価!なんですが・・・
ご本人、ライブやイベントの時は、こちらのカラオケを使用せず、ピアノの弾き語りバージョンで、毎回、歌っておられました・・・
(苦笑)



関連記事
スポンサーサイト

コメント

二シモンさんへ
二シモンさん!


そうなんですよ~
4枚発売されています↓

①うれしい時もかなしい時も/香る花(92.9.02)
②花束/花の名前(93.3.01)
③夢のほとりで/美しいものほど(93.6.25)
④哀しみの星座/吹かれても吹かれても(94.6.25)←2曲共に山川恵津子編曲


はい!ファンハウス時代のライブに行った事もあります。
あと、地元では、CMやラジオのレギュラー等、けっこう、あえて熊本での露出は多くありました^^
上品なイメージで、キレイですよね~
だいけいさん^^
だいけいさん!


当時、放送関係の方から聞いたお話では、そう言う事らしい・・です^^
僕的には、このアレンジ手法は、かなりコウ評価しているんですが、、、
へぇ~
コウさんこんばんは

ファンハウスから4枚も出してるんですね

90年代の作品はアルバム1枚持ってるだけで
ほとんど知らないんですが
山川さん作品なら聞いてみたいなぁ

ファンハウス時代の生藤本さん見たことはあるんです
確かにすっごいキレイでした(^^♪
あらまっ
本人はあまり好きなアレンジではなかったんですかね、、、

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。