それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人賞レースで橋本美加子VS浅香唯??

2015.10.08.Thu.12:31

こんにちは、コウです^^
まずは、みなさんにお知らせがありまーす。

良い、お知らせです。。
本日付、「懐メロ」記事ランキングで、「実家のコスモス~実家帰ってきました^^」の記事が・・・1位!
にランキングされました。


※「懐メロ」記事ランキングより
http://blog.fc2.com/subgenre/360/ranking/entry/



で、なんでわざわざ記事ランキングでの1位をアピールしたかというと、、、
実は、今まで、この2年半、一度も記事ランキングで1位になった事がなかったんですね~ぇ(汗)
こんだけ、記事書いてるのに・・・(笑)
なので、一応?、これも「記念」という事で、ご報告させていただきましたー。^^
アクセスしてくださった、みなさん!ありがとうございます!!



個人生活A


個人生活と書いて、プライバシーと読ませてしまった、美加子、本気のサードシングル。

85年ラストシーンを飾る橋本美加子、絶対の第3弾!!




このキャッチからも、うかがえるとおり、相当の気合と意気込みを感じる、挑戦&挑発的な賞レース参戦ソングでしたよね。

セールスがどうであれ、上位入賞組の中では、本田美奈子が歌った「Temptation」と、この「個人生活」は、バリバリの戦闘態勢!!で、この年の新人賞レースに相応しい参戦ソングであり、非常に盛り上げてくれた2曲だったと思います。


2015091502090000.jpg

燃えていますよね・・・。美加子、いざ、出陣・・・戦闘態勢のまつげちゃ~ん^^。


しかし、この曲って、どうも生演奏向きじゃなかったんですよね・・・
当時はまだ、歌番組は生演奏が主流の中、どんどんと打ち込みやデジタルサウンドが生産されてく訳ですよ~
この「個人生活」に関しても、だんぜん生演奏より、レコードバージョンのオリカラの方がカッコよかった!
生演奏だと、演奏し辛いせいなのか、なんだか雑に聴こえちゃって・・・ちょっと気の毒でした。(特にイントロの部分とかね)
賛否あると思いますが、、、
やはり、現実は厳しい・・・この時代になってくると生演奏向き、不向きの曲って分かれてみますよね。BPMの問題も含めて・・・




さて、今回記事にしたかったのは・・・
これは、ちょっと難題??かもしれませんね~

最近、85年新人賞レースを記事にする事が多いのですが、85年新人賞レース関連で、こんな記事がWikipediaに・・・


※橋本美加子ウィキぺディアより
備考の所を読んでくださいね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%8B%E6%9C%AC%E7%BE%8E%E5%8A%A0%E5%AD%90


そうなんです、備考欄の3番目に、こんな事が・・・
橋本美加子は、非常に正義感が強く、後半デビューで低迷していた浅香唯がなぜか新人賞レースの最終ノミネートに残っていることが腑に落ちず?、弁護士志望だった岡本舞子?、姉のように慕っていた本田美奈子と共に、浅香に抗議を申し込んだ?ことがあったが、双方のマネージャーが丸く収めて?しまった。また、その件をいじめと勘違いされ、明星などのアイドル誌の取材で涙ながらに真実を語っていた?。
・・・という、これ実際に、雑誌名まで挙がっているので、間違いはないとは思うのですが、、、しかし、、、
ってトコですよね。

2015091501370000.jpg


ある賞レースでもコメントでは、「みんなやさしい」と発言していた橋本陣営でしたが、そもそも、彼女のみならず、スケジュールがいっぱいいっぱいだった最中に、岡本舞子、本田美奈子を集めて、浅香唯自身抗議を申し込んだ・・・なんて事がありえたのかな?って、例え、それらしき情報が誌面に掲載されていたとしても、それが「本意だったのか?」それとも「会社サイドによる仕掛けだったのかな?」、、、なんとも読んだ瞬間、読むには面白いかもしれないけれど、なんとなくですね・・・
ここで、これを載せる必要があるの?って感じで、読み入っていましたー。
しかも、ウィキの中で、他3名の同期アイドルを巻き込んでの情報で、なんとも生生しい・・・。


85年ラストシーンを飾った、絶対の美加子第3弾!「個人生活」・・・
その真相のラストシーンは?????



※ちなみに・・・

・橋本美加子「個人生活」オリコン最高位:98位(9月25日発売)
・浅香唯「ふたりのMoonRiver」オリコン最高位:105位(9月21日発売)


でした(笑)





関連記事
スポンサーサイト

コメント

まろさんへ
まろさん、こんばんは^^


そうなんですよね、公表する人ほど、そうでもなかったりするもんなんですよね。
相場、アイドルは女性の方が多いので、ほんとその中で生き抜いていくには、大変なんだろうな~と思います。
同じレベルの子をターゲットに・・・で、95位と103位の争いってトコですね!(笑)

そーなんですよね、岡本舞子はともかく、橋本美加子と浅香唯自身は、こんな事がWikiに根拠もないのに、載せられてどうなんでしょうね・・・。
女の集団は難しい…。
コウさん、こんばんは^^。

女の子が何人もいると、どうしても派閥が出来てしまうし、派閥同士で揉め合う事もよくあるんですよね。
化粧道具や衣装を隠されたりとかは、どの年代でもあったんじゃないかなと思います。
みんなライバルだし、ちょっとした扱いの差にも敏感な年頃だし…。

美加子さんは思った事をハッキリ言う、嘘のつけない性格だと思いますが、腹黒いとか性格が悪いとは全く思わないんですよね。
本当の性悪なら、みんなで抗議するようなわかりやすい行動は取らないです。
自分の手は汚さず、裏で姑息な手段を取るでしょう…って私が一番性悪ですね(苦笑)。
それにライバルを蹴落とすとしたら、自分と同じレベルの子をターゲットにするんじゃないかなぁ。
と思って記事を見たら、「個人生活」と「ふたりの~」はほぼ互角の成績だったとは。むむむ…(苦笑)。

それにしても本人達しか知り得ない、憶測でしか語れない事をWikiに載せてしまうのは、ちょっとどうかと思いますね。
はっきりとした証拠があるんでしょうか…気になるところです。


だいけいさんへ
だいけいさーん!おはようございまーす^^

賞を下さい!・・で、
マイプライバシーって・・・流れ~
冴えてんな~^^

この一件、だいけいさんのコメントで全て吹っ飛んじゃった!(爆)

だいけいさんのコメント読んでると明るくなれます^^


マイプライバシー!!!(爆)(爆)(爆)
ヒロトさん!^^
ヒロトさん!おはようございます^^


なんだか、ヒロトさんに→じらされてる気がするぅ~(^^)
やっぱり、岡本舞子かな~って思っちゃいマスよー

あ!でも、「個人生活」生演奏のスカスカについてだったんですねー
共感して頂けて嬉しいです。
なので、意外ちゃーなんですが、けっこうアノ作品は、アレンジ手間はかかっていると思うマス。勢いあるし!なんてったってレコードだったら、カッコイイ~^^。不作の98位なんて言わせねー!


あっ、やっぱり最後は、舞子さんで〆てるじゃないですかー
真ん中の、イチゴは最後に食べるタイプなんですね^^!
だ~わぁ~♪
二シモンさん^^
二シモンさん!おはようございます^^


そうです!そのとおりです!
僕もソコを訴えたいとこなんですよね!
ずっと、残ってゆく、Wiki載せる意味あるの?
最中にそんな余裕ないですよね。


98位と105位は・・・
どんぐりですよね!(苦笑)
まろさん^^
まろさん!おはようございます^^


僕は当時、この騒動を知らなかったので、今回のまろさんのリアル体験者は語る・・・ではないですが(笑)
すごーく貴重なコメント有難かったです。
まぁ、言い方悪いですが、被害者側の実名公表を控えての一件だったのですね。
確かに真相は闇の中・・・
突き詰めるつもりもありませんが、良く言えば、85年という年は、それだけ賞取りに熱が入っていた年で゛熱い1年゛だったという事、良い解釈をしたいところです^^。

浅香唯は確かに実績のないノミネート(数字で行けば、同日デビューした森下恵理の方が上)
だった訳ですが、事務所は賞レースお得意だった六本木オフィスだったし、出してくるんだろうなーとは予感していましたが、そんな唯ちゃんにも惨めは事もあり、会場に8組呼ばれて、だったかな~?ステージで7組歌えて、たった唯ちゃん一人だけ歌えなかった音楽祭もありました。映像も持っていますが、85年過酷ですよね~やってる事も(苦笑)

まぁ、でも、おっしゃるとおり、抗議はありえない気がしますよね。
楽屋で口紅が勝手に捨ててあったというエピソードは聞きましたが、、、^^
後半デビューだった高橋利奈さんの証言では、後半デビューは、その輪の中に入るには、和が出来上がってるからこそ、すご~く入り辛さはあった、、との事です。

そですね、、そう言えば、美加子さんの目標は「同性に好かれる歌手になること」でした。
アピールの仕方にも寄りますよね。
その割には、最初から、女優志願だったらしい・・というオチまでも(笑)
聖子ちゃんの事務所で、明菜ちゃんのレコード会社からのデビュー・・・
思った事をハッキリ言うタイプの性格の彼女でしたが、僕らが思っている以上に相当、たいへんだったような気もしますよね。


デビュー当時、ミッチョンは相当、焼肉好きを猛アピールしていましたねー。







う~ん
謎ですね(笑)なんかそんな事より??賞を下さいって言いいに言ったて方が有り得そうかな(笑)
まぁ、そこら辺はマイプライバシーって事で??
こんばんは。
コウさん、こんばんは。
岡本舞子さんの名前が載っているからコメントを書いている……と思うでしょ?
実は、違うんです(笑)

橋本美加子さんの「個人生活」の生演奏のイントロ、僕も「なんでああなっちゃうの…orz」と思っていました。
なんかスカスカで盛り上がりに欠けてしまって。
なるほど、あの楽曲は生演奏には不向きだったんですね。

ところで、あんなエピソードがウィキに載っていたとは…。
岡本舞子さんが弁護士志望と聞いて、僕も弁護士を目指した時期がありました(遠い目)。
コウさんこんばんは(^^)

このエピソードって、確かに読むのには面白いですけど、wikiに載せる意味とか、賞レース中にそんな余裕あるのかとか、???謎ですよね

それにしても、美加子3曲目でずいぶん失速しちゃってたんですねぇ( ;∀;)
98位と105位って、そんなに変わらないような気がします…
真相は闇の中…。
コウさん、こんにちは^^。

美加子さん達と唯ちゃんの一件は明星に載ってましたね。
唯ちゃんの名前は伏せられてましたが…。
明星には美奈子さんの名前はありましたが、舞子さんもいたとは初耳でした。
唯ちゃんファンから極悪呼ばわりされてしまい、美加子さんが「私誰もいじめてないもん!」と語っていたのを憶えています。

唯ちゃんファンの私でさえ「全然売れてないのに何でノミネートされるの?」と思っていましたが、それにしても抗議までするかなあ?と疑問に思います。

真相は本人達にしかわからない事ですが、この一件で一番ダメージが大きかったのは美加子さんでしたね。
美奈子さんは翌年ブレイクしましたし、舞子さんは引退は早かったけど、「ナツオの恋人ナツコ」はそこそこ売れましたし。
でも美加子さんはこれ以降急に人気が落ちてしまって…美奈子さんと並ぶ実力派だっただけに、この失速は本当に残念でした。

美加子さんは正義感が強く、思った事をハッキリ言うタイプなので誤解されやすいのかも知れませんね。
上手く歌えなくて落ち込む石野陽子さんに「大丈夫。明日はきっとうまく行くよ」と慰めた心優しい一面がもっとテレビや雑誌でアピール出来てたら、同性のファンも増えていたかも知れません。

唯ちゃんがブレイクした後、ある雑誌に唯ちゃん、シゲ、ミッチョンの同期トリオが掲載されていました。
唯ちゃんとシゲが喋っている間、ミッチョンはひたすら黙々と焼肉を食べていたとか。ミッチョンらしいエピソードですね(笑)。
シゲとミッチョンは悪い噂は無かったように思います。





管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。