それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤川なお美/どっちつかず

2015.06.26.Fri.00:55

一昨日、菅野美穂のゴールデンベストなど発売されているのですね~。
村田和美や酒井美紀が出たときに、発売されなかったから、てっきりNG・・・だったのかと思っていたら、「ZOO」までご丁寧に収録され発売されたみたいですね。ビクターの復刻どこまで進むのやら?^^


さて、藤川なお美さん「どっちつかず」で、どっちつかずだった・・・作品。
どっちつかず

アレンジを細野さんがやった、デビュー曲「演歌はぐれ鳥」の次のシングルで、今度は、どう来るか?!と思ったら・・・
どっちつかずだった・・・(苦笑)

・作詞:阿木耀子
・作曲、編曲:井上ヨシマサ

この曲を一番最初に聴いたのは、テレ東の夕方に月~金で放送されていた「銀BURA天国」での、今週の歌でした。
ミニスカートやホットパンツで、ドタバタ劇の後に、1週間毎日歌ってくれました♪
なんだか、演歌でもポップスでもない絶妙なメロディーラインの曲で、当時としても、この曲は将来、「もの凄いディープ歌謡になるハズだ」と予感した大物作品でした^^

藤川なお美の2ラウンド目は、演歌でもポップスでもなく、百恵ちゃんのオマージュだったのです。

発売は、94年4月リリース!
阿木耀子作詞による、90年代版山口百恵焼き直し作戦のモルモット的歌謡路線。
アレンジは、当時、ハウス系のアレンジにハマっていた井上ヨシマサを起用。
井上も、実験なら・・と、遊びたい放題!ハチャメチャぶりが大発揮されたヤミ鍋歌謡の決定版!^^

こんな不純?な楽曲を与えられてしまった彼女も幸か?不幸か?・・・
かなり難度が高い作品だっただけに、藤川なお美でなければ代替え不可能な作品だった事でしょう・・・。

今となっては、彼女の個性がキラリと光るナンバーで、マニアからは「どっちつかずの藤川なお美」と呼ばれてしまう事も(笑)
相当、職人技が試されるセンスのアレンジでしたが、井上ヨシマサが当時、こんな冒険をしてみたかったアタリも、この作品から、垣間見える迷宮歌謡。
感覚的には、ピザに味噌汁・・・って食べ合わせかなっ(笑)

B面「失恋慕情」は、よくNHK「アイドルオンステージ」で歌っていた^^。

また、当時、演歌は流さないと言う方針だった、民放のFM局が、演歌セクションから発売されていたにもかかわらず、ヘビーローテーション曲として、「どっちつかず」を選曲している。これも快挙といえば快挙な出来事しょう・・・。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

sick36さんへ
Sick36さん、こんばんは!

そうですね。
ものまねが得意だったところも共通点ですね!笑
だいけいさんへ
だいけいさん、こんばんは!

確か、アイドルオンステージの準レギュラーでしたよね!(遠野舞子と揃って^^)
確かに、曖昧・・・笑。
去年、ゲットでしたか~
深津っちゃんのベストいいですね!今まで出てないからNGなんでしょうかね。
そ、言えば、深津っちゃんも「アプローズ」でしたね(笑笑)
カズさんへ
カズさん、こんばんは!

そっかー、そうでしかたー
カズさんは、このアタリが大好物だったのですねぇ^^
イントロ、カッコイイですよね。僕も大好きです!
藤川なお美、笑顔が好きでした。
カーステから、この曲が流れて「サイコー」と一緒に言えるような、友達が居たら、サイコーですね!(笑)
山本ゆかり「私MAILUWA」と並ぶ、アナクロ歌謡路線の傑作だと思います。
アイドルオンステージ、出てましたねよく~
ホントに曖昧な方で(笑)この曲、買い逃していて昨年やっと手に入れました(笑)
ビクターはゴールデンベスト深津絵里に期待してますが、、、?
待ってました!
コウさん、こん○○は^ ^

クセになるというか、イントロのリフから大好物です!
ルックスもタイプです^ ^
8月の猛暑日にカーステから流れたらサイコーです笑


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。