それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ORITO(折戸都志郎)/そして僕を愛して

2015.06.22.Mon.18:02

いや~、このディスクも苦労盤となった1枚です^^

本作は、97年5月リリース、小林信吾サウンドプロデュースによる、ORITOのデビューシングルです。(ジャケのイラストもステキ^^)
アルバムの方にも収録されており、そっちの方は、2枚も!持っていたのですが、8センチの方は、廃盤も早く、掘り起こすのに、15年!もの歳月が、経過してしまいました・・・(汗)ほんとに汗だくっスでした^^
そして僕をお


ORITOは、本名:折戸都志郎、95年6月に平井堅がデビューし、まだカジュアル系のポップスを歌っていた頃、その翌月に、本場仕込みの全英語による、ソウルアルバム「ソウルジョイント」でビクターからデビュー。
まさに時代は、小室時代の真っ只中における快進撃は手も足も出せるハズも無かった・・・
しかし、90年代後半にジワジワと盛り上がりを見せた、一派の中では、ある種、草分け的な存在であり、J-R&Bという工場の台所を設計したのも、ORITOあなたの存在があれば・・・の事だったのだろうと思います。

結論的に言ってしまえば、ORITOの登場は、J-POPシーンの流れの中では、ちょっと早すぎたと言った印象で、それが凄く残念なとこでもある。
決して、派手さな無いが、本場仕込みのボーカルセンスと、歌聖との呼び声の高い彼のヴォーカルはクール&スマートかつ、ファルセットの心地よさが印象的なシンガーでした。

音楽月刊誌「ADLIB」95年度、読者人気投票ベストテンにて、ブライテストホープ部門:第1位入賞。


残念ながら、2008年、ツアー先の大阪のホテルにて死去・・・享年43歳。

90年代のJ-R&Bシーンのルーツを紐解くには(冒険する?)彼の歌声は欠かす事な出来ない存在だ・・・。


★「そして僕を愛して」動画より
https://www.youtube.com/watch?v=mHyZ13C9-qQ


そして僕をお2
「そして僕を愛して」を収録した、小林信吾プロデュースによる、セカンドアルバム「ソウルフード」(ジャケット写真は、プロモーション盤より)のラストには、堺正章の往年のヒット曲「さらば恋人」も収録。

★「さらば恋人」動画より
https://www.youtube.com/watch?v=btVG9KZcMdY




スポンサーサイト

コメント

アマノガワさんへ
アマノガワさん、こんばんわ!

ORITOさんの曲、聴いてくれましたか♪^^
アマノガワさんにとっては、癒し系に映ったんですね。
好きかもしれません、って言ってくれてありがとー。
当時は、あまりプッシュされていたかったし、プレス枚数も少なかったようだから知らなかったのは、仕方ないよね。
もっと、もっと、ORITOさんの音楽広げてゆきたいなぁ~♪
癒しの一曲〜♪(´ε` )
コウちゃん、こんにちは❗️
ORITOさんの歌試聴しました❗️
歌声が爽やかな感じで何だかすぐに溶け込めて自分的に以外と好きかもしれません(^^;; 90年代に出てたとは全然気付きませんでした…(;_;)
堺正章さんのカバー曲も聴きましたが何だか癒される感じで良かですね〜(^^;;
休みの日なんかにゆっくり聴いていたいなぁ〜♪(´ε` )

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。