それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京Qチャンネル/「いつか」は今日だった

2015.05.23.Sat.20:06

♪涙がほら こぼれてくる 止めれらないほど この瞬間をずっと願っていた~
解らなかった歌の意味も またひとつ解けて~♪
・・・てな、歌^^


CMの女王:須藤まゆみさんと・・・割田康彦さん伝説のユニット、TQCの紹介です・・・。

TQCは所属が研音で、研音の中でも当時としては、ニューミュージック系ユニットの在籍は希少な部類でした。

研音が平井堅と同時に95年有望新人として売り出しをかけたアーティストで、本作は、96年6月リリース、5枚目のシングルとなります。
特に、最近この曲が突然、聴きたくなり、実家から引っ張りだして、持ってきてヘビロっているCDです^^


作詞:須藤まゆみ(すどぱあさん)作曲:割田康彦(割さん)、編曲には野田康彦さんを迎えての豪華共演。

やっぱり、TQCの曲は、どれもメロディアスで、元気を与えてくれる作品が多いな~

いつかは今日



すごいね!答えはすぐに出ないけれど逆算して気づく・・・
たし算をしてきたこと・・・
「いつか」・・・は、今日だった・・・。




須藤まゆみさんは、少し前だとオリヒロのCMソングを歌っていた声の人でも有名!
^^


※「いつか」は今日だった試聴1分40秒~
https://www.youtube.com/watch?v=daL4O3Vl1Pk



関連記事
スポンサーサイト

コメント

だいけいさんへ
だいけいさん、コメントありがとうございます^^

お!この辺あたりも守備範囲だったのですね~。
マニア受けは良かったんですが、一般にはバーン!と浸透しなかったですよね。
大森蒲田さんへ
大森蒲田さん、コメントありがとうございます^^

大森蒲田さんは、デビュー曲からTQCをリアルタイムに聴いていらしたのですね。
もう、TQCのサウンド、メロディーライン、そして、すどパーさんのボーカル、どれを取っても、元気が沸いてきますよね!独創的で遊びこころのある歌詞も好きでした^^

そーですねー、言われてみれば、言葉数が多すぎるように感じますよねー、しかし、これも計算のうちって事でね!^^
セカンドアルバム」「サンドイッチ」、この中に収録されていた、1つ前のシングル「素直なままで恋をしようよ」これもお気に入りでよく聴いています♪
笑いの1曲から、涙の1曲まで、とてもバリエーション豊富なセカンドアルバムだったと評価しています。
21年目にして新鮮な音楽
初めて東京Qチャンネルの楽曲を聴いたのは、デビュー作の「普通の日々」でした。
'70年代からダ・カーポのファンで、男女デュオの歌は美しいメロディーの作品が多いという固定観念を持っていましたが、東京Qチャンネルの場合は独創的な歌詞にも惹かれましたね。
一見、言葉数が多過ぎるように見える須藤さんの歌詞に、計算されたかのような割田さんのメロディーがマッチして、'90年代はとても楽しませてもらいました。
この「いつかは今日だった」が収録されているセカンドアルバム「サンドイッチ」がお気に入りです。デビュー以来21年目にして、なお新鮮さを感じさせてくれます。
大森蒲田
ゴールデンベスト、買いましたよ、中古ですが(笑)
イマイチ、バーンと来なかったですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。