それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気まぐれセレクション♪清水信之特集!

2015.05.02.Sat.17:20
こんにちは、コウです。

本日も熊本は晴天です^^
明日から、博多では、どんたくが始まります!しかし、どうやら、雨模様のよう・・・。
またもや、今年も雨のどんたくになるのか~。今日まで晴れだと言うのに・・・。

あ、それから、今年もお約束のこれを・・・(去年も言いました)^^
GW中、旅先からや、道中の車内から、訪問してくださってる方!ありがとうございます!
今年も全国各地、すごーく混んでいる模様ですが、道中の無事をお祈り致します。
楽しい旅でありますように・・・^^



では、本日も旅先でも聴いていただけるように、YouTubeから5曲セレクションしてお送りしてみたいと思います。


本日は、「清水信之さんの特集です」


個人的に、一番好きなアレンジャー?と聞かれたら・・・清水信之と答えている程、清水ノブさんの「土曜の夜」的なワクワク感を放つ、電子的な音使いが大好きです。
1959年生まれで、80年代にアレンジを手がけた曲の大半が、20代前半と言う若さで手がけから、ヒットしているいう驚異的な天才アレンジャーでございます。
では、YouTubeから引っ張ってきての推薦5曲お楽しみください♪




★Playリスト1 大空はるみ「はるみのムーンライトセレナーデ」
82年、タンタンこと、大空はるみの再デビュー作です。原曲は、グレンミラー楽団のリッチな気分にさせてくれるナンバーを、オールドタイミースイングポップに調理され新装開店。数あるカバーの中でも、このバージョンが一番好き。ここでもノブさん流「土曜の夜」なサウンドが満開。

※YouTubeより
https://www.youtube.com/watch?v=LxwaKhWKqzA
※大空はるみ記事より
http://neopageone.blog.fc2.com/blog-category-91.html






★Playリスト2 EPO「VITAMIN E・P・O」
80年代のノブさんを語るには、欠かす事の出来ないアーティスト。大学時代の後輩で、EPOのRVC時代大半の曲のアレンジとサウンドプロデュースを担当。アチチ!の噂まで浮上したりして・・(笑)。本作は、83年4月リリース、EPOブレイクのきっかけとなった「う、ふ、ふ、ふ」が収録されたアルバムのトップナンバーがコレ♪
最近、う~ん、3月から、ず~と、この曲を聴いてて、元気とビタミン貰っています^^
平松愛理との結婚もあり?、EPO+清水信之ゴールデンコンビによる作品は、ずっと疎遠状態が続きましたが、98年リリース、鈴木蘭々のシングル「キミとボク」で見事、再会^^実現している。


※YouTubeより
https://www.youtube.com/watch?v=uGhQIANY1-g
※記事より
http://neopageone.blog.fc2.com/blog-category-260.html





★Playリスト3 真鍋ちえみ「彼をかえして」
真鍋ちえみ、異色の?ファーストアルバム「不思議・少女」からの作品。82年リリース、EPOとノブさん、気の合うコンビによるPOPナンバー♪このアルバムの中でも、現代っ子なアイドル:真鍋ちえみのセンスを引き出した仕上がりとなりました。
マナベ~の可愛さにもご注目^^


※YouToubeより
https://www.youtube.com/watch?v=ahZttZuFgL8&list=PLLqSiyDwUx1psSnkNmTOZIrfN8wto87VS&index=4
※真鍋ちえみ記事より
http://neopageone.blog.fc2.com/blog-category-357.html






★Playリスト4 徳丸純子「風もとまる十月」
青のないパレット
83年12月リリース、徳丸純子のセカンドアルバム「青のないパレット」に収録。本作では、ノブさんが作曲と編曲の両方を担当してくれている。アレンジの依頼は、ノブさん側からではなく、レコード会社の方からあったという事です。昨年、「ラグジュアリー歌謡」の藤井さんとのやりとりの中でも、おっしゃってましたが、復刻をトライしたところ・・・やはり権利関係の問題等、複雑なご様子・・・どうやら、マスターテープうんぬんだけの問題じゃなさそうーですね。非常に残念・・・。
なのですが、今、思えば・・・彼女の実績のセールスでセカンドアルバムのセールスに、こぎつけた・・というのも、所属がTDKだったからこそ実現出来た!のかもしれませんよね!(大手なら、このセールスでは3枚も出してくれなさそう)・・・そう思えば、CD化実現しなくとも、3枚LPが出せた事自体が奇跡だったのかもしれませんよね!・・・(ごめんなさい、生意気言って^^)赤字を背負った、これぞ名盤です!捨て曲ナシ!!


※YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=w0PJTpo0PQk

※徳丸純子記事より
http://neopageone.blog.fc2.com/blog-category-703.html






★Playリスト5 藤竜也「ニューヨークサンバ」
ニューヨークサンバ
いや~日本一、シブい俳優さんでしょう。藤竜也さん・・・。このシブさは永遠・・・。カッキーなー★イケメンという単語が出てくる前の、ナイスガイ!さんですよね!^^
最近は、映画が話題になったり、NHKのドラマ等でもご活躍。俳優を永く続けるコツは、「飽きないこと・・・ぼちぼちやる」という事です。これ、俳優だけに限らず、まさに、そのとおりだと、共感いたします^^
髭歌謡枠にもチョイス出来そうですが、ノブさんアレンジなので、こちらでエントリーしてみました。
84年リリース「セニョリータ・マリア」のB面ですが、B面の方が出来がイイっすよ。ノブさん^^
藤さんがブラジル行きたさに、レコーディングが実現したというエピソードも・・・^^
ま、確かに歌わされてる感がヒシヒシと伝わりますけどー(苦笑)
ノブさん流、デジタルチックな究極のボサノバ歌謡がここに♪あり。
いや~、この気だるい感じ、たまんないな~。
作詞作曲は、安井+加藤コンビ。
マイフェイバリット映画「黄金のパートナー」(藤竜也主演)もおススメしたい


※YouTubeより
https://www.youtube.com/watch?v=M3RL-k1sk3Q



関連記事
スポンサーサイト

コメント

矢口渡さんへ
矢口渡さん、こんばんは^^

リアルに今、青のないパレットですか~♪
ほんと、これは名盤ですよね!しかもファーストより完成度が高いし!
「時の魔力」・・・あれは1曲目に相応しい曲順だったと思います。
あの、呪文のような、サビ!とてもキャッチー(古い表現かな?^^)です。

「あなたの胸に、もう一度」って、♪センチメンタルジャ~に~
って歌詞がある曲でしたよね!あのメロディーの切なさも好きですよ。
「恋はシーソーゲーム」(爆)
これはね、僕も矢口さんと同感です!なぜか、ここで浮くんですよねー
なんでだろ?ノブさんのアレンジなのになー。
全曲フルアルバム曲でも良かったのかもしれないですね。「魔法のカプセル」とか(笑)
青のないパレット
『青のないパレット』、好きです。名盤ですよね。
読んでいたら聴きたくなってしまったので、再生中。(WAVE化してHDDに入っているので)
「時の魔術」の投げやりにも聞こえるのに曲にハマっている歌唱に、冒頭から衝撃でした。

「あなたの胸に、もう一度」が流れだしましたが、当時、この曲もなんだかよくわらないけどゴイス(今は死語?)って思ったのものです。

ううむ、「恋はシーソーゲーム」が妙に浮いているのはご愛嬌ですが…。A面だから収録しなければならなかったんでしょうね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。