それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気まぐれセレクション♪伊庭紀子、原田千絵、木村恵子、岡本舞子、グロリアイップ

2015.05.01.Fri.00:07

こんにちは。コウです^^

いよいよ、5月のスタートです。
もう、冬物も直してよさそうですね。

今頃の季節が、一番、気持ちよく寝れるような、そんな気がする、今日この頃・・・
冷房も暖房もいらないこの季節だからこその安眠のひととき・・・^^
超ー快適!^^



さて、本日の5曲は、
「気まぐれセレクション」と題してお送りいたします。



音楽のテーマやワードは関係なしに、その時の気分で聴いている、袋詰めセレクション!のようなもので、不定期ながら、お届けしてゆきたいと思います。


今回は、レコードから5曲をセレクトしました~♪
最近、良く聴いている曲ばかりなのですが、時代やジャンルはバラバラです。
今回は、あえて、YouYubeでも聴ける5曲で選曲しました。




★Playリスト1 伊庭紀子「あなたのせい」
81年4月徳間音工クライマックスレーベル第1号新人!森園勝敏プロデュースによる、エアプレイ手法のアレンジが光るポップナンバー♪CD化が待たれる名曲

※伊庭紀子記事より
http://neopageone.blog.fc2.com/blog-category-413.html
※「あなたのせい」Youtubeより
https://www.youtube.com/watch?v=jPy2o4MJHUk






★Playリスト2 岡本舞子「桜吹雪クライマックス」
桜のタイトルがつく曲の、その大半は、桜が咲く前に聴きたくなるタイプが多いのですが、この2曲は例外で、桜が散った後の・・・余韻に(散り際に・・)聴きたくなる2曲。それは、木元ゆうこの「チェリーガーデン」と、本作、岡本舞子の「桜吹雪クライマックス」です。
この曲、以前、特集でやった「A NIGHT IN NEW YORK」なアイドルポップスでは取り上げてなかったんですが、これもその流れを上手くアレンジに取り入れた一波の作品ですね~。彼女の新人離れした、ロック調の歌唱法にも注目しておきたいアッパレなナンバー。


※岡本舞子記事より
http://neopageone.blog.fc2.com/blog-category-179.html
※「桜吹雪クライマックス」より
https://www.youtube.com/watch?v=NoJKtfoktLc





Playリスト3 ★木村恵子「コルトレーンで愛して」
気まぐれ11
気まぐれ12
気まぐれ13
当時、この曲を聴いて、チェリーから~ブラックチェリーへと、心身ともに僕の通天閣まで(笑)成長させてくれた気がする思い出のレコード^^・・・
当時、レコード会社のセールスマンと言われる人たちが、全国のレコード店をかけずり回っていた・・・
大体、月1のペースで取り扱い店舗を、くまなく訪問するのが仕事・・・
ある日、バッタリ、コロムビアのセールスマンの人と喫茶店遭遇・・・
最近、どんなの聴いてんの?聞かれ・・・「木村恵子」と答えたら、「へぇ~大人じゃ~ん」と言われた・・・
その瞬間、木村恵子って大人の聴く音楽なんだと、再認識させられた。
掲載ジャケットはプロモーション盤よりスポット!B面が岡崎友紀のカバーってとこも、おしゃれ度Up!(プロモ限定)
絶対、彼女の作品が再評価を浴びる日がやってくると信じている・・・

※木村恵子記事より
http://neopageone.blog.fc2.com/blog-category-135.html

※「コルトレーンで愛して」YouTubeより
https://www.youtube.com/watch?v=i9PZACA2WLU




★Playリスト4 原田千絵「夢のカリフォルニアまで」
気まぐれ15
これは、70年代もののアイドルですね。77年7月リリースのデビュー曲!ロックやニューミュージックを主力として製作する、インビテーションレーベル、唯一?の正統派アイドルという意味でも、極めて希少なアイテム。両面:筒美京平による作曲で、A面は同じレコード会社所属だった石野真子ラインの曲風。B面、これまたノーマークじゃ、マニア失格!「おとなの感触」は、岩崎宏美の初期ラインを思わす伸びやかなメロディーラインの名作。個人的には、旅のお供に推薦したい。サザンと同じレーベルでっせ~^^

※「夢のカリフォルニアまで」YouTubeより
https://www.youtube.com/watch?v=DTtvE3RqczQ





★Prayリスト5 グロリアイップ「ASHURA]
気まぐれ14
90年2月21日デビュー!同社の花島優子と同時デビューでした^^。早すぎた韓国アイドル・・・って印象でしたが、鷺巣詩郎が同時期に手がけた、宍戸留美の「コズミックランデブー」と並ぶ、宇宙系サウンドで姉妹作みたい^^。
作詞は、谷山浩子でした。掲載ジャケは、宣伝用に製作されたプロモーション盤ですが、商品化しても違和感ない程の仕様は最高傑作!オリコン最高位49位と大健闘。

※「ASHURA」YouTubeより
https://www.youtube.com/watch?v=rClWq9qMZ2E


関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。