それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A NIGHT IN NEW YORKなアイドルポップス♪

2015.03.08.Sun.13:29


★本日の推薦盤コーナー



こん@@は、コウです^^!
このコーナースタートして、約1ヶ月になりました。
え~改めまして・・・

このコーナーは、過去に発売されたディープな歌謡曲に、色んなテーマを、勝手に決め(笑)、週&日替わりでお届けするカルトな企画です。
僕から、読者の方々へ一言・・・今日もどこかのスピーカーやエサ箱から、またまた名曲が誕生しようとしています。あなただけの名曲ヒットが!10年前に発売されていようが、30~40年前に発売されていた曲だったとしても、、今日、初めて聴いたあなたにとって、それは、まさしく新曲です!さぁ、コレクターにとって、人生の新曲発掘作業、振り返りながら、そして発掘や再評価も楽しみながら、ご一緒に、よろしくお願いいたします^^~♪



本日のテーマは「A NIGHT IN NEW YORKなアイドルポップス」です!
とは・・・・・・・・

1983年に、ヒットした80年代を代表するディスコナンバー、エルボウボーンズ&ザ・ラケッティアーズの「ナイト イン ニューヨーク」のこと。これ、アイドルコレクターだと、タイトルを聞いただけで、ピン!と来ない人もいると思いますが、けっこう、TVでもBGMに使われている事も多く、業界ウケがいい、ディスコクラッシックナンバーとしても有名^^。
参考の為に、聴いてみては・・・

https://www.youtube.com/watch?v=xpgQRnTulqY

さて、今回は、この「ナイト インニューヨーク」を上手くアレンジに取り入れた、アイドルポップスや、カバー曲を5作品ピックアップして紹介したいと思います。




真夏の永遠
●北原歩「真夏の永遠」
まずは、歩ちゃん^^。93年6月リリース。89年クラリオンガール準優勝をキップに、92年にCDデビュー!。くちびるに1億円を賭けた彼女の4枚目のシングルは、夏全開の高気圧サウンド。リリースされた93年、割れそうに暑かった夏を思い出します。(本、CDは三浦海岸の砂浜で寝転がっていた所、イベントスタッフの男性がやってきて「なんと、歩ちゃんのCDを特別プレゼントしま~す。と言われもらったCD^^。ちなみに、三浦海岸で配られたCDのみ京浜のシールが貼られている)曲リリース時、京浜急行のイメージガールという事もあり、京急を思わせる・・(笑)豪快なスピード感溢れる、とにかく忙しい曲でした^^。メロディーの1フレ、2フレまで、ほんとにいいの?って位に、ナイトインニューヨークと、ほぼ同一のメロディーを引用してるあたり、かなりの確信犯。
アイドル冬の時代にあって、黄金期を彷彿させる、夏うた裏メニュー作品。もっともっと評価される予感ありの1枚・・・。
「真夏の永遠(エテルナ)」試聴。
https://www.youtube.com/watch?v=mEAkPq0ieDo




春休み
●水谷麻里「春休み」
88年3月リリース。イントロからして、春風に押されてしまいそうな、急ぎ足なポップス。発売以前に彼女の休業宣言が決まっていた事もあり、楽しいメロディーの曲なんだけど、なんとなく、春のため息・・・を連想させてしまう、88年春ソングという印象でした。曲のリズム体が「ナイト インニューヨーク」と同一で、原曲に比べると、かなりテンポアップさせている。
「ナイト インニューヨーク」が持つ、ワクワク感に、本作では、ジャジーな雰囲気も入れつつのアレンジとなり、ゴージャス感まで堪能できる快作。個人的には、アウトドアなアイドルソングで、ピクニックにお供したい1枚。
「春休み」試聴。
https://www.youtube.com/watch?v=aQ3sIC8LxEQ





isei.jpg
●速水昌未「異性」
87年4月リリース。セカンドシングルというよりもアルバムで聴いてみたかった1枚屋アイドル。キリンオレンジのCMソングという事もあり、TBS「ザ・ベストテン」でのCMで、頻繁に流れていたという、売れずとも幸運なナンバー^^。レコード会社はCBSソニー、事務所は都倉俊一のイニシャルで命名された、エスワンカンパニー、出身は兵庫県という、全て、事務所の先輩だった南野陽子と同じ共通項、条件、レールでありながらも、不遇としか思えない気の毒過ぎた伝説のアイドル。
先に紹介した「春休み」とほぼ同じリズムで進行してゆく、爽快感溢れるナンバー。「春休み」と比較すると、テンポダウンしている分、「ナイトインニューヨーク」気分を味わえる一方、こちらでは、ヴァンマッコイの「ハッスル」をアレンジで引用しており、「ハッスル」の主張の方が、聴いた瞬間は、耳に入り安い。こちらもアウトドアな作品、晴天ならば、山でも海でも、郊外でもピタリとハマってしまう、BGMでしょう~。しかし、最初聴いた時、キャッチーなサビなのに何って?歌ってんのかわかんなかったな~?・・・さすが、バイリンギャル(笑)
「異性」試聴。
https://www.youtube.com/watch?v=OWh_EXi0Y34





TAKEME.jpg
●麻衣「TAKE ME FOR A LOVE」
87年9月リリース。当時、いきなりのデビューで、いったい何者?・・・て思っていたら、ミズノスポーツ&ディスコマハラジャのイメージガールというW王冠を持つ、スポーツギャルでした^^。本作はデビュー曲だった「SHOW ME」のB面として収録。森川由加里さまより、一ヶ月早く発売していたのにーーーーーー!
なんだーーーーー!この差はーーーーーーーーーーーー???^^
さすがに、「SHOWME」の歌での表現力は由加里さまが↑でした(笑)。しかし、B面「TAKE ME FOR A LOVE」は、「ナイト イン ニューヨーク」を日本語詞でカバー。原曲よりも、ダンサブルに、フュージョン色もパレットに色彩都市宣言。
ご機嫌で、ハッピーで、ウキウキ感あり、ワクワクもあり、まるごと、ナイト イン ニューヨークの条件クリアなカバー作品でドライブサウンドとしても対応。邦楽アーティストがやった、ナイトインニューヨークな世界では、お手本みたいな優秀作。
※ジャケが部屋の中で見当たらず、代替ですみません。





秘密の夜にして
●田中美奈子「秘密の夜にして」
92年5月リリース。アルバム「TWO HEART」に収録されたラストナンバー。「ナイト イン ニューヨーク」の日本語バージョン。初めて聴いた場所がラブホだったので、そんなムードもあってか、真夜中も、明け方近い夜に聴きたくなるような、ナンバー。麻衣のバージョンに比べ、浮動感ありのグルービィー感覚で夢のような世界へ誘(いざな)ってくれそう。
優しくしっとり系のアレンジに、彼女がシングルでは見せなかった母性的なボーカルが、つい、心地よい眠りを誘う、とろり甘い作品・・・。



スポンサーサイト

コメント

まろさん
まろさん、こんにちは。

そーでしたかー
子供さんの名前は、SHIHOさんに、あやかってだったとは・・・
なんか、この記事とコメントの流れって偶然でしたね!
SHIHOさんの記事のところだったらね~SHIHOさん自身も読まれてたりして、きっと喜ばれていた事でしょう。
ほんと、SHIHOさんってご自分の意見とポリシーを持ってて、カッコよかったですよね~^^
No title
コウさん、こんにちは。お返事ありがとうございます^^。

私がメンズ雑誌を読むようになったのは数年前からなんですが、中学生の頃から男の子みたいな恰好をしていました。
友達から「背が高いから、そういうファッションが似合っていいなあ~」と言われて有頂天になったのがきっかけです(笑)。
ファッションの参考に「smart」や「Ollie」を読むんですが、掲載されている服は値段が高いので、しまむらで似たような服を探して着ています(苦笑)。

コウさんからステキなお姉さまと言って頂けて、とっても嬉しいけど恐縮しちゃいますね(赤面)。
私はともかく(笑)、SHIHOさんはステキでカッコいいと思います。

実は長女の名前が「しほ」なんですが(漢字はナイショ)、SHIHOさんにあやかって付けたんです。
可愛くて奇抜じゃない名前を付けたいと思い、最初は杉本彩さんの「あや」にしようと思ったんですが、苗字との兼ね合いで却下する事に。
なかなか決まらず途方に暮れていたら、テレビに出ているSHIHOさんを見て、「しほ」って名前いいなーと思い旦那に相談したらOKしてくれたので付ける事にしました。

番組名は忘れたんですが、セクシーアイドル大集合の番組にSHIHOさんが出演されていて、すごくカッコよかったのを憶えています。
他のセクシーアイドルがおバカなコメントしか言わないのに対し、SHIHOさんだけがすごくしっかりとした自分の意見を述べられてて、「この人、スゴイなあ!」と感心しました。
杉本彩さんもセクシーだけど凛とした雰囲気も感じられて憧れますね。
過激な衣装やパフォーマンスでも、下品に見えなくてカッコよかったなあ(私と同い年とは思えない…涙)。
セクシーでカッコいい人は男女問わず大好きです。もちろんコウさんも♪
まろさん
まろさん、こんにちは。

早速、ご報告ありがとうございました!
見ましたかぁ~

自分もウォーキングの途中に、TSUTAYAに寄って、本見て来ましたyo^^
DEEPの広告も、志村くんもチェック出来ましたー
あ~ へぇ~ まろさんって、こういう雰囲気の男性がタイプなんだ・・って(笑)
大体、わかりました(笑)
メンズ雑誌を読まれるんだったら、伝えてみて良かったデス^^
しかし、ほんと詳しいですね!。男性メンズ雑誌の名前をズラリと・・。
僕も、特に「Ollie」は15年くらい前は、良く買って読んでいました。
あの頃は、ヒゲ男子もまだ今のように多くなかった気がしますし、会社=ヒゲ=おしゃれ、という理解も今より社会的に厳しい時代でした。夜道の繁華街を歩いていると、今はヒゲ男子増えたな~と、つくづく思いますね。

この1週間は、SHIHOさんと、まろさん、ステキなお姉さま方、お二人から、ありがとう!て言われて、とても光栄でした!^^
No title
コウさん、こんにちは^^。

この間コウさんが↑で紹介して下さった「BITTER」を今日立ち読みしてきました。

ヒゲの男性が沢山載ってて、コウさんもこんな感じなのかなーと思いながら読みました。
DEEPの広告ページの男性のタトゥーがカッコよかった~♪
私自身はタトゥーを入れる予定は全くありませんが、人のタトゥーを見るのは好きなんです。
私がもう少し若くて美人でスタイルが良かったら、こんな男性とイチャイチャしたいなー。
一番好みのタイプだと思ったのは、デート服研究所のコーナーに出ていた志村くんです。
もう食べちゃいたいくらい可愛い~♪ヨダレが出そう(笑)。

他に「411」「SENSE」「woofin'」「UOMO」(表紙の伊勢谷友介さんがカッコいい!)をパラパラと立ち読み。
YOUさんが表紙の「GLOW」と、たかぎなおこさんの「へなちょこ手づくり生活」というコミックエッセイを買って帰りました。
いろんなメンズ雑誌を読んで目の保養になって良い一日でした^^。
コウさん、ありがとう♪

スカッドMさんへ
スカッドMさん、こんちは。

そうですねー^^
現在の彼女は、バラエティーに出ている時は、すっかりオバサンキャラなっちゃってマスけど(笑)、ドラマの時は、凛々しく、演技に貫禄もありますね。最近もドラマ拝見したばかりでした。
デビュー当時は、そうですね~ワンレン&ボディコンの衣装のイメージが強かったんですが、写真等は、けっこうジーンズ姿も多かった印象もあります。
あはは、^^・・・
スカッドMさんらしい、想像ですねぇ~
いや、なかなか鋭いかもしれないですよ~その想像力(笑)
おヘソもファッションによっては、アクセサリーのようなものだと僕は思っているので、無理にデニムを上げすぎて、隠しているより、おしゃれ&セクシーですよね。
彼女の眼力と、当時、カッコイイ女性のイメージからしても、やはりワイルドセクシーの枠に入ると思います♪
No title
コウさん、レスありがとうございマス♪

田中美奈子さん、今は女優さんとして、2時間物のドラマなどに出ていますね。表情も凛々しく、大人の感じが伝わってきます。

美奈子さんと言えば、「涙の太陽」から、ワンレン&ボディコンのイメージが強いですね。

ピンクのボディコンで歌っているのをテレビで観たことがありますが、ジーンズで歌っているのを観たことはありません。

デニムの服にブルージーンズの美奈子さんが、デニムの服の裾を右手で右の方に引っ張り、左手を裾の下に添えるように入れて、へそを出している仕草…、

美奈子さんは、右斜め上の方を見て、口を開けていて、出しているへそを気にしていないようですが、

素肌の上にそのままデニムの服を着ているので、「へそを出そうかなあ」という気持ちになったのかもしれません…(想像ですが)。

水着のときにへそを出している美奈子さんの画像を見たことがありますが、服をずらしてへそを出す美奈子さんは、このとき初めて見ました。

へそを出す美奈子さん、ワイルドセクシーですね!
スカッドMさんへ
スカッドMさん、こんばんは。
どうも~お久しぶりです。
お元気でしたか~

ブログチェックしてくださってたんですね~
どうも、ありがとうございます!

新鮮だと受け止めて頂き、うれしい気分です。
やはり、田中美奈子さんと言えば「涙の太陽」ですよね♪
「秘密の夜にして」は、また雰囲気が違った魅力のある曲なんですよー。
「もう誰も愛さない」懐かしいですねー^^
あのジャケットの表情好きでしたよ。
あ~、ヘソ出しショットありましたか。^^
美奈子さんも、ワイルドセクシーの部分もあるので、スカッドMさんの守備内なんじゃないですか~^^
彼女、ボディコンだけじゃなく、ジーンズも上手く履きこなしていましたよね。
No title
コウさん、本当にお久しぶりデス♪

私も本当に久しぶりのカキコですが、このHP、拝見しておりマス。

「本日の推薦盤のコーナー」、初めて知った歌手や歌がありますが、知っている歌手の知らない歌もあり、とても新鮮ですネ~。

田中美奈子さんは「涙の太陽」のイメージが強いですが、「秘密の夜にして」は、初めて知りました。

以前、「もう誰も愛さない」というタイトルのアルバムCDを見たことがあります。

そのジャケットに、デニムの服にブルージーンズの美奈子さんの写真がありますが、その中で、デニムの服の裾を右手で右の方に引っ張り、左手を裾の下に添えるように入れて、へそを出している写真がありました。

同じ服装で、左手を頭の後ろに、右手を腰にあてて「どうしようかなあ」という感じの表情をしている写真もありました。

デニムファッションの美奈子さんは、このCDのジャケット写真でしか見たことはありませんが、ワイルドセクシーな感じがしました♪
No title
コウさん、こんにちは^^。

そういえば時々アーチストの方が来られてるんでしたね。
先日もSHIHOさんが来られたばかりだし…。
Hネタを語りだすと止まらなくなるのが私の悪い癖ですが、これからはハードさを抑えてソフトな感じで書いていこうと思います。
あまりドギツクならないように^^。

…と書いておいて何ですが、「いっちゃダメ!」というタイトルがどうしても気になってしまう私です(笑)。
これはレジに持って行きづらいですねー。どういう曲なのか気になります。
私も普段は「いっちゃダメ!」というスタンスなんですが、疲れていて早く終わってほしい時は「早くイッてよ!」という気持ちになりますね。
必ずしも時間をかければ良いという訳でもないんです…まあ、これ以上書くと本当に下品になってしまうのでこれで終わりにします(笑)。

私はメンズ雑誌を立ち読みするのが大好きで、時々付録目当てで「smart」を買ったりします。
他に「411」「UOMO」「Ollie」を立ち読みする事があるんですが、「BITTER」はまだ読んだ事が無いんですよね。
近所の品揃えの悪い書店には置いてなくて…(涙)。
でもカッコいいメンズを見るのは大好きなので(笑)、今週中にも足を伸ばして他の書店に行って読んでみたいと思います♪








sick36さん
sick36さん、こんにちは。

確かにー!!
あー、大切なの、すっかり忘れてました。ほんと、これも「ナイト イン ニューヨーク」していますよね♪
同年なので、邦楽で一番最初にやったのは「てんてん娘」でしょう!
ナイスフォローありがとうございます^^
No title
原真祐美の「てんてん娘」はアレンジが「ナイト・イン・ニューヨーク」にそっくりです。
ほぼ同時代の曲なので、ちょっと生々しいです。
まろさんへ
まろさん、お返事ありがとうございます。


頂いた返事を、ちょうどTSUTAYAの男性誌のコーナーにいる時、開けて読んでみたのですが、思わず・・・読んででニヤリとしてしまい、声は出ませんでしたが、静まりかえった本のフロアで、そんな自分が、気持ち悪くなりました(笑)
「いけず」というのは、関西弁では、本当は使い方が違うんでしたよね!僕的、造語のようなものですが、まろさんと僕だけが解る、あうんの言葉とでもいいましょうか^^・・・このエピソードを知らない方は、西川峰子さんのページを読んでいただければ、わかると思います。
「クイズ!早くイッてよ」懐かしいな~と同時にウケました!^^
でも、こうゆうエピソードって夫婦仲がいい証拠ですよね。だと、思いました。

ったく!・・・(苦笑)
「年のせいかHな話に弱いんです」だなんて、、、どさくさにまぎれてぇー
体調良さそうで何よりです^^
もう、このブログの持ち味とでも言うか、多分、発信している僕がなんか、かもちだしてるんでしょうねー
そーゆーアレを(笑)
まぁ、でも、ナイト インニューヨークに始まり、ラブホテルでシメる!これも、このブログらしいんじゃ
ないでしょうか~^^ディープ歌謡好きなブログですから、お上品なんて似合わね!でしょね^^

ただ、数ヶ月に1度の割合で、本物のアーティストさんが、訪問される時は、さすがに、こっ恥ずかしい気分ですねー(苦笑)、こんなんも読まれているのかな~?なんて思うと(汗)
アーティストさんやメーカーが読んでないんだったら、もっと色々、カキ綴りますげどね・・・(苦笑)
取り上げているアーティストさんの顔もあるので、まあまぁ、こんな感じです^^。

それから、紹介してくださった曲ですが、下田逸郎さんの「ラブホテル」これ!良さげですねぇ~
是非、聴いてみたいです。やっぱり、上田正樹さんの「キャロラインズホテル」とかじゃ駄目なんですよねぇ・・・。昔で言うところのモーテルのニオイがプンプンしてくるような歌謡曲がいいですね!

その後、僕が思いついたのは、美加マドカの「いっちゃダメ!」畑中葉子「もっと動いて」とか、山本リンダ「じんじんさせて」、竹本孝之「てれてZIN ZIN」じんじんばっかりかい!まぁ、色々ありますよね~「夜のほうもんしゃぁ~」とか・・古~っ(笑)

いつかやりたいです!(笑)

ところで~音楽の話ではないんですが、、、
さっき、TSUTAYAでちょうど読んでた本が、ビターという雑誌だったんです。
表記は「BITTER」と書いてあります。
最近、友人から、こうゆう格好してみれば?・・と勧められているメンズ雑誌なんですがね、なんだか、観てて、まろさんって、こういうメンズをお好きなんじゃないかな~?と思いながら読んでました。
もし、機会があったら、目の保養にもなると思うので、立ち読みでもされてみてください!
男性が女性誌コーナー見てるのは、ちょい、おかしいけど、女性だったら、男性誌コーナー見てても、おかしくないですもんね!(笑)ファッション系のメンズ雑誌です。今だったら、4月号。読むだけだったら、浮気にはならないですよね!^^ぜひ♪
No title
コウさん、またまた失礼します。

峰子さんの「いけず」ウケました^^。
途中で3度も「いけず」になってしまいましたが(意味が違う 笑)、その後は集中して「サザエさん」には目もくれず、無事に終わる事ができました(笑)。
もうアニメやお笑い番組を観ながら○○○はしない!と誓ったにも関わらず、後日「ひらめきパスワード」を観ながらプレイした事があります。
ちょうど真っ最中にクイズの答えを言ってしまいまして…旦那よゴメンね(苦笑)。
クイズ番組なら「クイズ!早くイッてよ」の方が良かったかもしれませんね(初めてこのタイトルを見た時ビックリしたなー 笑)。

「ホテルOSAKA」は大阪好きのコウさんらしい発想ですね^^。
当時はこの演歌っぽいタイトルが好きじゃなくて聴かず嫌いだったんですが、今聴くと哀しい歌詞だし千絵さんの声質のせいかいやらしい感じはしないんですよね。
千絵さんの年齢に合った大人っぽい曲だと思います。

ホテルの曲で思いついたのは島津ゆたかさんの「ホテル」と米米クラブの「ホテルくちびる」ですね。
米米はこれ以外にもHな曲がたーくさんあります(笑)。
下田逸郎さんの「ラブホテル」は昔から気になってるんですが、一度も聴いた事がないんですよね。
個人的に何だかHな曲だなーと思うのは、キョンキョンの「Fade Out」です。
クールな感じが逆にエロイと言うか…あまり大ヒットしなかったけど私的には高評価♪
当時はマジでキョンキョンに憧れてました。

田中美奈子さんの曲は「Be My Baby」しか持ってないんですが、アルバムも興味がありますね。
昔の美奈子さんは、美人でスタイルが良くてHな雰囲気があって私とは真逆のタイプだと思っていましたが、最近バラエティー番組で見かける美奈子さんはすっかりオバチャンキャラになってて親しみが持てます。

それにしても「ナイト イン ニューヨーク」がテーマなのに、Hな事ばかり書いてしまい申し訳ありませんでした。
年のせいかHな話に弱いんです(苦笑)。






まろさんへ
まろさんへ

追伸・・・


ラブホで3度、中断してしまったまろさんには、この曲をおススメします。


西川峰子の「いけず」。
まろさんへ
まろさん、こんばんは。

まろさんも「春休み」が一番好きなんですかー
僕もなんですよ。以前から、取り上げたかった1曲でしたが、このテーマで、やっと引っかかりました^^
ホント、「バイバイ」ってとこが、「こにゃにゃちわぁ~」の麻里ちゃんらしいですね(笑)
「異性」は、もうリリースから、30年近く経過しようかしているにもかかわらず、古臭くならないですよね~。逆に当時より、今の方がサウンドが輝きを放っているくらいに・・・すてき過ぎ。

それから、ラブホーへのアクションもありがとうございます!(笑)
僕は、浴槽の中で、この曲を聴いたのですが、声を聴いて、きっと田中美奈子なんじゃないかなー?って思ったものの、歌詞をメモは出来ないし、当時って今のようにアルバムを、片っ端から、試聴出来る術も無かったんで、この曲を見つけるまでは、相当、時間をついやした思い出があります。タイトルも、原曲タイトルじゃなかったですし・・・。ラブホより、捜索に苦労した思い出の方が強いかな~(笑)
ムードもあるし、素敵な曲です、安価で中古で今ならあると思います。ぜひ、いつか機会あれば聴いてみられてください♪^^

コレ、いいアイディア出してくれましたね~!
ラブホーで合う、歌謡曲のBGMって?どんな曲なんでしょうねぇ~^^
僕だったら、真っ先に思い浮かんだのは「ホテルOSAKA」でした(笑)♪
そーゆーマニアックな特集もやってみたいですね。
ヒントを、ありがとうございます^^
No title
コウさん、こんにちは^^。

「春休み」は麻里ちゃんのシングルの中で一番彼女らしさが出てると思います。
デビュー1年目の路線は名曲揃いですが、何となく麻里ちゃんに合ってない感じがしましたし、2年目の路線は麻里ちゃんらしいけど、だんだんやり過ぎが鼻につくようになってきたので…。
ラストという事であまり売れませんでしたが、私はこの曲が一番好きです。
「さようなら」じゃなくて「バイバイ」って所が麻里ちゃんぽいですよね。

「異性」は私も最初は何て言っているのかわかりませんでした。
特に♪Dearより深く~の所が(笑)。
事務所の先輩のナンノちゃんより垢抜けた感じのデビュー曲で、今聴いても全然古臭くないですね。
これ1曲で終わってしまったのはもったいないけど、あまり欲が無かったんでしょうか。

田中美奈子さんの「秘密の夜にして」は何だかそそられるタイトルですねー。
ラブホでこういう曲を聴くなんていいなあ~。
さぞかしロマンチックな夜を過ごされた事でしょう(むふふふ♪)。

私は日曜の夕方にラブホに行って、テレビの「笑点」をBGMに○○○した事があるんですが、牧伸二さんのネタに吹き出してしまい中断。
気を取り直して再びトライしたんですが、今度はこん平師匠の「チャラーン!」で吹き出しまた中断(苦笑)。
その後「ちびまる子ちゃん」にチャンネルを替えたんですが、アニメの内容が気になるし(コラコラ)、フィニッシュの時に♪ピーヒャラピーヒャラ~が流れるしで全く集中できませんでした。
これに懲りて○○○の時にはアニメとお笑い番組はBGMにしないと誓いました。
でもこういう時に合うBGMってなかなか思いつかないんですよね。
一番合うのは畑中葉子さんかな?(笑)


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。