それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスコ歌謡天国!!70年代アイドルポップス編(上巻)

2015.02.28.Sat.19:41
こんばんは、コウです。今日は土曜日、サタデーナイトなフィーバー日和ですね^^

さて、本日は「ディスコ歌謡天国」をテーマでお届けします。

それも、日本のディスコ歌謡ばかりを特集したいと思います。
日本では、やはり、80年代の後半にブームとなった、アイドルが歌う、ユーロビートのカバーバージョンや、ハイエナジーといった、BPMテンポの速い音楽が大流行しましたが、今回は、そのルーツをひもとくかのように、和ディスコの「素」でもある、70年代の作られた、和な和なディスコ歌謡ミュージック・・・って、どんなのがあったのか?
検証しつつ、ちょっとだけライナーも入れつつ、年代順にみなさんと振り返ってみたいと思います。^^
特に、個人的にも、大好きなジャンルなので、全曲、曲を流したいくらいなんですが、今回は、その中でも、アイドル系を中心に、B級ディスコ歌謡にピックアップ!B級と言っても駄作とか、手抜きだった・・とか、そう言った観点ではなく、「一般的には・・・」というニュアンスでとらえていただけえば幸いです。

最近、耳にしたのは、巷のレコードコレクターの間で、ディスコ系のものをアナログ盤で収集するというのが、流行っているそうで。DJさん、のみならずという事なんでしょうけど。確かにディスコミュージック=回転させながら楽しむ。ってよりリズムに乗れるような感覚で気持ちいいですよね!しかし、そういったきっかけで、レコード熱が再燃されるという事は、とても喜ばしい事です^^。世代としては、そのレコードが売られていた頃をリアルタイムに知るか、知らないか?くらいの世代を中心に人気があるようです。レコードコレクターの平均寿命も、年々、上がりつつあるのが、実態ですが、昭和50年生まれを境に、レコード派、CD派で分かれているようなんですよー。ですから、ここをお読みの方で、昭和50年以降のお生まれの方で、今でもレコードを収集されていらっしゃる方は、レコードコレクターとしては「若手」という事になるんですねー。^^
日本のディスコ歌謡のベースとなっているものは、大きく分けると3つあります。ソウル調のもの、ユーロ調のもの、フィリーソウル調のもの。フィリー系まで入れると、けっこうテンポが遅いものまで入ってしまうので、今回は、ソウル調&ユーロ調のものに絞り込み紹介する事にしました。実際、70年代にユーロビートという名称が無かったので、ユーロディスコというものは、存在しなかったという訳ですが、BPM100~130前後のものを指すというラインで、選曲してみました。その後の進化系についても、色々と書いてみたいのですが、今回は、74年から76年までの作品をまでをご覧下さい。


処女航海
●優雅「処女航海」
74年、筒美京平プロデュースのもと「処女航海」でデビュー。台湾から海を越えやってきた、希望に満ち溢れた出航の時を、ディスコサウンドに乗せ、表現。これぞ、筒美SOUL歌謡の真骨頂。日本での、和ディスコが誕生したのは、73年~74年あたりで、もしも、優雅をアイドル扱いとするならば、日本で一番最初にディスコミュージックを専門に取り上げたのは、彼女が元祖でしょう!やはり、いつの時代も最先端を行くCBSソニー。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
1974年、優雅、浅野ゆう子デビュー

「主なディスコ歌謡タイトルリスト」

・恋のインディアン人形 リンリンランラン
・胸さわぎ 優雅
・熟れた果実 平山三紀
・君は特別 郷ひろみ
・淋しがりやの君 西城秀樹
・裸の青春 夏木マリ
・夏のせいかしら 夏木マリ
・君におくる愛のメロディー あいざき進也
・君が欲しいよ 三浜鉄平
・シンディー思い出ありがとう フィンガー5
・東京ー北京 松岡ひろみ

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


東京北京
●松岡ひろみ「東京ー北京」
74年、松岡ひろみのセカンドシングルでラスト作。昨年、見事CD化に!ご本人から、当ブログにメールもいただきました。ジャケの撮影時、飛行機をわざわざ出庫してもらい撮影にトライ。しかし、撮影に時間がかかってしまったせいで、顔が日焼けしてしまったというエピソードも。日本のアイドルポップスシーンで、初めて「ソウルトレインのテーマ」のリズムに乗せ、アイドル歌謡を開花された功績は、当時としては大きかった。



パピヨン
●岩崎宏美「パピヨン」
76年、おなじみ岩崎宏美「ファンタジー」のB面。A面の浮動感溢れるリズムディスコに対し、こちらは、ビートの効いたグルービーディスコで、攻め度はこちらが上。全編、DJ&ディスコミュージックをコンセプトに制作されたアルバム「ファンタジー」のオープニングを飾る、ディスコアタックナンバー!本作では、ミラクルズの「ラブマシーン」がインスパイアされ、見事に調理されています。作曲はもちろんの、筒美京平。B面の中では、ファン人気曲でもあり、近年のコンサートでも歌披露が実現している。岩崎宏美ディスコ度数としては、ベスト3入り。これから歌謡曲DJデビューする人は、手始めコレから行っときましょうー。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
1975年、岩崎宏美デビュー「ロマンス」「センチメンタル」大ヒット。
全米、ディスコブームのきっかけとなった「ハッスル」リリース。

「主なディスコ歌謡タイトルリスト」

・その気にさせないで キャンディーズ
・バンプ天国 フィンガー5
・GET DOWN BABY 南沙織
・私にさよなら 柴陽子
・理由ある旅 草川祐馬
・町あかりキラキラ 青木美冴
・避暑地のお姐さん 市原まゆみ
・ノックは暗号 リンリンランラン
・愛の行動派 織田あきら
・髭をそらないで スリーナッツ

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

私にさよなら
●柴陽子「私にさよなら」
75年リリース、スター誕生出身アイドル、柴陽子のサードシングルでラスト作。タイトルどおり、アイドル歌手生命を破壊してしまうような、めちゃくちゃな作品でした。完全に捨てちゃってマス・・・。しかし、マニアにとっては、それくらいインパクトの強い方が刺激的でよろしい^^快作ぶりで、演歌のメロディーを、ソウル調のリズムに乗せて歌ってしまうという、とんでもない仕上がり。それも当時のアイドルとしては快挙!異色?!元々、アイドルの水準以上の歌唱力を誇る彼女が、ろうそくの火も、ピタッと止めてしまう程の歌いっぷり。そのバックで、ウェーブが起こってしまうごった煮のグルーヴ感覚と言ったら、いや~谷ちえ子以上のモノを感じます。
はぁー はぁー♪


ムーンライトタクシー
●浅野ゆう子「ムーンライトタクシー」
浅野ゆう子筒美ディスコ三部作、ラスト。76年リリース。個人的には、彼女の曲で一番好きな作品。日本の女性アイドルとしては、最初に和製ディスコクィーンとして呼ばれたアイドルでした。彼女が元祖なんです。とにかく、観て、踊って、歌も楽しめる、浅野ゆう子の世界は、視線釘づけ。全2作の選りどりみどりというか、いいところばかりを復習し、集めたような秀作ぶり。ユーロ系の原形とも言えるスピード感を融合した、フィーバー作。サビの開放感といったら、国境を越えて、どこまでも連れてってくれそう~

夏八景
●麻丘めぐみ「夏八景」
76年リリース、人気低迷を、ここで挽回しようと、起死回生による、麻丘めぐみ初のディスコ歌謡チャレンジ大作戦!。伴奏だけ聴いてると、岩崎宏美の曲みたい(苦笑)。全国ディスコキャンペーンを開催。筒美京平作品。かなりの名作ながら、ヒットならず・・・。


何をためらう若い日に
●草川祐馬「何をためらう若い日に」

75年にレコードデビュー、翌年に発売された4枚目のシングル。浅野ゆう子のデビューが1年後輩で、同じく研音に所属。
研音としては、男性アイドル第1号でした。デビュー当時から、POPミュージックをコンセプトに展開。本作もソウル調がベースとなった歌謡曲に仕上がっており、同名タイトルのセカンドアルバムでは、A面前半は、曲間を繋ぎ、当時としては、画期的小技も披露。ディスコ歌謡ファン向きのアイテムに。また、同アルバムでは、筒美京平作品のカバー「バラ色の雲」も、ソウルフルにカバーしてくれている。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
1976年、浅野ゆう子「セクシーバスストップ」ヒット!
山口百恵「赤い衝撃」、郷ひろみ「恋の弱味」ヒット!

「主なディスコ歌謡タイトルリスト」

・霧のめぐり逢い 岩崎宏美
・リンゴの心 浅野ゆう子
・ドリーム 岩崎宏美
・いい娘に逢ったらドキッ 伊藤咲子
・ハローサンシャイン 北村優子
・ハッスルジェット 浅野ゆう子
・恋のハッスルジェット シェリー
・ムーンライトタクシー 獅子王
・地平線の彼方 岩崎宏美
・20才の微熱 郷ひろみ
・仮面舞踏会 浅野ゆう子
・オーママミア メッツ
・ブルーエンジェル アップルズ
・ハッスルしないで男の子 北村優子
・恋のスタジアム 三木聖子
・青春のしぶき 景山美紀
・渚通りディスコハウス 星ますみ
・夏からのメッセージ 岩崎宏美
・夜光虫 宗田まこと
・危険がいっぱい 林寛子
・蝶 秋本圭子
・握手 大竹しのぶ
・移り気な青春 ジェット
・ゆうわく ローレン中野
・今日はPONPON マッハ文朱
・明日への長距離バス 長谷川ゆき
・ガラスの青春 星正人

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

77~79年タイトルリスト。次回つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

たかとらさん^^
たかとらさん、おはようございます!

これは、大おススメですよ!踊れるし、ダサカッコイイし♪
このブログも、ありとあらゆるトロピカルな単語がコメントされてきましたが「失禁」は初めてよ!?!(笑)
いや~ヤバ歌謡ですよ~コレコレこれは♪
ディスコでハッスル!
おはようございます。
一口にディスコ歌謡と言っても、ヴァン・マッコイ、フィリーサウンド、サタデーナイトフィーバー、などなど時代時代で変わってくるので、こうやって年代ごとに切り取ると、また違った見え方がしてきますね。

そんな中、一番気になったのが、「私にさよなら/柴葉子」
>演歌のメロディーを、ソウル調のリズムに乗せて歌ってしまうという、とんでもない仕上がり。それも当時のアイドルとしては快挙!異色?!元々、アイドルの水準以上の歌唱力を誇る彼女が、ろうそくの火も、ピタッと止めてしまう程の歌いっぷり。そのバックで、ウェーブが起こってしまうごった煮のグルーヴ感覚と言ったら、いや~谷ちえ子以上のモノを感じます。
はぁー はぁー♪

これは、失禁しそうww
聴いてみたい!
まろさん
まろさん、こんばんは。

確かに、あのシリーズの中ではビクターの「SOUL&DISCO」のCD優れていましたね!
それに、僕好みのリマスターの音だったんです。割りとあのCDって録音レベル大きかったでしょ!(笑)
今、再発されても、けっこう売れると思います。
ほんと、買われてて正解でしたね。優雅の曲では「胸さわぎ」が一番、出来がいいと思います。3シングルのうち、一番ソウル色が強いし、ジリジリとした夏との相性も○ですよね。
あと、個人的には、麻丘めぐみは苦手な方なんですが、あれだけ、それまでのイメージとは違う作品になると、イケルもんなんだなーと感心しました。夜ヒットの再放送でこれ放送されています。
「ムーンライトタクシー」お好きでしたか・・・。今聴いても気持ちのイイ曲です!だーいすき。
「GET DOWN BABY」は、これけっこう昔から高評価されていますよね。カッキーです。
林寛子に景山美紀、そうですね~確かに。エッチ系の人が歌っているみたい^^
「私にさよなら」は、出した3枚で一番推薦します。だけど、あんまりめったに無いかな。
「髭をそらないで」は女性3人組で、ディスコ調のサウンドに乗せ、歌詞は、、、

♪キッスをすると、ちょっぴりくすぐったい~あなたの髭と別れるのが、つ~らい・・・あな~た、目覚めさせたまま、捨てて行くなんてー、それはないわよ~お~(涙)
♪髭をそらないでーぇー♪
・・・
という髭フェチ歌謡です。
No title
コウさん、こんばんは^^。

90年代に筒美先生のオムニバス盤が沢山リリースされた時何枚か買ったんですが、購入すべきかどうか最後まで悩んだのが「SOUL&DISCO」でした(このジャンルは疎いので… 苦笑)。
でも思い切って買って良かったです♪
他に買ったCDよりも良く聴きましたから…。

このリストの中で「SOUL&DISCO」に収録されている曲は何曲かありますが、お気に入りの曲は「夏八景」「ムーンライト・タクシー」「胸さわぎ」「GET DOWN BABY」です。
麻丘めぐみさんの後期の曲はあまり記憶に残ってなかったんですが、「夏八景」はバッチリ憶えてました。
タイトルを見てもピンとこなかったのに、曲が始まったとたん当時の記憶がよみがえりましたね。

「ムーンライト・タクシー」はこのCDを買う決め手になった曲です。
当時小学生だった私にとって「♪Hey Heyタクシー」の部分がカッコよく思えたんですよねー。
ディスコ三部作の中で一番好きかも。
「胸さわぎ」は優雅さんの声とバックコーラスが絡む感じがGOODです♪
「GET DOWN BABY」はシングルにしてほしかったなあ…。

「危険がいっぱい」「青春のしぶき」は歌い方が結構色っぽかったですね。
柴葉子さんは「白い羽根」しか知らないので、「私にさよなら」はどんなにスゴイのか興味があります。
あとスリーナッツの「髭をそらないで」というタイトルが気になるー(笑)。

ディスコ歌謡下巻の方も楽しみにしてます!








管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。