それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・リーマン歌謡

2015.02.03.Tue.18:18



★本日の推薦盤




お題・ザ・リーマン歌謡




スーツ姿に身を包み、凛々しくも、どこか涙ぐましい哀愁の音盤・・・
雰囲気から入るほう、それともイメージ戦略か?!
メジャー盤から、地方盤まで、めんどう見ました5作品。
リーマンショックなんて、関係なし!歌の為ならば、男は歌う。
リーマン歌謡マニアに購買欲を注ぐ男のフェロモン歌謡の数々を。
そんな作品たちを振り返ってみました。





IMG_2268.jpg
●北林けんwithマリー「あ・うんのラブソング」

キングレコードの自主盤からのリリース、ヨウコとヒロシのオフィスラブをテーマに歌った、あ・うんの歌謡曲。
午後5時を過ぎたら、秘め事だって(笑)、糸ひくような、ディープな歌詞だが、女性ボーカルマリーの歌声が繊細。
けんさん、めがね似合ってマス。





IMG_2269.jpg
●仲村泰人「酔わせてブギウギ六本木」
ビクターレコードの自主盤からのリリース、昼間は真面目なビジネスマンが、夜になると発情する、アブノーマル願望な歌謡曲。ナンパなナイトミュージックで、演歌ではない。顔がスケベそうな所もポイント高し!。大名曲。





IMG_2270.jpg
●水原純「あじさい慕情」
これ1枚だけなんでしょうか・・・。徳間の自主盤からのリリース、歌唱法もルックスも、局アナ?、もしくは政治家さんタイプ??なので、エサ箱に入ってても、一際、凛々しい1枚!。ご当地系、イケメン演歌代表ってとこでしょう。





IMG_2271.jpg
●四方堂亘「西風の中で」
第2回ミスターCBSソニーで、優勝。観るからに好青年タイプ、福岡県大牟田市出身の、九州男児です。
身長182センチ、体重85キロで、リーマンタイプというより、スポーツマンタイプのナイスガイ。
作曲は堀内孝雄が担当、現在は、Vシネマを中心に活動中。





IMG_2238.jpg
●滝田勝海「アメリカンをもう一杯」
数少ないサウンドワールドからリリースされたCD、これがデビュー曲です。確か、7インチも発売されていたと記憶しています。奇跡的にセカンドシングルのリリースもあり。風貌が見るからに頭脳派という印象で、この時代からパソコン操作なんて、お手のもんってイメージ・・・。曲について書かずにごめんなさい^^。





スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。