それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のディープ歌謡ベストテン!(14.10.10付)

2014.10.10.Fri.00:32
こん@@は、コウです^^
今週も、お付き合いくださいね。

まずは、こちらの写真を・・・
秋の夕暮れ
本日の熊本市の夕暮れ時です。
これ郊外から、撮影したんですが、別に平凡な写真です。

10月に入り、ほんと昼間が短くなってきた事を実感しますよね・・・
僕は、夜型なので、それはそれで、楽しみ方があるのでいいんですが、、、^^
秋の夕暮れ時って、なんだか、切なくなってしまう事って、ありますよねー?
ありますよねーって、、押し付けちゃっていますが、あると思います。(笑)

今日、帰り道に、i-podから平原綾香さんの「ひまわり」という曲が流れてきて、ちょうど、正面にこの風景だったんです。
悲しい歌ではないんですが、なんだか、涙が出そうになってしまって・・・

ちなみに、「ひまわり」は、さだまさしさんの曲のカバーなんです。
歌詞もすごくいいんですよ、等身大を歌った感じで・・・^^

もし、機会があれば、聴いてみてくださいね。
YouTubeにも無かったので、紹介できず、残念・・・^^

そんな、うるうるモードの帰り道だったのですが、もちろん、こんな事、ここだけの話、なんですけどね。^^
でも、悲し涙では、決してないので。


では、今週のランキングです。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
今週のディープ歌謡ベストテン!(14.10.10付)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

1位 風の地球儀/小林彩子
2位 オートバイと風とあなたと/野田幹子
3位 ひまわり/平原綾香
4位 涙の色/内藤やす子
5位 魔法/麻田華子
6位 ヒューストン/キリンジ
7位 秋色のマドモアゼル/森尾由美
8位 銀河鉄道の夜/中原香織
9位 ピンクシャドウ/三田寛子
10位 ピンクの鞄/高橋美枝

11位 Baby talk/スリータイトビー
12位 ふられてフーフー/森下恵理
13位 塊オンザ・ウィングス/大橋卓弥
14位 ほんとのキスをお返しに/藤原理恵
15位 シブヤへ行こう!/Melody
16位 悲しみの向こう側/我妻佳代
17位 どうして?!/佐東由梨
18位 赤い靴/新井薫子
19位 愛・ルネサンス/豊川めい
20位 夏の微笑/荻野目洋子


・・・・と、いう結果になりました。
みなさんにとっては、どんな1週間だったでしょうか・・・


※では、今週の注目曲です!

今週は、4位にランクインした、内藤やす子さん「涙の色」です。
これも音が、割りと新しい目の曲なんですよねー
実際は86年のリリースなんですが、90年代くらいのサウンドに聴こえます♪
この曲のアレンジは、清水信之さん^^
これは、映画の主題歌だったのですが、曲がUpされてなかったので、映画のエンディングで流れているバージョンで聴いてみてくださいね^^
これも、今週、帰り道によく聴いた曲です♪
とても、やさしいメロディーですよ~^^

https://www.youtube.com/watch?v=yvTwH4LAseM



関連記事
スポンサーサイト

コメント

ニシワキ氏さん
> こんばんは!
> ニシワキシ、今日はニシワキ氏です!
> 意味はありません!(笑)
>
こんばんは、ニシワキ氏さん。
で、よろしいですか・・・^^



> 内藤さんは声というか歌唱に説得力があってどんな曲を唄っても曲のストーリーを心にこれでもか!と叩き込まれるので聞き流せないんですよね。
> 有線でよく「弟よ」が流れるんですけど、酔っ払ってるお客様の声に負けないんです。
> こんな歌が唄えるようになりたいもんです。
>
ほんと、そうですよね。独特のボーカルと表現力、これって、内藤やす子というジャンルのような気がします。
酔っ払いの声に負けないくらいって・・・(笑)自己主張スゴイ事ですよね。



> というわけでニシワキ氏の今週の
> ベスト20!
> 1位 幻のユリ 水谷麻里
> 2位 キラリ涙 水谷絵津子
> 3位 水の星座 辛島美登里
> 4位 はぐれそうな天使 岡村孝子
> 5位 私のモナミ 水野きみこ
> 6位 過激な淑女 YMO
> 7位 ね~え? 松浦亜弥
> 8位 渚のはいから人魚 小泉今日子
> 9位 不思議の森のアリス 高岡早紀
> 10位 眠れぬ森の美女 高岡早紀
>
> 11位 気がつけばあなた 松浦亜弥
> 12位 サイレントイブ 辛島美登里
> 13位 セザンヌ美術館 高岡早紀
> 14位 髪を切る8の理由 南波志帆
> 15位 真夏の夜の夢 野口五郎
> 16位 見えない世界 和田アキ子
> 17位 クリスマスなんて大嫌い なんちゃって! クレイジーケンバンド
> 18位 virgin snow ribbon
> 19位 ただ風が吹くから 竹内結子
> 20位 虹になりたい やまがたすみこ
>

はい、今週も20位まで、ご紹介ありがとうございます。
思わず!上位を見た瞬間、ニンマリしてしまいました(笑)


> なんかクリスマスソングが多いような気がするのは気のせいです(笑)
>
いいえ、気のせいではないです!


> 123と水関係なのも、気のせいです(笑)
>
いいえ、気のせいでもないです!!^^


> 最近のツボは高岡早紀さんです。
> 高岡早紀さんの諸楽曲はほんと今聞いても褪せないですね。
> 優雅な気分になったり酔ったり、、ほんと素晴らしい世界観。
>
実は、僕、高岡早紀聴いたんですよー
「不思議の森のアリス」と同じアルバムに入っている、「窓辺にて」って曲をi-podに入れているので、夕暮れ時に、聴きました♪
秋って、高岡早紀さんの曲にドンピシャ!の季節かもしれませんね。


> あと20位の虹になりたいはアニメの「南の虹のルーシー」の主題歌。
> でもアニメの主題歌としてだけ語るにはもったいないほどの名曲。
> よくカラオケで唄います(笑)
> この曲は1982年の曲。
> アニメの主題歌がどんどん商業ポップスに近づいたエポックが翌年の「キャッツアイ」だとしたら、もしかするとアニメを離れて普通にヒットする可能性があったかも、、、
> そのへんのアニメ→商業ポップスについては自分のブログでもいつか語ろうかと(宣伝(笑))

これは、聴いた事ないと思うのですが、ベスト盤は1枚、持っています。
声がとてもキレイな方ですよね。
80年代も中盤に入る頃には、無名の新人歌手でも、アニメ主題歌を歌えば、曲が売れる時代に突入でしたからね。
きっと、それまでは、「マンガの歌」って呼ばれていたものが、「アニメの主題歌」と呼ばれるようになり、格が上がった気がしました。

いいよー、いいですよー、どんどん、ブログの宣伝もやっときましょう!♪^^アニより。



PS,ケンさんの歌も聴いたりするんですねー、ニシワキ氏は。^^
えっちゃんマンさん
えっちゃんマンさん、こんばんはー。

偶然ですよねー
またまた、えっちゃんマンさんとニシワキシさん、今週は水谷麻里ウィークだったんですね~(笑)

ラジオから、突然・・・
そりゃ、驚きますよね!
まさか、時東あみのバージョンじゃあ、無かったんですよね!(笑)

古い曲を、かっこいい!と思わせる時代になってきたんでしょうねー^^
懐かしさもあるつつ、作家さんにスポットを当て、注目したみたり、、、

少し前じゃ、考えられなかったですよね。

台風、またまた、心配な週末となりそうですねー
コース意外の地域も、雨、風酷くなるようなので、注意したいものですね。
こんばんは!
ニシワキシ、今日はニシワキ氏です!
意味はありません!(笑)

内藤さんは声というか歌唱に説得力があってどんな曲を唄っても曲のストーリーを心にこれでもか!と叩き込まれるので聞き流せないんですよね。
有線でよく「弟よ」が流れるんですけど、酔っ払ってるお客様の声に負けないんです。
こんな歌が唄えるようになりたいもんです。

というわけでニシワキ氏の今週の
ベスト20!
1位 幻のユリ 水谷麻里
2位 キラリ涙 水谷絵津子
3位 水の星座 辛島美登里
4位 はぐれそうな天使 岡村孝子
5位 私のモナミ 水野きみこ
6位 過激な淑女 YMO
7位 ね~え? 松浦亜弥
8位 渚のはいから人魚 小泉今日子
9位 不思議の森のアリス 高岡早紀
10位 眠れぬ森の美女 高岡早紀

11位 気がつけばあなた 松浦亜弥
12位 サイレントイブ 辛島美登里
13位 セザンヌ美術館 高岡早紀
14位 髪を切る8の理由 南波志帆
15位 真夏の夜の夢 野口五郎
16位 見えない世界 和田アキ子
17位 クリスマスなんて大嫌い なんちゃって! クレイジーケンバンド
18位 virgin snow ribbon
19位 ただ風が吹くから 竹内結子
20位 虹になりたい やまがたすみこ

なんかクリスマスソングが多いような気がするのは気のせいです(笑)

123と水関係なのも、気のせいです(笑)

最近のツボは高岡早紀さんです。
高岡早紀さんの諸楽曲はほんと今聞いても褪せないですね。
優雅な気分になったり酔ったり、、ほんと素晴らしい世界観。

あと20位の虹になりたいはアニメの「南の虹のルーシー」の主題歌。
でもアニメの主題歌としてだけ語るにはもったいないほどの名曲。
よくカラオケで唄います(笑)
この曲は1982年の曲。
アニメの主題歌がどんどん商業ポップスに近づいたエポックが翌年の「キャッツアイ」だとしたら、もしかするとアニメを離れて普通にヒットする可能性があったかも、、、
そのへんのアニメ→商業ポップスについては自分のブログでもいつか語ろうかと(宣伝(笑))
さて今週は
コウさん、こんばんは。

今週の1曲は、MUSICBIRDの「リメンバーミュージック」18時台をチューニングした途端に流れて来た、この曲にします。

「21世紀まで愛して」 (水谷麻里)

水谷、といってもえっちゃんじゃない方です(ベタですが、一応)。
この曲がラジオからいきなり聴こえて来ると、大抵驚きますよ(笑)。
さて、2週続けて週末の日本にめがけてやって来る台風。どうなっているのでしょうか。12日は地元ラジオ局のイベントが予定されていたのですが、延期になりました。2週間後という事で決着したようで何よりですが、その日は某大学の学園祭に、某お笑い芸人を見に行く事にもなっているので、忙しくなりそうだなぁ(苦笑)。
今週はこんなところです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。