それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋玲子/サンセット・ロード

2014.09.21.Sun.03:14
サンセットロード
・1987年7月作品
・ビクター


こちらも、愛聴盤の1枚です♪

第二の森川美穂!
という呼び声も高く、実は・・・隠れファンも多かった高橋玲子さん。



この曲は、7月1日発売だったのですが、夏から秋へと季節が変わる瞬間、バイパスでドライブなんぞ、しながら聴くと、グッと来ちゃう、AOR歌謡曲でしょう・・・


AORミュージックとしても、イケルと思うのですが、奥慶一氏のアレンジが、特に輝きを放つ作品で、AOR感覚とフュージョンセンスを結合した、アイドルポップスという切り口では、あるようで無かった食感の作品だったと思います。
聴き流し安い曲である、一方で、飽きの来ない曲でもあるという捕らえ方もあり、強みのある作品。
現在のカフェなどで流れたとしても、そう違和感は無いでしょう・・・


このサウンドセンス、僕的には、ラグジュアリーだと思います♪


出したシングル、あえて、たった2枚と書かせていただきます。
正直、アルバムを出してほしかったー
いや、その器を兼ね備えたアーティステックアイドルだったからこそ、残念で仕方ない・・・
また、シングルカセット「サンセット・ロード」では、英語バージョンも収録されていました。


彼女、ジャケットの印象以上に、すごい小柄なんですよね。


1曲目の方がTV的に注目されていましたが、実は2曲目の方が全国津々浦々を細かく、キャンペーンをこなしており、この2曲目に賭ける意気込みも当時は感じられました。


CDとしては商品化されていないものの、奇跡的にビクターの店頭演奏用CDに、ちゃっかり収録。
当時、CD化が実現している。

スポンサーサイト

コメント

ニシワキシさん
ニシワキシさん、こんばんは。

うれし~^^
玲子さんの曲に。


> 高橋さんは同じ「妻たちの課外授業」の主題歌を歌ってたりして森川美穂さんみたいになると思ったんですけど(^_^;)
> その「ラブソングは唄えない」はイントロも印象的で一時期ヘビロテでした。

そうだったんですよね・・・
森川さんの後釜だったので、期待していたんですが、「ラブソングは唄えない」て、曲も、声で100点満点の仕上がりでしたよね!


> このセカンド聴いたことなくて、、、そうかー、、CDにはなってないんだあ、、
> 一時期エサ箱(笑)の「た行」を一生懸命さがした思い出があります。
> 歌もうまかったし、もっとリリース数あってもよかったですよね!
> アルバム1枚くらいは聞きたかったなあ、、

ビクターって割りと、早い段階で、CD化を実現してくれてるのに、この曲商品化(復刻)されていないのは、惜しいような気がします・・・。どちらにしても、再度、気軽に入手出来る形にして、シングル2枚を復刻して欲しいですね。きっと、未聴のユーザーからの評価も高まるハズ・・・。
高橋さんは同じ「妻たちの課外授業」の主題歌を歌ってたりして森川美穂さんみたいになると思ったんですけど(^_^;)
その「ラブソングは唄えない」はイントロも印象的で一時期ヘビロテでした。
このセカンド聴いたことなくて、、、そうかー、、CDにはなってないんだあ、、
一時期エサ箱(笑)の「た行」を一生懸命さがした思い出があります。
歌もうまかったし、もっとリリース数あってもよかったですよね!
アルバム1枚くらいは聞きたかったなあ、、

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。