それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミリンダの私から告白させて!♯5

2014.08.15.Fri.02:19
            「ミリンダの私から告白させて!」
私から
「ミリンダの私から告白させて!」のお時間が今週もやってまえりました~
お盆休み期間中のこのコーナー、帰省中、故郷でお読みの方もいらっしゃるかと思います。

数日前にも、ミリンダ姫ご自身から、紹介がありましたが、本日分よりラスト3回は、どうやら、3部作?構成?となっているようです。「男性不信だった私が・・・」から、どのような話しに転がり込むのか・・・
さて、打ち上げ花火は上がるのでしょうか・・・
はたまた、爆弾発言で、ブログ閉鎖の危機が!?
・・・僕は姫に、このコーナー全て、お任せでやっていただいていますので、姫のみぞ知る・・・と言ったところです(笑)
いったい、今週は、どんな告白が聞けるのでしょうか・・・
姫自身も、意欲満々のようです。コウご期待ください!との事(笑)

このコーナーは、ミリンダ姫が軸となり、「今週のお題」となるコメントが寄せられます。
全員参加のコメントコーナーです。参加自由。^^

では、ミリンダ姫、今週もよろしQ!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title
皆さん、こんにちは。ミリンダです。

今回は前回の続き「私のどこかを通り抜けた男達~後編&番外編」を書きたいと思います。
(ちなみに先週、今週、来週で3部作になる予定です。わかりにくくてごめんなさい)

今回は中学生編ですが、多感な少女期だった私に何らかの影響を与えた男性達を何人か紹介していきたいと思います。

~中学生編~

「学年一のイケメンM君」・・・伊勢谷友介さんをマイルドにしたような感じで入学式当日から目立っていました。一度も同じクラスにならなかったんですが、廊下ですれ違うとドキッとしましたね。でも部室で後輩女子とチューしていたと知りドン引き。外でするならまだしも、部室というのが生々しくて嫌だったんです。

「学年一の文豪N君」・・・以前コメントでも書いた事があるんですが、とにかく話が面白い子でした。ジョークも大人っぽく、N君の隣の席になるのが楽しみでした。すごく文才があって、硬軟織り交ぜた内容の作文は読んでいて面白かったです。モテ男君も文才があったので、どうも私はこういうタイプに弱いようです(もちろんコウさんも♪)。

「ふわふわ頭のE君」・・・家が近いので小学生の頃からよく一緒に遊んでました。E君の髪はすごくふわふわで量が多く、さわると気持ちいいので私は毎日挨拶がわりにさわってました(笑)。小・中・高通じて一番良く喋ったし気も合ったんですが、私の友達の母親の悪口を言う時があり、そういう所が嫌で恋愛感情は持ちませんでした。

「2才年上のT先輩」・・・氷室京介さんに似たヤンキーで、私の兄と同じクラスでした。ある時期から私に対して「おーい○○、元気かー」と兄の名前で話しかけてくるようになりました。そして、「俺、今日こんな事あってん。○○と△△がな…」と何故か私に延々と自分語りをするんです。私は話の内容がさっぱりわからず「はぁ」とか「ふーん」と相槌を打つのが精一杯でした。その後もT先輩は、学校で会った時や地元の祭りで会った時も私に自分語りをしにきたんです。友達は「何でT先輩は○○ちゃんにだけ話しかけるん?」と不思議がっていましたが、当の本人が一番不思議でした。全然ヤンキータイプじゃないのに…。

「1才年上のF先輩」・・・チェッカーズのクロベエみたいな髪型で、これまたヤンキーでした。ある日私が一人でトイレに行こうとした時、F先輩とその友達が2年の教室の前に座り込んで喋っていたので、「わー嫌だな、さっさと通り抜けよう」と早足で歩きました。するとF先輩の友達が私を指差し「あの子、○○先輩の妹やで」と言ったんです。私は内心「余計な事言いやがって!」と思い、早足で通ろうとしたその時、F先輩が「なかなか可愛いやん」と言ったんです。あまりにも予想外の言葉だったので頭が真っ白になり、どうやってトイレにたどり着いたのか覚えていません。でも男性から可愛いと言われたのは初めてだったので嬉しかったです。F先輩は21才の時、ドライブ中に車ごと海へ転落して亡くなりました。

~番外編~

「OH!マイ・ブラザー」・・・私には2才上の兄がいるんですが、兄も私もキレやすい性格の為、兄妹ゲンカは壮絶でした。兄が4の字固めやアイアンクローを私にやるので、私は目覚まし時計や図鑑など固い物を投げて応戦していました(笑)。そんな兄も2児の父となり、すっかり丸くなりました。4年前に奥さんを亡くしましたが、子供達にケーキを作ってあげたりして良きパパぶりを発揮しています。兄は高校生の頃からバンドをやっていて、今も現役のバンドマンです。ライブハウスやイベントで演奏した時のビデオを私達に見せて一人悦に入ってます(笑)。

他にも色々紹介したい男性がいたんですが、スペースの都合上今回は6人だけにしました。

私は中学生の頃は制服のスカートは長めだったんですが、メガネをかけた堅物タイプでした。
だから何故T先輩が私に自分語りをするのかさっぱりわからなかったんです。
でも色々話してくれたと言う事は、少しは私に好意を持ってくれていたのかなと勝手に解釈しています。

私は昔からブサイクな顔がコンプレックスなんですが、F先輩が「なかなか可愛いやん」と言ってくれたのは本当に驚きました。

F先輩にしてみればただのお世辞だったのかも知れませんが、この一言は私の男性に対する不信感を少し和らげてくれたんです。
ほんの少し自信がついたと言うか…。
でも今まで「可愛い」と言ってくれたのはF先輩と旦那だけなんですが(苦笑)。

次回の3部作最終章は、いよいよ私の旦那が登場します。
出会いから結婚に至るまでを赤裸々に綴りたいと思います。
長くなりましたが、最後まで読んで下さってありがとうございました。



管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。