それいけ!ディープ歌謡曲

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイントフォー/ハイッ!先生

2014.08.03.Sun.01:06
ハイッ先生
・1985年7月作品
・リバスター音産


彼女たちが所属していたレコード会社は、タレント臭というよりも、お金の臭いがするレコード会社だった・・・
という印象。(苦笑)
下積みに2年をかけ、レコードリリース期間は実質、1年に終わるという、なんとも気の毒な上に、会社に振り回されてしたった感が強かった・・・

さて、セイントフォー、こちらは3枚目のシングルで、夏休みに入る初日の7月21日発売でした^^

僕にとって、リアルタイムで、親衛隊として応援をしていた1人として、彼女たちの姿は、アイドルグループというより、僕の中では、ロックでした!
僕は、ブログ上でも再三、言ってるん事なんですが、グループアイドルが苦手なんです(笑)

だからと言って、決して嫌いと言う訳でもないのですー。

当時は石野陽子の親衛隊を僕はやっていた訳なのですが、セイントフォーの隊とは同じ組合だったんですね。
それで、セイントフォーの隊を始め、同期では、浅香唯、森川美穂、森田まゆみ、岡本舞子、若林加奈という、新人賞当落線上ギリギリを競い合う、新人歌手を各隊員が合同になって、その中に誰かがキャンペーンに入れば、力を合わせて応援に行くという、結束力と言うんでしょうか、そう言うものが生まれ、最後の賞レースの日まで、釘付けで、みっちり応援していました。

もちろん、生のセイントフォーにも会っている訳なんですが、正直あまり、興味が無かったので、間横と通り過ぎる程度でした・・・

セイントフォーのコールって面白いんですよー
単純だけど・・・(笑)
賞レースなどで、イントロが短い場合とかってあるじゃないですか~
通常だと、のりこ、ゆきえ、さおり、ゆみこ・・・って1人ずつをコールするんですが・・・
時間が無いと

統制で・・・セ~~~~~ノォー!!
と言って、、

♪セイントフォ~~~~~~~~ぉ~~

・・・・って叫ぶんです(笑)

グループ名まるごと、コールするってユニークですよね!(笑)

1曲目と2曲目のシングルは、僕の中では、曲もパフォーマンスもまるでロックでした。
で、3曲目は・・・・・・

一気にクールダウン↓、例えるなら、炭酸の抜けたセイントフォー!・・・・・・・・・・・

なんですが、実は、僕、シングルでは、これが一番ツボなんです!!

作詞作曲が古田嘉昭氏が手がけていて、まるで、シュガーの世界♪(ウェディング・ベルのね!^^)
アレンジがジャズテイストで、ゴージャスでラグジュアリーな要素た~っぷり。

また、彼女たちの歌衣装も、田舎から上京してきた女の子たちが、原宿で夏休みを満喫します・・・
みたいな、普段着感ビンビンで庶民的・・・^^

実際、2曲続けて、あんなにハードだったんだから、夏休みを歌ででも、あげたい気分だったよね!(笑)
そんな意味でも、彼女たちを安心して見聴き出来た作品でした。^^


昨年、「あまちゃん」効果で、知らない世代にはプチ話題に・・・
復活、コンサートも実現しましたよね~^^
今年5月発行の「昭和40年男」(クレタパブリッシング出版)では、メンバー岩間沙織がインタビューに登場、昨日紹介した、「語れ!80年代アイドル」(ベストムックシリーズ)では、浜田範子がインタビューに登場している。気になる方は誌面を要チェック!



そんな、応援していたけど、あまり興味が無かったという、僕なんですけど、写真くらいは・・・(笑)
イベント終了後の、見送り風景です^^
ハイッ先生


みんなで叫ぼうー!セイントフォ~~~~~~~~~~~~~~~~~ぉ~~~!
親衛隊コール用紙より
ハイッA
ハイッB
ハイッC
ハイッD
スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし
> こんばんは!未だBerryz工房の活動休止でどんよりしてるニシワキシです(˘ω˘)
>
こんばんは、ニシワキシさん。
ヤフーニュースで、知りました!
活動期間は永かったBerryz工房でしたが、これからという所だったので、非常に残念ですね。
その、どんよりしている気持ちわかります。紅白出れたらいいですね~^^


> ハイっ!先生はジャズっぽくていい曲なのに、それまでの2曲からのギャップが一種のギャグになっている、ちょっと可哀想な曲ですよね。
>
そうですね、そう言う感想もありですね!(爆)


> 考えたらおニャン子クラブの「およしになってねteacher」を先取りしてるんですよね。
> セイントフォーのおニャン子化、少女隊化も目論見としてあったのかも。
> スターボーのキャンディーズ化のように(笑)

確かに、少女隊などは特に意識していた部分もあったと思います。
ほんと、おニャン子、先生ものの先取りだー・・・


> この曲が思った程売れずにメチェンしすぎたー!/(-_-)\と急ピッチで「ハートジャックWar」でいままでの路線とまた違う大人っぽい曲になったけど、時すでに遅し、、、

僕は当時、リバスターからだったら、どんなアイドルが出て来たって育てるのが無理だ!と思っていたので、さほど期待はして無かったんですが、こんなに早くダメにするとは思って無かったですねー。



> あれだけアクロバティックなことが出来て、「太陽を抱きしめろ」路線と「ハイっ!先生」路線の声の使い分けも出来て、全員可愛い、というハイレベルなグループなのに、ほんと勿体無い!
> 時代的にアツいのはかっこ悪い、って時代だったんでしょうね。
> いくら軽い時代とはいえ、路線変更がこのあたりで止まっててよかったのかも。
> ソフトクリームまで路線行ったら、ほんとおまえらなんなんだと(笑)

いっそ、素直にポニーキャニオンからデビューしていたら、もっとレコードは出せたと思います。
声の使い分けの色合いが違って楽しめましたよね。
こんばんは!未だBerryz工房の活動休止でどんよりしてるニシワキシです(˘ω˘)

ハイっ!先生はジャズっぽくていい曲なのに、それまでの2曲からのギャップが一種のギャグになっている、ちょっと可哀想な曲ですよね。

考えたらおニャン子クラブの「およしになってねteacher」を先取りしてるんですよね。
セイントフォーのおニャン子化、少女隊化も目論見としてあったのかも。
スターボーのキャンディーズ化のように(笑)
この曲が思った程売れずにメチェンしすぎたー!/(-_-)\と急ピッチで「ハートジャックWar」でいままでの路線とまた違う大人っぽい曲になったけど、時すでに遅し、、、
あれだけアクロバティックなことが出来て、「太陽を抱きしめろ」路線と「ハイっ!先生」路線の声の使い分けも出来て、全員可愛い、というハイレベルなグループなのに、ほんと勿体無い!
時代的にアツいのはかっこ悪い、って時代だったんでしょうね。
いくら軽い時代とはいえ、路線変更がこのあたりで止まっててよかったのかも。
ソフトクリームまで路線行ったら、ほんとおまえらなんなんだと(笑)


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。